馬騰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
馬騰
後漢
衞尉
出生
隴西群
死去 建安17年(212年)
鄴城
ピン音 Ma Teng
寿成
主君 霊帝→王國→曹操

馬 騰(ば とう、? - 建安17年(212年[1])は、中国後漢末期の武将。寿成涼州扶風郡茂陵県(陝西省興平県の北東)の人。祖先は後漢初期の名将馬援。父は馬平(字は子碩)。子は馬超馬休馬鉄。甥は馬岱

略歴[編集]

父は天水郡蘭干県の丞(副長官)を務めていたが、何らかのことで官位を失い、隴西甘粛省南部)に留まった。馬平は家が貧しかったものの妻がなかったため、遂にの娘を娶り馬騰が生まれた。

家業を営んでいなかったため、幼い馬騰は彰山で材木を切って背負い城市で売ることで生計を立てていた。成人した馬騰は、身長6尺を越え容貌も雄異であり、その性格は温厚かつ賢明であったので多くの人が尊敬したという。

中平元年(184年)、涼州刺史の耿鄙が佞吏を信用したためや羌が反乱を起こした。さらに、北宮伯玉・李文侯・王国・韓遂辺章といった者たちもこれに続いて反乱を起こしたため、耿鄙はこれらを鎮圧しようと郡内で勇敢な者を募集した。この時、馬騰もこれに応じた。

馬騰を見た役人たちは彼が只者ではないと見て軍従事に抜擢し、部隊を率いさせた。馬騰は期待通りに功績を挙げ、軍司馬(将軍の属官)に任じられた。

その後、耿鄙が部下の裏切りによって殺されたので、馬騰は韓遂らと手を結び賊軍側に入り戦ったが皇甫嵩の軍勢に撃ち破られた。

後に董卓長安遷都後に出仕し、反乱異民族を退けるなど軍功を挙げて偏将軍となった。董卓亡き後、長安で郭汜が政権を握ると、馬騰と韓遂は李達に対して恭順の意を見せたため、それぞれ征東将軍と鎮西将軍に任じられた。

その後、李らと私心を通じようとしたが聞き入れられなかったため対立し、益州劉焉と手を結び、[2]馬宇・劉範・杜稟らの協力を得て襲撃を計画した。韓遂は軍勢を率いて両者を和解させようとしたが、結局再び馬騰に合流することとなった。一方、李は郭樊稠李利を出撃させ、長平観で馬騰らと戦わせた。しかし事ここに至り、馬騰らの襲撃計画が洩れてしまったため劉範が槐里に逃亡。また、長平の王承らも馬騰に危害を加えられることを恐れ、馬騰が出撃し防備のなくなったところを攻撃した。馬騰は軍が壊滅して潰走したものの、引き続き将軍位を授けられている。

その後、涼州に戻った馬騰と韓遂は、義兄弟の契りを結び仲睦まじくしていたが、互いに攻撃し合うようになった。韓遂は馬騰に攻撃され敗走したが、再び軍勢を集めて反撃し、馬騰の妻子[3]を殺した。このため和睦は困難なものとなり、戦が絶えなかったという。

その後、曹操の仲介の元にこの争いをやめたが、以後両者が手を結ぶ事はなかった。二人は曹操軍の鍾繇張既の影響下に置かれるようになった。

争いをやめた馬騰は召し返されて槐里に駐屯し、そこで前将軍・仮節・槐里侯[4]となった。胡族や族徒の侵入に備え、士人を厚遇して賢者を推挙し、民衆を労わった。このため三輔が安定し、人々は非常に彼を敬愛したという。

袁紹と曹操が対立するようになると、鍾繇は張既を使者として馬騰の下に派遣し、袁紹軍の郭援を討伐するよう説得した。はじめ馬騰は袁尚の誘いに応じていたが、傅幹の勧めもあったため、鐘繇の下に馬超・龐徳を派遣し合流させ、郭援を撃破させた。その後も馬騰は曹操の援軍要請に応え、龐徳を従え張白騎・張琰・衛固らの討伐に参加している。

建安13年(208年)、曹操は荊州遠征の際、馬騰らが関中に割拠していることを危惧し、張既を派遣して部曲を解散した上で帰還するよう説得した。馬騰は承諾したもののすぐに入朝しなかったという。このため張既は馬騰の心変わりを恐れ、諸県に命令書を送って食糧を用意し、太守に郊外まで出迎えさせた。馬騰はやむを得ず出立し、朝廷に召されて衛尉となった。 また、子の馬休は奉車都尉に、馬鉄も騎都尉に任じられた。馬騰は一族を引き連れに移住した。

その後、解体された馬騰の軍が馬超によって引き継がれたが、馬超と韓遂は共に曹操と敵対(潼関の戦い)することを選び、大敗した。このため、馬騰は三族皆殺しに処された。馬家は衰退し、最終的には馬超と甥などの僅かな者を残すのみとなった。

『三国志演義』での馬騰[編集]

小説『三国志演義』では、朝廷への忠誠に燃える正義漢として描かれている。劉備董承らの曹操暗殺計画に参加するが、失敗に終わったため涼州に帰る。その後、許昌に呼び出された際は黄奎と共に再び曹操暗殺を謀っている。しかし、黄奎が妾に詳細を話したことがきっかけで計画が漏れ、子の馬休・馬鉄と共に一族皆殺しとなってしまう。その後、唯一脱出した馬岱から父の死を聞いた馬超は、曹操に対して反旗を翻すことになっている。

脚注[編集]

  1. ^ 後漢書』巻9 孝献帝紀
  2. ^ 三国志『益州耆旧伝』より。韓遂・馬騰は関中で争乱を起こした時、幾度も劉焉と連絡を取り合っていたという。
  3. ^ 三国志「馬超伝」より。この事から馬超の母親や実兄弟ではない。
  4. ^ 馬騰の官職および駐屯地の推移は、生涯を通じて明瞭でない。

参考文献[編集]

  • 『三国志』
  • 『後漢書』
  • 『三国志演義』