コンテンツにスキップ

馬超

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
馬超
蜀漢
驃騎将軍涼州・斄郷侯
出生 熹平5年(176年
扶風郡茂陵県[注釈 1]
死去 章武2年(222年
拼音 Mǎ Chāo
孟起
諡号 威侯
主君 馬騰 → 独立勢力 → 張魯劉備
氏族 扶風馬氏
テンプレートを表示

馬 超(ば ちょう、熹平5年〈176年〉 - 章武2年〈222年〉)は、中国後漢末期から三国時代にかけての蜀漢の将軍。字は孟起(もうき)。は威侯。司隷扶風郡茂陵県の人[注釈 1]

後漢の名将馬援の子孫[3]関中における独立軍閥の長の座を父から引き継ぎ、曹操に服属していたが、後に韓遂と共に反乱を起こした。敗北後、涼州において捲土重来を果たすも、地元の士大夫らに離反されて根拠地を失った。流浪の末に益州劉備の下に身を寄せ、厚遇を受けた。族の血を引き[3]、非漢族からの信望が厚かった。

祖父は馬平中国語版[4][注釈 2]。父は馬騰。弟は馬休馬鉄。従弟は馬岱。妻は楊氏[5]・董氏(妾)。子は馬秋・馬承。娘は劉理の妻。

生涯

[編集]

若き日

[編集]

興平元年(194年)における李傕との争いに敗れた後[6]、涼州に帰還した馬騰は義兄弟として韓遂と友好関係にあったが、やがて建安初期には衝突するようになっていた。当時、馬超は勇将として知られていた[注釈 3]。若い頃に勇名を得ていた韓遂麾下の閻行が馬超を矛で刺そうとしたところ、矛が折れた。馬超はその折れた矛で首筋を殴られ、あやうく命を落としかけた[8]。その後、関中鎮定の任務を帯びた司隷校尉鍾繇と涼州の韋端が仲裁役となり、利害を説いて説得したため、馬騰と韓遂は和解した[3][9][注釈 4]

建安7年(202年)、鍾繇の要請を受けた馬騰は、曹操への援軍として1万余りの兵と共に馬超を派遣し、平陽郭援高幹を討伐させた[注釈 5]。馬超は司隷校尉の督軍従事に任命され、龐徳らと共に郭援と戦った[注釈 6]。この時馬超は足に矢を受けたが、負傷した足を袋に包んでなおも戦い続け、敵軍を大破した[注釈 7]。その功績から、詔勅によって徐州刺史に、後に諫議大夫に任命された[3][注釈 8]

建安13年(208年)、丞相となった曹操は馬超を召したが、馬超は応じなかった[3][注釈 9]。韓遂と再び不仲となった馬騰が老いを理由に入朝し衛尉となると[注釈 10]、馬超は偏将軍・都亭侯に任命され、父の軍勢を引き継いだ[15]。弟の馬休・馬鉄にも官職が与えられ、馬騰の一族郎党がに移住する傍ら[注釈 11]、馬超のみが領地に留まった[3]

潼関の戦い

[編集]

建安16年(211年)3月、曹操は鍾繇・夏侯淵らに命じて漢中張魯を討伐しようとした。3000の兵で関中に入ることを求めた鍾繇は、表向きは張魯討伐を掲げていたものの、実際には馬超らを脅迫して人質をとるつもりだった[19]高柔は「みだりに兵を動かせば、韓遂・馬超に疑念を抱かせ、扇動し背かせることになります。先に三輔を安定させた後で漢中に檄し、平定すべきです」と、曹操の行動を諫めた[20]。曹操が荀彧を介して衛覬に意見を聞くと、衛覬は「兵を関中に入れて張魯を討とうとなると、張魯は深山にいて交通が悪いため、西方の諸将らは必ず疑うでしょう」と答え、出兵に反対した。曹操はこれをよしとしたが、最終的には鍾繇の策に従った[19]

馬超をはじめとする関中の諸将らはこの動きを見て、自分たちが攻められるのではないかと疑心暗鬼になった[注釈 12]。『魏略』によると、この時、韓遂は張猛の反乱を鎮圧するため遠征していたが、馬超は遠征から戻った韓遂を都督に立て、「以前、鍾司隷(鍾繇)は私に将軍(韓遂)を捕まえるよう命じました。関東の人間はもはや信用できません。私は父を棄て、将軍を父とします。将軍も子を棄て、私を子とされよ」と語った。閻行は参加を諫めたものの、韓遂は「(関中)諸将は諮らずとも意を同じくしている。これは天命であろう」と答え、謀反に同調した[8]

馬超・韓遂・楊秋李堪成宜らに加え、侯選程銀張横梁興馬玩らあわせて10の軍閥が挙兵すると[3]弘農[注釈 13]馮翊の郡県にまで呼応する者が相次いだ[注釈 14]。反乱に従わなかった藍田の劉雄鳴は馬超に撃破され、曹操のもとへ逃亡した[8][注釈 15]。また馬超は京兆の学者である賈洪を脅し、露布(布告文)を起草させた[27]。この反乱に応じて、数万家にも及ぶ関西の住民が子午谷を経て漢中に逃れた[28][注釈 16]

馬超が10万の軍勢の指揮を執り黄河南岸の潼水の地に布陣すると、曹操は曹仁潼関を防がせた(潼関の戦い)。

同年7月、曹操が到着して黄河の南岸に布陣し、北岸の馬超らの軍と対峙した。曹操は徐晃朱霊らに黄河を渡らせ、陣地を構築し梁興を破った[30]。続いて曹操も潼関から北に黄河を渡ろうと試み、先に兵を渡河させ、自身は許褚が指揮を執る虎士100人余りと共に殿軍となったが、馬超はそこへ船で急襲した[31]。歩騎1万余りの馬超軍による猛攻は、曹操自身も九死に一生を得るほどだった[32][注釈 17]。しかし丁斐が牛や馬を解き放って馬超らの軍を混乱させたため、曹操は渡河することができた[31]。その後も曹操軍の進軍を許した涼州諸将らは、まず渭口へ退却した後、渭南に駐屯した際に黄河西岸の割譲および講和を要求したが、拒絶された。

『山陽公載記』によると、曹操の渡河作戦について、馬超は「渭水の北岸にて敵軍を渡らせずにおけば、20日と経たずに河東の兵糧は尽き、敵は必ずや撤退することでしょう」と主張していたが、韓遂の賛同を得ることができなかった。この話を聞いた曹操は馬超の存在をいっそう警戒し、「馬(ば)の小僧が死ななければ、わしには葬られる土地すら無い」と語ったという[34]

同年9月、曹操は渭南に到達した[注釈 18]。そして賈詡の進言に従い、土地の割譲と人質の引き渡しの要求に偽って応じ、会談の場を設けた上、そこで賈詡の離間の策を用いた[31][35]。単馬会語の際、馬超は己の武勇を恃みに曹操を捕らえようとしたが、護衛の許褚がいたため実行できなかった[注釈 19]。曹操は両軍間の交流を利用して、韓遂が内通しているように見せかけたため、馬超らは韓遂に疑念を持った[注釈 20]。統帥の乱れた関中軍はその後の会戦で大敗を喫し、馬超は安定に至ったのち涼州へと逃れた[3][注釈 21]

曹操は安定まで追撃したものの、蘇伯と田銀が河間で反乱を起こし幽州冀州を扇動していたため[41]、引き揚げようとした。涼州参軍楊阜は馬超の武勇と異民族への影響力について警戒を促し、「厳重に備えておかねば、隴上の諸郡は国家のものでなくなります」と進言した。曹操はもっともだと考えたが、結果として帰還の途に就いた。潼関の戦いにおける曹操軍の戦死者は5桁にのぼった[19][注釈 22]

再起と敗北を重ねて

[編集]
姜叙の母を殺す馬超(歌川国芳画)

建安17年(212年[注釈 23]1月、馬超が諸戎(西方の異民族ら)の渠帥を率いて隴上で蜂起すると、漢陽郡郡治である冀県[44]を除く全ての郡県が馬超に呼応した[注釈 24]。冀城を治める涼州刺史の韋康[注釈 25]は、馬超軍の包囲下に置かれながら8月まで抵抗を続けていたが、助けは来なかった[47]

5月、馬超の反乱に連座する形で、父の馬騰を含めた三族が誅殺された[48][注釈 26]

涼州別駕の閻温は、包囲網を掻い潜って夏侯淵に援軍を要請したものの、その足取りを発見した馬超軍に追われ、捕縛された。引き出された閻温に対し、馬超はその縛めを解いて、「今や勝敗は歴然としている。足下(あなた)は孤城のために援軍を求めながら、かえって囚われの身となった。いかに義を成すというのか? もし私の言に従うならば、城に戻り、東から救援は来ないと伝えるように。これぞ禍い転じて福と為すというもの。さもなくば、ただちに殺す」と言った。偽って要求を受け入れた閻温は、車に乗せられて帰城すると、「大軍が3日のうちに来る。頑張れ!」と叫んだ[注釈 27]。その後、懐柔に失敗した馬超は閻温を殺した[45][注釈 28]

閻温の死をきっかけに、韋康は太守ともども降伏の意思を抱くようになった。楊阜は徹底抗戦を訴えたものの、韋康はついに講和を求めて開城した。馬超は入城すると、援軍に来ていた張魯の大将である楊昂に韋康と太守を殺させた[47][注釈 29]。そして冀城を占拠し、征西将軍・并州牧・督涼州軍事を自称した[15]。また遅れて救援にやってきた夏侯淵[注釈 30]を迎撃して優勢に立つだけでなく、汧県族を呼応させて敗走させたほか[26]百頃氐の千万・興国氐の阿貴らを味方につけ、勢力を盛り返した[57][注釈 31]

