馬騰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

馬 騰(ば とう、? - 建安17年(212年[1])は、中国後漢末期の武将。寿成涼州扶風郡茂陵県(陝西省興平県の北東)の人。祖先は後漢初期の名将馬援。父は馬平(字は子碩)。子は馬超馬休馬鉄。甥は馬岱

略歴[編集]

父は天水郡蘭干県の丞(副長官)を務めていたが、何らかのことで官位を失い、そのまま隴西甘粛省南部)に留まってその地のと共に暮らし、羌の娘を娶って馬騰を産んだ。

馬騰は幼い頃貧しかったので、山に入っては木を切って売ることで生活を立てていた。成人した馬騰は身長6尺を越え、容貌も雄異であったが、その性格は温厚かつ賢明であり、多くの人がこれを尊敬した。

中平元年(184年)、涼州刺史の耿鄙が佞吏を信用したので、や羌が反乱を起こした。さらに、北宮伯玉・李文侯・王国・韓遂辺章といった者たちもこれに続いて反乱を起こした。

耿鄙がこれらを鎮圧するため、郡内から勇敢な者を募集した時、馬騰はこれに応募した。馬騰を見た役人たちは、彼が只者ではないと見て軍従事に抜擢し、部隊を率いさせた。期待通りに馬騰は功績を挙げ、軍司馬(将軍の属官)に任じられた。

その後、耿鄙が賊軍に殺されたので、馬騰は韓遂らと手を結び賊軍側に入り戦ったが、皇甫嵩の軍勢に打ち破られた。

後に董卓長安遷都後に出仕し、軍功を挙げて偏将軍となり、更に征西将軍となった。董卓が呂布によって殺され、長安で郭汜が政権を握ると、馬騰と韓遂は李達に対して恭順の意を見せ、それぞれ征東将軍と鎮西将軍に任じられた。その後、李と些細なことで不仲になり、益州劉焉らと共に長安を攻撃したが失敗に終わった。軍が壊滅して逃走したものの、引き続き将軍位を授けられている。

涼州に戻った馬騰と韓遂は義兄弟の契りを結んだが、その後は互いに攻撃し合うようになり、ついに韓遂が馬騰の妻子を殺した。この争いは曹操の仲介の元に和睦したが、以後の両名は曹操軍の鍾繇張既の影響下に置かれるようになった。

袁紹と曹操が対立するようになると、鍾繇は張既を使者として馬騰のもとに派遣し、袁紹軍の郭援を討伐するよう説得した。馬騰は傅幹の勧めもあり、馬超・龐徳を派遣し撃破させた。

建安13年(208年)、馬騰は曹操の命令により、軍の指揮権を放棄して朝廷に出仕し、衛尉となった。その後、馬騰の軍が馬超によって引き継がれたが、馬超と韓遂は共に曹操と敵対(潼関の戦い)することを選び、大敗した。このため、馬騰とその一族は曹操によって殺されてしまった。馬家は衰退し、最終的には馬超と甥などの僅かな者を残すのみとなった。

『三国志演義』での馬騰[編集]

小説『三国志演義』では、朝廷への忠誠に燃える正義漢として描かれている。劉備董承らの曹操暗殺計画に参加するが、失敗に終わったため涼州に帰る。その後、許昌に呼び出された際は黄奎と共に再び曹操暗殺を謀っている。しかし、黄奎が妾に詳細を話したことがきっかけで計画が漏れ、子の馬休・馬鉄と共に一族皆殺しとなってしまう。その後、唯一脱出した馬岱から父の死を聞いた馬超は、曹操に対して反旗を翻すことになっている。

出典[編集]

  1. ^ 後漢書』巻9 孝献帝紀