馬休

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬 休(ば きゅう、? - 212年)は、中国後漢末期の武将。父は馬騰。兄は馬超。弟は馬鉄

略歴[編集]

父が一族を引き連れてに移住したとき、奉車都尉に任じられた。 兄と韓遂曹操と敵対(潼関の戦い)したときに、曹操に父と共に殺された。

『三国志演義』での馬休[編集]

小説『三国志演義』では、曹操に誘き出された馬騰に従って許都へと向かうが、馬騰と黄奎の曹操誅滅密議がばれ、曹操軍に囲まれてしまう。重傷を負い捕えられた上で、父子共に処刑されている。