復讐の機を窺っていた楊阜は、歴城(漢陽郡西県[59])を訪れた折、撫夷将軍であり軍権を擁する姜叙の無反応ぶりを趙盾に比して責め、反乱を仄めかした[注釈 32]。楊阜の悲憤を見た姜叙の母は、楊阜の計画に加わるよう息子をけしかけた[5][47]。この計画には韋康の旧臣である趙昂もまた加わったが、息子の趙月が馬超の人質であることを案じると、妻の王異は「忠義こそが立身の大本です。君父の恥を雪ぐにあたっては、命を差し出すのも瑣末なこと。ましてや子ども1人のことなど気にかけるものではありません」と叱咤したという[5]

9月[注釈 33]、楊阜・姜叙が鹵城[62]において反旗を翻した。楊阜らと結んでいた趙衢・梁寛らは、馬超を欺いて鎮圧に向かわせた後、冀城を占拠して門を閉じ、馬超の妻子をことごとく殺して晒し首にした[注釈 34]。馬超は初め鹵城を攻めたが、歴城に目標を変えた。そこで捕らえた姜叙の母に「お前は父に背いた逆子(ぎゃくし。不孝者)、主君を殺した桀賊(凶暴な賊)であり[注釈 35]、天地がどうしてお前を久しく容れられようか。それでいて早く死なずにいるとは、よくも人に顔向けできるものだ!」と罵倒され、激怒した馬超は姜叙の母と子を斬った[5][47][注釈 36]。馬超と楊阜との戦いでは、楊阜の兄弟7人が戦死し、楊阜自身も重傷を負ったものの、馬超はついに漢中の張魯を頼って落ち延びていった。

その後、馬超は張魯に何度も兵を借りて失地回復を試みたが、不首尾に終わった。趙昂らが立て籠もる祁山を馬超が包囲した際、姜叙らから救援依頼を受けた夏侯淵は、曹操の指令を待っていれば彼らは負けるだろうと判断し、進軍した。包囲から30日が経過して援軍が到着すると、馬超はその先行部隊を率いる張郃を羌氐数千人と共に迎え撃ったものの、結局交戦しないうちに退却した。またこの時に人質の趙月を殺した[5][26]

張魯は馬超を都講祭酒[注釈 37]に任じるだけでなく、さらには自分の娘を嫁がせようとしたが、ある臣下に「自らの親を愛せない者が、どうして他人を愛せましょうか」と諫められ、とりやめた[注釈 38]。また漢中には、潼関の戦いにおける馬超の敗北を機に、馬超の妾の弟である董种が三輔から移住していた。元日に董种が馬超を訪ねてお祝いを述べると、馬超は胸を叩いて吐血し、「家族が皆、1日にして命を落としたというのに、今われわれ二人で何を祝えるというのか!」と嘆いた[3]

劉備への帰服

[編集]

馬超は張魯に対して不満を抱き、内心鬱々としていた。建安19年(214年)、張魯配下の楊白らからの妬みもあり[注釈 39]、妾の董氏と子の馬秋を張魯のもとに留めたまま、武都から氐族の居住地へと出奔した[3][注釈 40]。そして劉備が成都を包囲していると知り、密書を送って降伏を申し入れた[15]

劉備は李恢を漢中に派遣して馬超と誼を結ばせていたが、馬超の来降を聞くと「益州を手に入れたぞ」と喜び、人を遣わせて馬超を迎えとらせ、さらに密かに兵を補充した[3][72]。馬超の軍兵が成都城の北に駐屯するや、恐れをなした劉璋は馬超到来から10日足らずで降伏し、蜀は劉備の手中に入った[3][注釈 41]。馬超は劉備により平西将軍に任命され、臨沮を治め、都亭侯に再び封じられた[15]。この時、劉備の爪牙(武の重鎮)として、関羽張飛と共に名が挙げられている[73]劉備の入蜀)。

馬超の帰順を知った関羽は、馬超が誰に比肩するかを諸葛亮に書簡で問うたが、関羽の自尊心の高さを知っていた諸葛亮の「益徳(張飛)には比肩しますが、髯[注釈 42]には及びません」という返事を見て大いに喜び、来客に見せびらかした[74]

建安22年(217年)、馬超は漢中攻略戦において張飛・呉蘭雷銅らと作戦を共にした。沮道を経て下弁に進出した際には、氐族の雷定ら7部1万人あまりが呼応した[47][注釈 43]。これに応じて、曹操は曹洪曹休曹真らを派遣した[78][注釈 44]。下弁の東南にある固山[80]に駐屯する張飛の意図を看破した曹休は、呉蘭を攻撃して撃破した。建安23年(218年)3月、陰平氐の強端が呉蘭を殺し、馬超は張飛ともども漢中へ撤退した[31][注釈 45]

建安24年(219年)、劉備を漢中王に推挙した群臣たちの筆頭に馬超の名がある[73]。馬超は仮節・左将軍に任命された[15][注釈 46]

章武元年(221年)、驃騎将軍・涼州牧となり、斄郷侯に封じられた[注釈 47]。策命に曰く、「朕(劉備)は不徳を以て至尊(天子)を継ぎ、宗廟を奉承した。曹操父子は代々その罪を重ね、朕は惨怛として、憂慮すること疾首(頭痛)のごとくである。海内(天下)は怨み憤り、本源に帰らんとし、氐羌は順服するに至り、獯粥も義を慕っている。貴君の信義は北方の地において著しく、その威武もまた明らかである。これを以て貴君に委任する。虓虎(吼え猛る虎)のごとき勇を顕し、万里を統べ、民の苦難を救うのだ[注釈 48]。国朝の教化を宣示し、遠近を安撫して保全し、粛然と慎んで賞罰を行い、かくて漢の祐福を篤くして、天下に対えよ[93][15][注釈 49]

章武2年(222年)に47歳[注釈 50]で亡くなり、子の馬承が後を嗣いだ。馬超の娘は後に安平王劉理に嫁いだ。馬超は没する間際、劉備に上疏した。「臣(わたくし)の一門宗族200人余りは孟徳(曹操)にあらかた殺されてしまい、ただ従弟の馬岱が残るのみです。途絶えんとしている宗家の祭祀を継ぐ者として彼を陛下に託します旨、くれぐれもよろしくお願いいたします。余言はございません」[15]

景耀3年(260年)9月、威侯の諡号を追贈された[15][97][注釈 51]

逸話

[編集]

彭羕の放言

[編集]

彭羕は劉備に重用されていたが、その野心を警戒した諸葛亮の進言により、江陽太守へと左遷されることになった。内心不愉快に思った彭羕は、左遷される前に馬超を訪ねた。馬超が「卿(あなた)の才能はずばぬけており、主公(劉備)もたいへん重用なさって、卿は孔明(諸葛亮)や孝直(法正)にも引けを取らぬとおっしゃっていたのに、地方の小郡に任じられるとなっては、期待外れではないのかな」と問うと、彭羕は劉備を「老革」[注釈 52]と呼んで罵り、「卿が外を執り、私が内を執れば、天下は定まろうものだ」と馬超に言った。流離の身で帰順し、常に危懼の念を抱いていた馬超はこの言葉に驚駭し、黙して答えなかった。彭羕の帰宅後、馬超がその発言を具述して上表した結果、彭羕は投獄された。獄中から諸葛亮に送った弁明の手紙で、彭羕は「内だの外だのと言ったのは、孟起(馬超)に北方で功を立ててもらい、主公に忠誠を尽くして、共に曹操を討とうというだけの話であり、他意はありません[注釈 49]。孟起の告げたことは事実ですが、彼は言葉の真意を汲み取れておらず、なんとも心の痛むことであります」と述べているが、最後には処刑された[100]

関張の牽制

[編集]

『山陽公載記』によると、馬超は、劉備からの待遇が厚いのをいいことに常々劉備の字を呼び捨てていたため、怒った関羽が馬超の殺害を申し出た[注釈 53]。劉備が「彼は切羽詰まって私のもとに来たのに、字で呼んだからといって殺したら、天下に申し訳が立たないだろう」と取り成すと、張飛が言うには「ならば、礼儀というものを見せてやろう」。翌日の宴会で、関羽と張飛が彼らの席におらず、刀を携えて劉備の側に起立しているのを見た馬超は驚き、字呼びをやめた。その翌日、「私は今、敗北の所以を悟った。主人の字を呼んだがために、あやうく関羽と張飛に殺されるところであった」と歎じ、それ以降は劉備に敬意を表して仕えるようになったという。しかし裴松之が論難することには、窮していたところで劉備に帰順し爵位も授かった(すなわち臣従を受け入れた)馬超が、主君を字で呼ぶほど傲慢に振る舞うとは考えられない。入蜀時には荊州の守りについていた関羽が益州に行ったことはなく、それゆえ諸葛亮に手紙を送ったというのに、(関羽が益州にいて)張飛と共に立っていることなどあり得ない。また、人はある行為をしようとする際、その可否を承知した上で実行するのだから、馬超が仮に劉備を字で呼んでいたならば、そうしてもよいと判断した謂れがある。そして、関羽と張飛が武装して直立しているのを見ただけで、関羽の建言を知らない馬超が事態を悟るのはおかしい。以上の4つの観点から、裴松之はこの逸話の信憑性を強く疑問視している[34]

評価

[編集]
  • 陳寿:「馬超が武と勇を恃んで一族を破滅させたのは、惜しいことだ。窮地から安泰へと至ることができたのだから、まだ良かったのではないだろうか」と評している。
  • 荀彧:袁紹との衝突を目前にして関中の動静を憂う曹操に対し「関中諸将はまとまりがなく、ただ韓遂・馬超のみが突出して強いのです」と評している[46]
  • 王商:「勇あれど不仁、利を見て義を思わない人物であり[101]、唇歯(密接な関係)となるべきではありません」と評して馬超との連盟に反対し、「益州は、その国土はうるわしく民は豊かで、貴重な物品も産出する場所であるからして、狡猾な者が襲わんとするところであり、馬超らはそのために益州に接近するのです。もし彼を引き寄せるならば、虎を養って自らに患いを遺すものとなりましょう[102]」と、劉璋を諫めている[103]
  • 周瑜:馬超・韓遂を曹操の後患と見なし、建安15年(210年)、益州攻略について「奮威将軍(孫瑜)と共に蜀を取り、蜀を得たらば漢中を併合し、奮威将軍を留めてその地を固守させ、馬超と誼みを結んで連合しとうございます」と孫権に提言している[104]
  • 楊阜:「韓信黥布のような武勇を持ち、羌胡の心を甚だ得ている」と評する一方、「父に背を向け主君に叛き[注釈 54]、涼州の将を虐殺した」と糾弾し、「強暴にして不義である」と批判している[47][注釈 55]
  • 諸葛亮:関羽に宛てた手紙で「孟起は文武の才を兼ね備え、人並みはずれた勇猛さを持ち、当代の英雄である」と評し、黥布・彭越に喩えている[74]。またその書中では馬超を張飛と同列に扱ったが、黄忠を後将軍に据えようとした劉備に対しては「黄忠の名望は関羽・馬超と並ぶものではありません」と、関羽と併せて言及している[116]
  • 楊戯の『季漢輔臣賛』:「驃騎将軍(馬超)は奮起して合従連横した。三秦(関中)にて蜂起し、黄河・潼水を占有した。思惑は朝廷を旨とするも、〔その意を〕時には異にし、時には同じくし、敵がその隙に乗じたことで、一族は滅び軍勢も失われた。道に背き徳に反したが、龍鳳(劉備)に身を託した」と評されている[117]
  • 東晋孫盛:馬超が父に背いたことを、家族よりも利益を優先した残酷極まる行為であるとし、人質を取ることの無意味さを表す例として挙げている[118]。その類例として、降伏せねば実父を釜茹でにすると項羽に脅された際に「煮殺すならそのをわしにも分けてくれ」と答えた劉邦[注釈 56]や、長子を人質に出した後に反逆した隗囂が列記されている。
  • 南唐徐鉉:祖先が扶風人だという馬仁裕中国語版の神道碑に、扶風馬氏に関連する高名な人物として、伯益趙奢[注釈 57]馬融と共に馬超の名を挙げ、「公侯〔の子孫〕は必ず〔始初の公侯の位に〕帰すというが[122]、〔果たして〕関西は孟起の威に靡いた」と記している[123]
  • 南宋陳亮:「関中諸将は皆恐るるに足らず、恐るべきは馬超ただ一人である」と述べ、馬超が領地に独り留まったことは曹操にとっての養虎の患いだとする。そして「馬超が〔曹操の招きに応じて〕就任してしまえば、関西諸将など物の数ではない。袁煕袁尚が平らげられた今、強兵が西に向かうとなると、その風向きを理解した諸将はこちらに合流する、すなわち、韓遂らはあえて刃向かおうとはしない。たとえ叛いたとしても、これを破るのはたやすいことだ」と、関西平定における馬超の重要性を論じている[124][125][注釈 9]
  • 郝経:「馬超父子は関西随一の勇者だったが、韓遂と共に跳梁して寇(あだ)しては、三輔を荒廃させ、漢王朝を損ねた」と記し、董卓と併せて漢王朝衰退の一因と見なすほか、「一門が皆誅され、凋落すれども悔いず、勇はあれども義は無く、君子はこれを嘆くのである。しかるに、潼関の戦いにおいて曹操はあわや命を失うところと相成り、孤剣にて帰順するや関羽・張飛に列したからには、馬超もまた豪傑ではないか」と評し、曹操を追いつめたことで改めて「当代の雄」だとしている[126]
  • 徐鼒:馬超の不孝について、趙苞・劉邦の事例との「敝蹝を棄てる」行為[127]と共に俎上に載せ、「英雄の成し遂げることとは、聖人・賢人の精神ではないのだ」と記している[128]。舜が天下をなげうって孝行するように、趙苞は孝よりも忠を、劉邦は孝よりも天下を選んだのだとし[注釈 58]、馬超が父を捨て曹操に叛くに至った経緯もそれらと同様、両立困難な事象の相克から生じたものと受け取っている。
  • 清末盧弼中国語版:「馬超は戦闘に秀で、羌胡を手懐けていたが、隴右の軍衆を兼有し、さらに張魯の援助も得ているとあっては、向かうところ敵なしといえよう」と述べ、その強勢を認める一方、「〔韋康は絶望的な情況の中で〕無辜の吏民が死んでいくに忍びず、心苦しくも和睦を求めたのであり、その情況は諒解できる。〔しかし〕馬超はただ残忍で、約に背いて韋康を殺害し、また楊昂の手を借りて、殺戮をほしいままにしてしまった。だから韋康の死後、吏民は怨恨を抱き、姜敘の母や趙昂の妻は両者とも忠義の心を奮い、皆が故君のために復讐したのだ」と性格に起因する失策を指摘している[130]

墓所

[編集]
成都武侯祠の馬超像

馬超墓には主要なものが二つある。

  • 新都県の墓所。の時代、四川按察使の楊贍、成都知府の王九徳、新都県令の邵年斉らが、墓の湮没を恐れ、墓前に碑を建てた。雍正11年(1733年)に、県令の陳銛が墓の四隅に石を設置して区画を設けた上、墓から18歩ぶん離れた範囲までを墓域とし、それより内側での採樵と耕作を禁じた[131]道光17年(1837年)には「漢故征西将軍馬公諱超字孟起之墓」という墓碑が建てられた。宣統元年(1909年)、四川提督中国語版の馬維騏[注釈 59]により立派な社殿が建てられ、「漢驃騎将軍領涼州牧斄郷侯諡威侯馬公墓誌」という墓碑も新たに作成された[133]文化大革命の際に徹底的に破壊された結果、現存しているのは上述した2つの石碑だけであり、それらは1987年に新都の桂湖公園にある碑林に移され、現在に至るまで安置されている。県級文物保護単位。
  • 沔県の墓所。万暦35年(1607年)に著された祁光宗中国語版『関中陵墓志』および清代の畢沅『関中勝蹟図志』によると、建興5年(227年[注釈 60]に諸葛亮が沔陽を訪れた際、自ら祭祀を行ったという[134]。また『古今図書集成』には、前書と同様の記載のほか、「諸葛亮が馬岱に喪服を掛けさせた」という記述が見える[135]乾隆41年(1776年)、陝西巡撫の畢沅により「漢征西將軍馬公超墓」という碑文が制作された[136]民国17年(1928年)、馮玉祥は馬超を偲ぶ聯詩を詠み、それを刻んだ「馮玉祥為馬超祠題聯」碑が作成された[137]。墓域は漢恵渠を挟んで前院と後院の2つの区域に分かれており、その間に風雨橋と呼ばれる橋が掛けられている。民国24年(1935年)、漢恵渠の修復時に馬超墓も開削されたが、甬道から一振りの鉄刀が発見され、墓の内部に暗器があるのではないかと恐れられたため、再び封印された[138]。馬超墓の周辺には、最古にして皇帝の詔のもと建てられた唯一の武侯祠である勉県武侯祠中国語版や女郎祠(張魯の娘中国語版の墓)がある[注釈 61]。省級文物保護単位。

伝承

[編集]

古蹟

[編集]

中国各地には、馬超にまつわる様々な遺跡の記録が残されている。所在地名は『古今図書集成』および各地方志の記述に則る。

陝西省

[編集]
  • 三馬祠(扶風県):飛鳳山にあり、馬援・馬融・馬超を祀る。本来は馬援を祀る祠だったが、康熙57年(1718年)、知県の丁腹松による修築を経て馬融・馬超も共に祀るようになり、「三馬祠」と称されるようになった[140]
  • 馬超坡(扶風県):湋水(古称は沮水。渭水の支流)の南にある坂道。俗称は馬超衚衕(胡同、すなわち小路のこと)[141]元末明初の高僧である宗泐中国語版の詩『発扶風』に、馬超祠(次項参照)と併せて言及がある[142][注釈 62]
  • 茂陵山(扶風県):かつて馬超祠が存在した[144]。『古今図書集成』では宝鶏県中国語版にあり、また馬超が住んでいたともいう[145]
  • 馬超岭(楊陵区):咸陽市楊陵区五泉鎮にある。馬超が駐屯し馬を育てたという伝説が伝わる[146]
  • 青州城(安塞県):馬超が築いたものといわれる[147]。藩延堡はその城址だという[148]
  • 馬超洞(甘泉県):青州城の対岸にあり、馬超が兵を駐屯させた地と伝わる[149]洛水北部にあり、現在も遺跡が残っている[150]

山西省

[編集]
  • 野馬圪塔(平陸県):馬超が馬を放牧していたと伝わる[151]
  • 馬超窰(平順県):馬超がこの窰洞で敵軍を避けたという[152]

甘粛省

[編集]
  • 渭源古城(渭源県):「馬超城」の跡地が存在する[153]

四川省

[編集]
  • 馬超坪(灌県):馬超が駐兵した地点と伝わる[154]

出手法

[編集]

馬超が発祥とされる剣術。明の地理学者鄭若曽の『籌海図編』や『江南経略』、嘉靖年代の兵法書である何良臣中国語版『陣紀』に記載がある。各書には複数の剣術が紹介されており、その中には虎殺しで有名な春秋時代大夫卞荘子中国語版や、劉備の名も見える[155][156][157][158]

創作における扱い

[編集]

『三国志平話』

[編集]

三国志平話』(以下『平話』)は、元代の至治年間に成立した『全相平話』という歴史講談集のうちの一つである。以下、馬超に関する場面の概略を記すが、後述する『三国志演義』と比較すると、登場人物の省略や人名の誤記、展開の稚拙さが顕著である。

  • 馬騰の長男であり、馬岱はその次男になっている。3人とも万夫不当の勇を持つと評判で、賈翊(賈詡)は劉備に対抗し得る勢力として「馬騰は諸葛亮、馬超は関羽、馬岱は張飛への対策となり得るでしょう」と述べている[159]。容姿については「生きた蟹のように青ざめた顔、明るい星のような目」と描かれる[注釈 63]。武器として長槍を用いるほか、弓の名手でもある[161][注釈 64]
  • 平涼府節度使である馬騰は、曹操に呼び出されると「もし私が死んだら、曹操を殺して仇を取ってくれ」と息子たちに言い残して発つ。そして、献帝に謁見した際に曹操を除くよう暗に進言したことにより、曹操に殺される[注釈 65]。この時、馬超の母も殺されたことになっている。
  • 馬騰および一族誅殺の知らせは、従僕から馬岱に、そこからさらに馬超へと伝わる。嘆き悲しんだ馬超は、辺章と韓遂から1万の兵を借りて挙兵し、喪服を纏って戦場に立つ。馬超軍の攻撃に曹操軍は手も足も出ず、馬超と戦った夏侯惇があやうく射殺されかける上、命からがら逃げのびた曹操は食事も喉を通らない[注釈 66]
  • 次々に勝利を重ねる馬超軍が渭水の東南に布陣してから数日後、婁子旧(婁子伯)と名乗る道士が馬超のもとを訪れる。「馬岱に1万の兵を率いさせ、まずは長安に赴いて献帝を救い、曹操の家族を殺しなさい。それから曹操を殺しても遅くはない」という彼の策を、馬超は回りくどいと言って退ける。すると婁子旧は曹操軍の陣営に足を運び、辺章と韓遂に賄賂を送れば軍を退却させられると曹操に進言する。それによって馬超は軍勢のほとんどを失い、張魯のもとへ逃げ去る。
  • 劉備軍と対峙した際には魏延と矛を交える。諸葛亮が伊籍を派遣するや劉備に投降し、定遠侯[注釈 67]に封じられて五虎将軍の一員となる。荊州にいた関羽は、馬超の封侯とその武勇に対する賞賛を聞いて不満を漏らすが、諸葛亮から受け取った手紙を見て機嫌を直す。
  • 陽平関に侵攻する曹操軍の対処に立候補し、諸葛亮から策を授かるものの、飲酒が原因で敗北し、陽平関を張遼に奪われてしまう。諸葛亮と顔を合わせないよう密かに逃走するが、敵軍に出くわすたび、曹操を散々に叩きのめしている。
  • 劉備が仇討ちのため呉に出兵した際には、剣関(剣門関)の守備を任されている。そして、呂蒙と対峙する諸葛亮を関平と共に援護したのを最後に、物語から姿を消す。

『三国志演義』

[編集]

小説『三国志演義』において、馬超は作中でも屈指の武勇を誇る武将として登場する。「冠の玉のようなかんばせ、流星のような眼、虎の体に猿のうでひょうの腹に狼の腰」[166]を持ち、「生まれつき白粉を塗ったように色白、唇は紅をさしたよう」[167]で、「獅子のかぶとに猛獣をあしらったベルト、銀の鎧に白い戦袍ひたたれを身につけている」[168]美将であり、その非凡な風采から「錦馬超(きんばちょう)」と称えられている。個人的な武勇が目立つよう描かれており、毛宗崗中国語版の分類では、五虎将の中で唯一、無比の武勇でもって敵陣を突き崩す驍将である[169][注釈 68]。この変形の一例として、曹操の「馬の小僧が死ななければ」という言葉は、馬超の戦略眼の鋭さに対する恐れの発露ではなく、馬超の勇壮な姿を観察しての腹立たしげな独言となっている。また許褚や張飛との一騎討ちは、単に場面を盛り上げるだけでなく、「虎将を描くとき、〔その相手に〕懦弱な者を用いて造形するよりも、勇ましい者を用いて造形することで武勇を実感するほうがよい」という理論に則り創作されたものである[171][172]

以下に示す馬超の事績からは、『平話』に引き続き、数多くの操作が全般的に加えられていることが見て取れる。その代表例である時系列の改変には、中国の伝統的な倫理観から大きく逸脱する馬超の行動を「是正」し、より英雄たるにふさわしい存在として物語に配する意図がある[165]。また、馬超を美化する過程には父の人物造形の変化も含まれている。『三国志演義』の馬騰は反董卓連合軍に名を連ね、さらには献帝の発した曹操誅殺の密勅にも漢の忠臣として参与し、死亡時にはその忠烈を讃える詩すら登場する[注釈 69]。これらの改変を経て、悍勇ぶりで名を馳せた叛将から、孝を尽くす悲劇の英雄へと姿を変えた馬超は、人々の共感と称賛に浴し、五虎将のひとりとして受容されるに至ったのである。

  • 長安を占拠した李傕一派と馬騰・韓遂軍が対峙する中、馬超はわずか17歳にして敵将の王方を討ち取り、李蒙を生け捕るという鮮烈な活躍を見せるだけでなく、馬騰らの敗走時にもしんがりを務め、追撃する張済を退けている。馬騰は曹操と対立する涼州の一勢力として描かれているため、袁紹残党の郭援らとの戦いは採用されていない。
  • 孫権討伐を目論んだ曹操は、後顧の憂いを断つべく西涼太守の馬騰を許昌に召し寄せ、謀殺を図る。馬騰は馬休・馬鉄・馬岱を連れて都に向かうが、黄奎との曹操暗殺計画が発覚し、息子2人もろとも殺されてしまう[注釈 70]。涼州に留まっていたため難を逃れた馬超は、唯一逃げ延びた従弟の馬岱と共に、復讐のために兵を起こす。
  • 馬超は、韓遂およびその8人の部将[注釈 71]と共に20万の大軍をもって長安に攻め寄せ、陥落させる。潼関の戦いでは、于禁・張郃を次々に退け、李通を刺殺し、その後も苛烈な追跡で曹操を討ち取る寸前にまで及ぶ[注釈 72]。戦役半ばでは許褚がしかけた一騎討ちに応じ、死闘を繰り広げる。しかし離間の計によって馬超以外の9人全員が曹操軍に寝返り、それに激怒した馬超は、楊秋にそそのかされて降伏を選んだ韓遂の左手を切断し、梁興・馬玩を斬殺する。その後曹操軍に包囲されながら孤軍奮闘するも、馬を射られて落馬したところを龐徳と馬岱に助けられ、隴西まで逃走する。
  • 涼州で再起した馬超は、降伏した韋康とその一族40人余りを殺害する。楊阜らはその報復に、冀城から締め出された馬超の目前で、彼の妻子たちを一人ずつ殺してはその死体を城壁から投げ落とす。その衝撃で馬超は失神した後、歴城を襲撃して住民を殲滅し、姜叙の母を手にかける[注釈 73]。同時に、尹奉の家族および本人と王氏(王異)を除いた趙昂の家族を皆殺しにする。そして、ここに至ってようやく救援に駆けつけた夏侯淵により、馬超の軍勢は壊滅する。
  • 漢中の張魯を頼って以降、馬超が涼州に出兵することはない。馬超と張魯の娘との縁談を阻んだ楊柏は、己に対する馬超の殺意を知ると、兄の楊松に相談して馬超暗殺を企てる。その後、劉璋への救援に名乗りをあげた馬超は葭萌関で劉備軍の張飛と一騎討ちをし、夜戦にまでもつれこむ[注釈 74]。馬超の勇姿に感嘆する劉備の意向を汲み、諸葛亮は策を講じる。賄賂を送られた楊松の讒言によって進退両難に陥った馬超は、李恢の説得を通じて劉備軍に降り、援軍だったはずの馬超に脅され愕然とした劉璋は降伏を決意する[注釈 75]。関羽は馬超の帰順を知ると、馬超との試合を望む旨を記した書状を諸葛亮に送っている[注釈 76]
  • 定軍山の戦いでは、陽平関を失った曹操軍の加勢に来た曹彰孟達軍と共に挟み撃ちにし、曹操をして「鶏肋」と言わしめる状況へと追い込んでいる。そして劉備が漢中王となるに従い、五虎大将軍に任じられる[注釈 77]。関羽は黄忠と同格に扱われたことに怒るが、馬超については「代々続く名家だから」という理由で認可する。
  • 関羽が龐徳に降伏を迫る際、漢中在住の従兄である龐柔の名を出すが、作中ではさらに馬超にも言及している。関羽の敗死後、逮捕の情報を孟達に知らせるべく彭羕が遣わした使者を、馬超の巡視隊が捕える[注釈 78]。事情を知った馬超は彭羕に鎌をかけ、反乱の意思を聞き届けた後にそれを告発している。
  • 劉禅の即位に応じて、曹丕司馬懿の進言で5方面から蜀を攻めようとした時、諸葛亮はその対策の一つとして、羌族からの人望が厚く「神威天将軍」と称される馬超を西平関(架空の関)の守護に当たらせ、脅威を未然に防ぐ。馬超は南征には従軍せず、陽平関の守備を務めるが、南蛮平定後に死亡したことが語られる。諸葛亮は腕を折られたような思いでその死を惜しみ、北伐の際には馬超の墓を訪れている。

『後漢演義』

[編集]

『後漢演義』は、清代から中華民国時代にかけての小説家および歴史学者である蔡東藩中国語版により著された、11部からなる『中国歴朝通俗演義中国語版』のうちの一つである。王莽による簒奪から始まり、禅譲を受けた司馬炎によるの建国で終わる構成になっている。作中には史実への言及のみならず、『三国志演義』の誤謬および創作部分の指摘や、同書の作者とされる羅貫中への批判が随所に差し挟まれている。この作風ゆえに、馬騰の誅殺は潼関の戦い以後に行われ、曹操を狙った苛烈な追跡や数々の一騎討ちといった描写もなく、馬超に関連する描写はおおむね史書に準じている。しかし、渡河の際に馬超が曹操からあと100歩余りの距離まで迫る場面や、妻子の首が城壁から投げ落とされる場面、張魯から離れて劉備に帰順し劉璋を降伏させるまでの経緯など、『三国志演義』の影響を受けている箇所も散見される。

『後漢演義』の各回の末尾には人物評が載せられている。そこでは「馬超は猛将、韓遂は愚物であり、両者とも曹操の敵ではない。(中略)馬超が強くとも韓遂は愚かだったため、まんまと曹操の計略に掛かった。これぞ用兵が謀略を重んずる所以である」と評されている[183]。また語り手は「馬超は勇烈ではあれど知謀に欠ける」とも評し、その欠陥ゆえ親から果ては妻子に至るまで破滅させたことを咎め、「劉備に投降せねば己の身すら保てずにいたのに[注釈 79]、どうして曹操の敵たり得ようか」と述べている[185][注釈 80]。とはいえ、馬超の武勇を実感したがために曹操は賈詡の策を用いるに至ったとし、また曹操の渡河作戦に対する馬超の案を「申し分ない」と形容しているように、馬超の軍事面の能力に対する評価は一貫して高い[188]。『後漢演義』においては、馬超の勇略に馬岱のそれが及ばなかったために、馬岱は北伐に従軍するも大役を任されず、諸葛亮にも重用されていなかった[189]。また『後漢演義』は馬超を評価する際にその道徳性をほとんど考慮しておらず、族滅の件についても、馬超が親を顧みず戦ったのを踏まえた上で、馬騰らを誅殺した曹操の手口は悪辣だと断じている[190][注釈 81]

京劇

[編集]
京劇『両将軍』の馬超(中国WIPO協力50周年記念イベントで披露されたもの)

京劇において、馬超を主役とする演目は数多く存在する。演目の内容は『三国志演義』を題材としており、『反西凉』『戦潼関』(潼関の戦い)、『戦冀州』『賺歴城』(冀城放逐および歴城襲撃)、『戦馬超』『両将軍』(張飛との一騎討ちおよび夜戦)などがある。京劇には、身分や性格、年齢などにより区別される様々な役柄が存在するが、将軍である馬超は「武生」、具体的には「長靠武生」に割り当てられている[注釈 82]。衣装は白地で、喪を示す黒い紋様があしらわれている。張飛との戦いにおいては黒ではなく青を基調とした衣装を纏い、夜戦時には無地の白い箭衣に着替える。若い将軍として扱われているため、髭はつけない。

『耳談』

[編集]

代中期の筆記小説集である王同軌中国語版『耳談』[注釈 83]およびその増補版『耳談類増』には、「漢左将軍馬超墓」という話が載せられている。以下はその前半部のあらましである。

新都の参議である楊廷儀が、父親の埋葬地にふさわしい場所を探していると[注釈 84]、ある土地から「漢左将軍馬超之墓」と彫られた石碑を発掘した。これを吉兆の験ありと見なした楊廷儀がその地を選んでから程なくして、錦袍をまとい玉帯を締めた馬超が夢に現れ、「私は漢の将軍である。わが墓を荒らさぬように」と戒めた。楊廷儀が意に介さないでいると、またもや夢を見た。武装した馬超が弓を引くと、楊廷儀は両目を射当てられて〔現実においても〕盲目になってしまうが、〔良地と見なしているため〕ますます意思を固めた。そして次に夢を見た時、馬超は大いに怒った様子で「お前に禍いをもたらしてくれよう!」と告げた。その後、楊廷儀の家族数名が道連れの商人たちを皆殺しにして金品を奪った。事が露見した結果、彼らは凌遅刑に科せられ、それに連座して、楊廷儀は棄市[注釈 85]に科せられてしまった[200]

後半部に添えられた見解には「土地は馬超ゆえに貴いのであって、土地ゆえに馬超が貴いのではない」とある。語り手は、馬超の一族子弟が曹操や張魯に殺されたことに触れ、また『三国志』が馬超の後裔について詳述していないことを理由に、馬超の家系は断絶したのだろうと推察する[注釈 86]。そして、子孫のために風水などにこだわるのは度が過ぎるとして、身を滅ぼすに甘んじた楊廷儀の行いを咎めている[201]

『耳談類増』には「漢将軍墓」という物語が新たに加わっている。酒盛りをしていた蜀の人々が無名の将軍の墓をそうとは知らずに荒らしてしまい、ポルターガイストに遭遇するという内容だが、ここでも馬超への言及があり、「馬孟起が弓矢をもて人を盲にせしめたところで、なんの不思議があろうか」とある[202]

家系図

[編集]
 
 
 
 
 
羌女
 
馬平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⚫︎
 
馬騰
 
⚫︎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⚫︎
 
 
 
 
馬岱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楊氏
 
馬超
 
董氏
 
馬休
 
馬鉄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⚫︎
 
 
馬秋
 
 
 
劉備
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
馬承
 
超女
 
劉理
 
 
  • 『三国志』巻25楊阜伝注引皇甫謐『列女伝』・巻34劉理伝・巻36馬超伝・馬超伝注引『典略』より作成。

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ a b 父の本貫もこれと同じだが[1]、生まれ育ちは隴西である。馬超を実質的に涼州人とする見方もある[2]
  2. ^ 字は子碩。失官後に隴西に留まって羌族と雑居し、その地で娶った羌族の女性との間に馬騰をもうけた[3]。『三国志演義』では「馬粛」という名になっている。
  3. ^ 太平御覧』に引く傅玄『乗輿馬賦』には、馬超が蘇氏の塢(城堡)を破ったという記載がある。この事績の年代は不明だが、同書の記述をもとにすれば、潼関の戦い以前に起きている[7]
  4. ^ この際、馬騰・韓遂それぞれの子が人質に出された[9]。両者の具体的な紛争時期は明らかでないが、白亮は、李傕と不仲になった馬騰に韓遂が味方した興平元年から鍾繇が司隷校尉に任じられた年までの間とし、後者の年代を建安2年(197年)に置いている[10]
  5. ^ 『三国志』張既伝では、馬騰は張既の説得により鍾繇に協力しているが、鍾繇伝注引司馬彪『戦略』では、初め郭援らに与していた馬騰を説き伏せたのは傅幹である。
  6. ^ 龐徳が郭援の首を取ったが、首級を確かめる段階になるまでそのことは判明しなかった[11]
  7. ^ 怪我の逸話は馬超の勇猛さを表すものであり、清代に編纂された『日下旧聞考中国語版』においても、銚期と共に強勇の例として引かれている[12]。銚期が戦闘時に傷を頭巾で覆い、ついに敵軍を大破したことは『後漢書』および『東観漢記』に見える[13]
  8. ^ 白亮は、曹操が馬超に与えたのは実権のない官職と見なしている[10]
  9. ^ a b 陳亮は、曹操が馬超を召しおおせなかったことを難じ、以下のように主張する。「馬超が応じなかったのは、父子ともに関西におり、単身で赴くのを厭うたから、そして与えられた官職のあまりの低さに、任官を潔しとしなかったからである。馬騰を召した後、馬超を前将軍に任じて手厚く迎え、精兵を統べさせてやり、それから弟たちに馬騰の部曲を領らしめるならば、馬超の果敢さもあって、喜び勇んで功名を立てようから、どうして応じないことがあろうか」[14]
  10. ^ 『三国志』張既伝によると、入朝に対して馬騰はやや消極的である。張既の説得により、馬騰は部曲を解散して入朝することを承諾したものの、行動を先延ばしにしていた。その様子に変心を恐れた張既の入念な手配によって、やむを得ず東に向かっている。
  11. ^ 宗族が実質的に曹操の質任となったことを意味する[16]。己の宗族や子弟を人質として鄴に遣ることで服属を示す例は、李典臧覇にも見られる[17][18]
  12. ^ 胡三省曰く、「曹操が関西を捨てて張魯を遠征するというのは、伐虢取虞の計だ。思うに、馬超・韓遂を討つ名分がないから、まず張魯を攻めるふりをして背かせ、それから侵攻しただけである」[21]。朱子彦はこの時点での馬超の立場について論じている。馬超がもし馬騰らの身を顧みるならば、領地を手放して曹操に臣服せざるを得ないが、継いだ既得権益を守るべく鄴にいる親族を見放すならば、忠孝の道を失って曹操に道義的優位を与えることになる[22]
  13. ^ 弘農に至った曹操は「ここは西道の要衝である」と言い、賈逵を弘農太守に任じた[23]
  14. ^ 杜畿が太守を務める河東郡だけは動揺しなかった[24]
  15. ^ 劉雄鳴は曹操の歓迎を受けたが、部下たちが降伏を拒んだため曹操から離反した。夏侯淵に討たれて漢中に逃走した後、張魯が敗れると再び曹操に降った[25]。「劉雄」という表記も見られる[26]
  16. ^ この時の難民の中には、三輔から逃れてきた扈累寒貧といった隠士らもいた[29]
  17. ^ 軍勢が敗れるのを目の当たりにし、また曹操も行方知れずだったため、諸将は皆危惧していた。曹操を見て悲喜こもごもの者、あるいは涙を流す者がいる中、曹操は大笑いして、「今日は小僧めにあやうく痛い目に遭わせられるところだった」と語ったという[33]
  18. ^ 『曹瞒伝』によると、馬超の騎兵による度重なる襲撃と地盤の悪さにより、曹操軍は渡河はおろか、陣営や防塁を築くこともできずにいた。そこで婁圭の案に従い、砂を水で凍らせて城を建てたことで、渭水を渡りおおせたという。裴松之はこの逸話を否定している[33]
  19. ^ 許褚の武勇を聞き知っていた馬超は、曹操の従騎が許褚ではないかと疑い、「公(曹操)の虎侯は、どちらにあるか」と尋ねている[32]司馬光は、許褚が馬超を防いだことについて、「〔単馬会語の〕時に馬超は韓遂と共にいなかったために韓遂を疑ったのだから、この話はでたらめだ」と述べる[36]。また『太平御覧』に引く『江表伝』によると、馬超は6斛(斛は体積の単位。1斛=10斗[37])の米袋を馬にぶら下げて駆け、米袋の重さで曹操の体重を測っていた(曹操を捕える練習をしていた)。それを知った曹操は長いこと嘆息して、「狡猾な賊に騙されるところだった」と語ったという[38]。また盧弼が言うには、「韓遂・馬超はそれぞれ別に単馬会語に臨み、〔曹操は〕馬超と話す際にはその武勇を考慮して、許褚を随えていたのかもしれない」[39]
  20. ^ 韓遂との交馬語において、曹操はあえて軍事と関わりのない思い出話をした。会談を終えた韓遂に「公は何と言ったのか」と馬超が問うと、韓遂は「何ということはない」と答えた。これについて盧弼は、「曹操が韓遂と話した時、馬超はやや距離をとっていて、会話が聞こえなかったのかもしれない」と推測している[40]。また別の日には、韓遂自身が隠蔽したと他の諸将に思わせるべく、多数の改竄が残る書状を韓遂のもとに送りつけた[31]
  21. ^ 安定で包囲された楊秋は曹操に降伏して許され、復位するとともに住民の慰撫を任された[31]
  22. ^ 竇武の孫である竇輔はこの戦いに従軍し、飛んできた矢に当たって戦死している[42]
  23. ^ この年代は『三国志』楊阜伝の記載によるものである。同書董卓伝には「馬超が漢陽に拠有し、馬騰は連座して三族皆殺しとなった」とあり、族滅以前に再起している。一方、武帝紀では建安18年(213年)に馬超が再起し、『後漢書』では建安17年の族滅以後に再起している[43]。『資治通鑑』は建安18年とする。
  24. ^ 漢陽で馬超が任養らに迎え入れられたことで、閻温は冀城に走った[45]。なお当郡では、姜・閻・任・趙の四姓が有力だった[27]
  25. ^ 韋康を推挙したのは荀彧である[46]
  26. ^ 『後漢書』および『資治通鑑』では、馬騰らが誅殺されたのは建安17年5月癸未の日と記されているが、当月の朔日は癸未ではなく壬辰のはずである[49][50]
  27. ^ 馬超は「足下は命のことを考えないのか」、「城内の旧知で、私と意を同じくする者はいるか」などと問うたが、閻温からの答えは得られず、最後には「主君に仕えるということに、死はあれど二心はない。卿(あなた)は長者(徳のある人物)に不義の言を出さしめんとしている」と返された。
  28. ^ 閻温に対する陳寿評にある解揚の逸話は、『史記』および『春秋左氏伝』に記載がある。を攻めた際、は宋を降伏させないために楚を欺くことを画策し、壮士の解揚がその君命を帯びたが、その道中で捉えられた。楚王は、宋に対し降伏勧告をするよう解揚に強いた。解揚はついにその要求に応じたが、車に乗せられて城下に着くや「晋の援軍が来る」と呼ばわった。約束に背き信義を損なったことを咎める楚王に、解揚は忠義を持ち出して答えた。そして死刑に臨むにあたり、忠義を文字通り死守せんとする己の意気を訴えた。臣下たちの反対を押し切り、楚王は解揚を許した[51]
  29. ^ 皇甫謐『列女伝』趙昂妻異伝には「馬超が約束に背き韋康を殺害した」とある[5]。なお『列女伝』のような著述には留意点がある。兪樟華・婁欣星が述べるには、古代の雑史に記された女性の伝記は複数の共通点を持つ。まず、男性中心社会において、国家存続や夫への貢献、貞節の固守などのような、婦徳やそれに繋がる才覚を発揮した女性(母、妻、娘)が特筆される。次に、当時の社会情勢や女性の生活状況が示されると同時に、作者の願望および理想の投影もまた含まれる。そして、逸話の典拠は正史内の記載を除けば、主に文芸作品、野史、世間の噂などであるため、官吏に関する一般的な列伝と比較して、女性(特に皇族以外の階級に属する者)を主とする列伝の信憑性は低くなる[52]。熊明は、皇甫謐の筆致について、真実性や信憑性には注意を払わず、該当する人物の性格を的確に示す情報やそれに関する都合の良い資料を取捨選択し、さらに創作も織り込むさまは小説作法じみていると分析し、その叙述方式や微細な描写などから、『列女伝』をはじめとする皇甫謐の雑伝作品は史書というより小説のようだと論じている[53]
  30. ^ 曹操が鄴に帰還した後、長安に駐屯していた[26]。梁興ら残党は関中諸県で略奪行為を働いていたが、鄭渾による治安強化により勢力を弱め、鄜(左馮翊に位置する)で夏侯淵に斬られた[54]。夏侯淵伝では、梁興が斬られた場所は鄠(右扶風に位置する)となっている。また武帝紀によると、馬超の残党である梁興らは藍田に駐屯し、夏侯淵に平定されているが、『資治通鑑』は、藍田に駐屯したのは梁興ではなく馬超とする[55]。ド・クレスピニーは、鄜で死亡したからには梁興は藍田におらず、また藍田にいた勢力は馬超に与していたが、馬超本人は涼州にいるため、夏侯淵の攻撃時には不在だったのだろうと推測する[56]
  31. ^ 214年、馬超が敗走した後に夏侯淵が興国を包囲した際、阿貴は死亡したが、千万は馬超のもとへ逃げた[26]。一族に楊姓を冠する者がいるため、千万は「楊千万」とも称される[58]
  32. ^ この時の「韋康の死は楊阜ひとりの責任(『列女伝』では恥)ではない、一州の士大夫皆が恥を蒙ったのだ」という主旨の言葉は、楊阜伝では楊阜が、『列女伝』姜叙母伝では姜叙の母が発言者となっている。
  33. ^ この反乱の時期について、司馬光は楊阜伝の記述(建安17年9月)を誤りとし、また武帝紀の記述(建安19年正月)も退けているため、『資治通鑑』では建安18年の出来事となっている[60]。盧弼は司馬光の解釈に則り、楊阜らが反乱した時期は建安18年(213年)9月だとしている[61]
  34. ^ 馬超の妻子殺害の詳細については、武帝紀・夏侯淵伝に記載がある。楊阜伝には「馬超の妻子を討った」とだけ記され、『列女伝』には殺害そのものに関する記述がない。また、夏侯淵伝には趙衢らが馬超を騙して出撃させたとあるが、楊阜伝および『列女伝』ではそのような描写はない。
  35. ^ 胡三省は、この「主君」を韋康のこととする[63]
  36. ^ 後日、姜叙の母のことを聞いた曹操は、彼女を楊敞の妻に比して称賛した[47]。『列女伝』姜叙母伝のみに見える出来事として、馬超による姜叙の子の殺害と、城への放火がある。
  37. ^ 胡三省によると、師君(張魯)に次ぐ位である[64]
  38. ^ 張魯自身は、劉璋に従わなかったために母と弟を斬られている[65]
  39. ^ この箇所に該当する原文は「又魯將楊白等欲害其能」だが、『資治通鑑』は「楊白」を「楊昂」に、また「欲」を「数」に作る[66]。『続後漢書』も同様に「楊昂」に作るが、さらに「〔『三国志』〕霍峻伝では「楊帛」に作る」と注釈が入っている[67]。『康熙字典』の「害」の項目には「害猶言患之也。又《屈原列傳》上官大夫與之同列爭寵,而心害其能」とある[68]。例文として引かれた箇所に該当する和訳は、「上官大夫(中略)は屈原と地位をひとしくし、君寵を争うて、心ひそかにその才能を憎んだ」[69]。張寅瀟は、原文の「欲害其能」は意味が通じず、かといって『資治通鑑』の改案「数害其能」もまた不自然であるため、「心害其能」として解すべきだとする[70]中国学者レイフ・ド・クレスピニー英語版による『資治通鑑』の英訳では、「害其能」は「馬超に嫉妬した」と訳されている[71]
  40. ^ 張魯が曹操に降伏した際、曹操は董氏を張魯の功曹である閻圃に下げ渡し、馬秋を張魯に引き渡した。張魯はそれを自らの手で殺した[3]
  41. ^ 劉備の入蜀において、雒城の陥落には1年以上を要していたのに対し、成都の場合、城内には精兵3万と1年分の穀帛があり、士気も高かったにもかかわらず[65]、数十日という短期間で落城に至った[73]
  42. ^ 関羽は鬚髯(あごひげとほおひげ)が立派だったため、諸葛亮はこう呼んだ[74]
  43. ^ 武都郡は羌族・氐族が多く住む土地で、下弁はその郡治である[75]。沮道は、沮県と下弁を結ぶ幹線[76]。劉備が漢中を取ると、劉備の北進に従い武都氐が関中を圧迫するのを恐れた曹操は、張既を武都に遣って氐族の部落5万あまりを京兆・扶風・天水に移住させた[77]。この強制移住には楊阜も関与している[47]
  44. ^ 曹休・曹真が率いるのは精鋭部隊の虎豹騎である。宋傑は、この派兵は下弁周辺の動向を曹操が重くみた結果と捉えている[79]
  45. ^ 宋傑は、曹洪ら精鋭部隊による増援が夏侯淵のいる前線に到達するのを防ぎ、劉備の率いる主力による漢中進出を援護したという点において、張飛・馬超の作戦目的は達成されたと論じている[81]
  46. ^ 漢中王を称するにあたり、劉備は左将軍を辞した[73]。その後任として馬超が抜擢され、重んじられた形になる[82]。また、『華陽国志』では「關羽為前將軍,張飛為右將軍,馬超為左將軍,皆假節鉞」と記されており、この時『三国志』では関羽のみに仮された節鉞が、張飛・馬超にも仮されている[74][83]
  47. ^ 華陽国志』には 「[先主以]馬超[]驃騎將軍,領涼州刺史,封斄鄉侯,北督臨沮」とある[83]。張嵩は、『華陽国志』に記載のある臨沮は武都郡沮県と見なすべきだと論じる[84]。この県名の由来である沮水は、沔水(特に漢水の上流部を指す呼称[85])の別名である[86]。斄(たい)は扶風郡に属する県で、後に武功県に改称[87][88]
  48. ^ 原文は「兼董萬里,求民之瘼」。『詩経』大雅「皇矣」には「監觀四方,求民之莫」とある[89]。馬超伝のほか、『漢書』、『漢紀』、王符『潜夫論』、『文選李善注が「莫(定まる)」を「瘼(病む)」に作る[90][91][92]。また、これを省略した「民瘼」という表現が『後漢書』循吏伝など諸書に見られる。
  49. ^ a b 劉備の策命および彭羕の発言から、馬超は蜀漢において北方(涼州)での働き、とりわけ西方の異民族に対する影響力に嘱されていたと判断できる[94]。西方の異民族との連携は、諸葛亮の説いた隆中対における要点の一つである[95]。これを踏まえると、蜀漢において涼州刺史(牧)は遥領ではあれど、依然として重役だったと見なし得る[96]
  50. ^ これは数え年で計算した年齢であるため、満年齢で計算した場合、誕生日を迎えていれば46歳である。
  51. ^ 諡における「威」は「勇猛で剛強、強烈である。剛毅で信ずるにふさわしい」ことを意味する[98]
  52. ^ 裴松之は、揚雄方言』および郭璞の注を引き、「老兵」の意とする[99]
  53. ^ 目上の人間は官職名で呼ぶのが礼儀であり、字で呼ぶのは無礼である。
  54. ^ ド・クレスピニーによる『資治通鑑』の注釈に従えば、楊阜の言う「主君」は曹操を指す[105]
  55. ^ 朱子彦と呂磊は、馬超の振る舞いや異民族との関係について、羌族の血統および隴右に多く住まう羌胡の風習による羌胡化現象の影響があると論じている[106]。隴西郡は戦国時代が置いた郡だが[107]、当時からこの地域周辺の人々は風俗が異民族に近いといわれている[108][109][110]。また羌族は寡婦となった継母や兄嫁を娶り、君臣関係を築かず、強者を立てるほか[111]、父母が死んでも泣くのを恥とするという[112]。いずれの慣習も、主要な人間関係とされる五倫や「三年の喪」のような服喪儀礼などが奨励される中原の儒教倫理にはそぐわない。このような習慣や思考方式の違いは、華夏夷狄を下位に置く根拠となっていた[113]。朱子彦と呂磊は、羌胡化した涼州人の、気まぐれで疑り深く団結力に欠ける性質、暴力性、非文明的という印象、これらの要素が各地において士大夫らの反発を招き、果ては涼州軍閥の滅亡へと繋がったとする[114]。羌胡化した董卓ら涼州軍閥による蛮行を受けて生じた中原の人々の厭悪については、他にも複数の指摘がある[115]
  56. ^ 劉邦について、曹植は「その名声は徳行にそぐわず、行動も純粋な道義と合致しない」と述べ、「太公(劉邦の父)を顧みないのは孝の道に悖るものだ」と批判している[119]。朱子彦によると、劉邦の不孝な振る舞いは秦漢時代には特に非難されておらず、曹植が見せたような蔑視は、儒教理念に染まった後漢時代における代表的な反応である。そのため、父親を顧みないという行為において劉邦と同等である馬超は、士人はおろか巷間からの誹りをも免れ得なかった[120]
  57. ^ 趙奢は扶風馬氏の祖といわれる。伯益はそのさらなる祖とされる[121]
  58. ^ 両者の逸話は『太平御覧』において「戦不顧親」の項目にまとめられている[129]
  59. ^ 雲南省阿迷県の人。『清史稿』に伝がある[132]
  60. ^ 原文は「建安五年」。
  61. ^ 民間伝承では、張魯の娘は張琪瑛という名であり、馬超に情を寄せたものの、共にいることは叶わなかった。曹宇に嫁いですぐに死去し、漢水付近にある灌子山(または観子山)に葬られたが、晴れた日には、そこから馬超墓を望むことができるのだという[139]
  62. ^ 詩中の「阪」(坂道の意)は馬超坡を指す[143]
  63. ^ 原文は「面如活蟹,目若朗星」[160]。「面如活蟹」は色に関する表現であり、『封神演義』の登場人物である魔礼青および太鸞にも用いられている。
  64. ^ 孫勇進は、元・明代の当時に語られた馬超の物語は、彼の得物を長槍とするもの以外に、飛撾(縄の両端に鉤爪がついた飛び道具)を使うものが流布していたと推測する。また馬超が弓術に長けるという設定は『三国志演義』には見られないが、あるいは黄忠を弓の名手とするために設定の重複を避けるべく削除されたのではないかと論じている[162]
  65. ^ 挙兵と馬騰誅殺の時系列を前後させるという改変は、『三国志演義』以前に成立した『平話』や元代の雑劇においてすでに存在する[163]
  66. ^ 『平話』には「尊劉貶曹」思想が際立つ描写が多数表出しており、馬超が曹操を何度も窮地に追いやるのはその一例である[164]。曹操を貶める手段としての馬超は、『三国志演義』においても同様に機能している[165]
  67. ^ この封侯は『平話』の創作だが、西域で活躍した班超に与えられた封号でもある。
  68. ^ 毛宗崗は馬超について、大将の才を持つ他の4人と比較すれば、仁智に欠ける戦将に留まるとしており、五虎将の中では評価が最も低い[170]
  69. ^ 目上や年長者を尊ぶ中国の伝統に基づいて、大衆理念においては「父が英雄ならば息子もまた好漢たるべし」ということになる。その逆もまた然りである[173]
  70. ^ 『三国志演義』には様々な版がある。李卓吾本では、馬騰は一族と共に曹操のもとへ移り、後に連座して処刑される[174]。毛綸・毛宗崗父子により編纂された毛宗崗本(現在広く普及する版)では、一族への言及はない。
  71. ^ 『三国志演義』では、馬超・韓遂以外の8軍閥は韓遂の配下となっている。
  72. ^ この追走劇は雑劇から継承されたものと見られるが、そこでは馬超が降伏した後の逸話となっている[175]。また『三国志演義』では、馬超の武勇は曹操から呂布に匹敵するものとして評価され、楊阜からも韓信・黥布ではなく呂布に準えられている。
  73. ^ 李卓吾本では、楊阜や姜叙の母は馬超のことを「叛君無父之徒」や「背父叛君,無義之賊」、「背父無君,逆天之賊」と罵るが、『三国志演義』における馬超は父の仇討ちで曹操に反逆した孝子であるため、食い違いが生じている[176]。「無君」および「無父」は、孟子楊朱墨子を攻撃する際に用いた語である。それぞれ自分本位なこと、父親をとりわけ重んじないことを指し、禽獣に喩えられ指弾の対象となっている[177]。毛宗崗本では、上記の矛盾は修正されている。
  74. ^ 馬超がこの時に限り用いる銅錘は、祖先の馬援が飛撾を得意としたという民間伝承およびそれを踏襲した雑劇が由来と見られる[178]。雑劇や『三国志演義』の早い段階の版本では馬超が飛撾(銅撾、一部は「銅鎚」に作る)を使う描写が見られるが、毛本で使用されるのは銅錘である[179]。また豫劇の演目『対金抓(収馬岱)』には、馬騰の遺品として雌雄一対の金抓が馬超と馬岱それぞれに受け継がれるという筋がある[179]
  75. ^ 井玉貴が論じるには、歴史上の劉備は、劉璋を降伏させるべく馬超の威力を活用し、さらに兵を補充してそれを強めたが、『三国志演義』では仁君としての劉備像を守る目的で、劉備による増兵は描写されなかった[180]
  76. ^ 毛宗崗は、関羽の真の意図は腕比べにはなく、益州諸将の中に己を凌駕する者はいないだろうという馬超の驕りを挫くことにあると読んでいる[181]
  77. ^ 五虎将の序列について、『平話』や『三国志演義』の多くの版本が『三国志』における立伝順(関張馬黄趙)に従う中、毛宗崗本のみが趙雲を3番手に引き上げ、相対的に馬超を降格しているが、これは『三国志演義』で大幅に書き足された趙雲の活躍が馬超・黄忠を上回っており、毛宗崗がそれを反映させたことによる[182]
  78. ^ 『三国志演義』では、孟達と彭羕は親しい関係にある。
  79. ^ 『後漢演義』では、楊伯(楊白)などが馬超に危害を加えようとしている[184]
  80. ^ 作中では楊阜が「馬超の驍勇なること、呂布と遜色ない」と述べる[186]。語り手は呂布について、武勇は曹操と敵対するに足ると評する一方でその智謀のなさを指摘しており、曹操にも「無謀な匹夫」と言われる[187]
  81. ^ 語り手は曹操に対する忠義を評価せず、楊阜の進言についても「曹操を国家とするとは、完全に騙されている」と記す[191]。他にも、姜敘の母や王異を女丈夫とする一方、各々に対し「残念ながら理を見るに明らかでない」、「君父の誰たるかを到底理解していない」、さらには「表向きでは忠義を勧めているが、実際のところは一を知って二を知らないのであって、やはり婦女子の見解に過ぎず、取るに足りない」と酷評している[192]。このような姿勢は、毛宗崗と同様のものである[193][194]
  82. ^ 厚底の靴を履き、戦場に立つ武将の場合は靠(鎧を表す)を身につけ、長槍や大刀といった長柄武器を持つ。背部の4本の旗は部隊を率いていることを示す。
  83. ^ 四庫全書総目提要』の解題によると、「この書〔『耳談』〕は異聞を取り集めており、洪邁夷堅志』の流れを汲んでいる。毎話ごとに語り手を明らかにすることで、信用できる証としているのは、蘇鶚中国語版『杜陽雑編』の例を用いたものだ」[195]。収録内容は多岐に渡るが、単なる逸聞集に留まらず、当時の社会情勢に対する批判も少なからず含まれている。後発の小説に与えた影響は大きく、馮夢竜凌濛初の著作、『聊斎志異』などの中には、『耳談』を基に書かれたとわかる逸話が散見される[196]
  84. ^ 風水思想では、父方の祖先を風水的に良い土地に葬れば、その子孫全体に幸福がもたらされるとされた。科挙制の導入によって世襲が成立し得ず、社会的地位を維持するのがより困難な時代にある中で、将来的な氏族繁栄を保証すべく、知識階級の人々が陰宅(風水における墓地の呼称)のための土地選びに労力を費やすという事態が、代ですでに生じていた[197][198]。明清時代は風水が隆盛を極めた時期であり、風水に関する訴訟や揉め事は枚挙にいとまがなかった[199]
  85. ^ 公開処刑の後、死体を市中に晒すこと。
  86. ^ 楊廷儀の定めた土地が風水的良地で、子孫繁栄という効果を持つならば、馬超の後裔は栄えているはずだ、ということ。

出典

[編集]
  1. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢書』巻72董卓伝注引『典略』, ウィキソースより閲覧。 
  2. ^ 王 1991, p. 71; 朱・呂 2007, p. 108; 劉 2015, p. 119.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『三国志』巻36馬超伝注引『典略』
  4. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢書』巻72董卓伝注引『献帝伝』, ウィキソースより閲覧, "[]騰父平,扶風人。為天水蘭干尉,失官,遂留隴西,與羌雜居。家貧無妻,遂取羌女,生騰。" 
  5. ^ a b c d e f 『三国志』巻25楊阜伝注引皇甫謐『列女伝』
  6. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢書』巻9献帝紀, ウィキソースより閲覧, "[興平元年]三月,韓遂、馬騰與郭汜、樊稠戰於長平觀,遂、騰敗績,左中郎將劉範、前益州刺史种劭戰歿。" 
  7. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『太平御覧』巻897獣部九, ウィキソースより閲覧, "傅玄《乘輿馬賦》曰:[...]馬超破蘇氏塢,塢中有駿馬百餘匹,自超以下,俱爭取肥好者。[...]其後劉備奔於荊州,馬超戰於渭南[...]。" 
  8. ^ a b c 『三国志』巻15張既伝注引『魏略』
  9. ^ a b 『三国志』巻13鍾繇伝
  10. ^ a b 白 2013, p. 162.
  11. ^ 『三国志』巻18龐徳伝注引『魏略』
  12. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『日下旧聞考』巻25, ウィキソースより閲覧, "若夫虎臣羆士,折衝宣力,馬超囊足,姚期攝幘,渴賞捐軀,實不乏人。" 
  13. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢書』巻20銚期伝, ウィキソースより閲覧。 ;『東観漢記』巻10銚期伝. 中国哲学書電子化計画. 2024年3月18日閲覧。
  14. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『酌古論』曹公, ウィキソースより閲覧, "[]公之意豈非以其嘗辟[馬超]不就,今雖召之而彼未必肯至耶?此亦不思之甚也。且超之所以不就者,以父子俱在闗西,未欲獨至,而又辟之甚輕,不肯屑就也。及[]騰旣歸宿衞,公於此時能以前將軍召之,待以厚禮,示以赤心,命綂銳卒,常以自隨,又使超弟若[]休若[]鐵者領騰部曲,而超之果敢,喜立功名,曷為不就?" 
  15. ^ a b c d e f g h 『三国志』巻36馬超伝
  16. ^ 朱 2015, p. 44.
  17. ^ 『三国志』巻18李典伝・臧覇伝
  18. ^ 宋傑「漢末三国時期的“質任”制度」『首都師範大学学報:社会科学版』第1期、1984年、25-31, 24、pp. 25-26。
  19. ^ a b c 『三国志』巻21衛覬伝注引『魏書
  20. ^ 『三国志』巻24高柔伝
  21. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『資治通鑑』巻66建安十六年胡注, ウィキソースより閲覧, "[]操舍關中而遠征張魯,伐虢取虞之計也。蓋欲討[]超、[]遂而無名,先張討魯之勢以速其反,然後加兵耳。" 
  22. ^ 朱 2015, p. 60.
  23. ^ 『三国志』巻15賈逵伝
  24. ^ 『三国志』巻16杜畿伝
  25. ^ 『三国志』巻8張魯伝注引『魏略』
  26. ^ a b c d e 『三国志』巻9夏侯淵伝
  27. ^ a b 『三国志』巻13王朗伝注引『魏略』
  28. ^ 『三国志』巻8張魯伝
  29. ^ 『三国志』巻11胡昭伝注引『魏略』
  30. ^ 『三国志』巻17徐晃伝
  31. ^ a b c d e f 『三国志』巻1武帝紀
  32. ^ a b 『三国志』巻18許褚伝
  33. ^ a b 『三国志』巻1武帝紀注引『曹瞒伝』
  34. ^ a b 『三国志』巻36馬超伝注引『山陽公載記』
  35. ^ 『三国志』巻10賈詡伝
  36. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『資治通鑑』巻66建安十六年注引『資治通鑑考異』, ウィキソースより閲覧, "《許褚傳》曰:太祖與韓遂、馬超等㑹語,左右皆不得從,唯將褚。超負其力,隂欲前突。太祖素聞禇勇,疑從騎是褚,乃問曰:「公有虎侯者安在?」太祖顧指禇,褚瞋目眄之,超不敢動。按時超不與遂同在彼,故疑遂,此說妄也。" 
  37. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『漢書』巻21律暦志, ウィキソースより閲覧, "量者,龠、合、升、斗、斛也,所以量多少也。本起於黃鐘之龠,用度數審其容,以子穀秬黍中者千有二百實其龠,以井水準其概。合龠為合,十合為升,十升為斗,十斗為斛,而五量嘉矣。" 
  38. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『太平御覧』巻386人事部二十七, ウィキソースより閲覧, "《江表傳》曰:太祖與馬超單馬會語,超負其多力,常置六斛米囊,東西走馬,輒掣米囊以量太祖輕重。許褚瞋目瞪盼,超曰:「聞君有健將虎侯那在?」太祖指褚,超乃止。太祖尋知之,嘆息良久,曰:「幾爲狡虜所欺。」" ;『太平御覧』巻704服用部六
  39. ^ 『三国志集解』巻18許褚伝, "或[韓]遂、[馬]超各別單馬會語,[曹操]與超語時慮超之勇,而以褚隨耳。"
  40. ^ 『三国志集解』巻武帝紀, "或[曹]操與[韓]遂語時,[馬]超距離稍遠,故不聞其語也。"
  41. ^ 『三国志』巻9曹仁伝・巻23常林伝・巻30軻比能伝
  42. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢書』巻69竇武伝, ウィキソースより閲覧, "[]武孫輔,時年二歲,逃竄得全。[...]會[]表卒,曹操定荊州,輔與宗人徙居於鄴,辟丞相府。從征馬超,為流矢所中死。" 
  43. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢書』巻72董卓伝, ウィキソースより閲覧, "[建安]十六年,[]超與韓遂舉關中背曹操,操擊破之,遂、超敗走,[]騰坐夷三族。超攻殺涼州刺史韋康,復據隴右。" 
  44. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『資治通鑑』巻66建安十八年胡注, ウィキソースより閲覧, "冀縣,屬漢陽郡,郡及涼州刺史治焉。" 
  45. ^ a b 『三国志』巻18閻温伝
  46. ^ a b 『三国志』巻10荀彧伝
  47. ^ a b c d e f g h 『三国志』巻25楊阜伝
  48. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢書』巻9献帝紀, ウィキソースより閲覧, "[建安]十七年夏五月癸未,誅衛尉馬騰,夷三族。" 
  49. ^ de Crespigny 2004, § 66. note 5 to Jian’an 17.
  50. ^ 建安十七年. 中国哲学書電子化計画. 2024年2月8日閲覧。
  51. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『史記』巻42鄭世家, ウィキソースより閲覧。 ;『春秋左氏伝』宣公十五年
  52. ^ 兪樟華、婁欣星「論古代女性類伝」『荊楚理工学院学報』第5期、2012年、5-11、pp. 10–11。
  53. ^ 熊明「略論皇甫謐雑伝的小説品格」『錦州師範学院学報』第2期、2002年、26-29、pp. 28–29。
  54. ^ 『三国志』巻16鄭渾伝・巻17張郃伝・徐晃伝
  55. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『資治通鑑』巻66建安十七年, ウィキソースより閲覧。 
  56. ^ de Crespigny 2004, § 66. note 8 to Jian’an 17.
  57. ^ 『三国志』巻30倭人伝注引『魏略』西戎伝
  58. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『宋書』巻98氐胡伝, ウィキソースより閲覧, "略陽清水氐楊氏,秦、漢以來,世居隴右,為豪族。漢獻帝建安中,有楊騰者,為部落大帥。騰子駒,勇健多計略,始徙仇池。仇池地方百頃,因以百頃為號,[...]駒後有名千萬者,魏拜為百頃氐王。" 
  59. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『水経注』巻20漾水, ウィキソースより閲覧, "建安水又東逕蘭坑城北、建安城南,其地,故西縣之歷城也。楊定自隴右徙治歷城,即此處也。去仇池百二十里,後改為建安城。" ;『続漢書』巻23群国志五
  60. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『資治通鑑』巻66建安十八年注引『資治通鑑考異』, ウィキソースより閲覧, "《考異》曰:《楊阜傳》云「十七年九月」,《武帝紀》,「十八年超在漢陽,復因羌、胡爲害。十九年正月,趙衢等討超,超奔漢中。」按姜敍九月起兵,超卽應出討,超出,衢等卽應閉門,不應至來年正月。蓋《魏史》書捷音到鄴之月耳。《楊阜傳》誤也。" 
  61. ^ 『三国志集解』巻25楊阜伝, "《考異》以十九年正月為捷音到鄴之日,則楊阜、姜敘起兵之日當在十八年九月也。"
  62. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『読史方輿紀要』巻59, ウィキソースより閲覧, "建安城,在[]縣西。[...]又北有鹵城,在故冀縣西縣之間。馬超據冀,郡將薑敘自歷城舉兵擊之,進入鹵城。或云,鹵城即西城之訛矣。又苻秦將楊定自隴右徙治歷城,亦即是城也。其後改曰建安城。" 
  63. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『資治通鑑』巻66建安十八年胡注, ウィキソースより閲覧, "背父,謂馬騰在鄴,不顧而反;殺君,謂殺韋康也。" 
  64. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『資治通鑑』巻66建安十八年胡注, ウィキソースより閲覧, "[]魯爲五斗米道,自號師君。其來學者,初名鬼卒,後號祭酒,各領部衆。都講祭酒者,魯使學者都習《老子》五千文,置都講祭酒,位次師君。" 
  65. ^ a b 『三国志』巻31劉璋伝
  66. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『資治通鑑』巻67建安十九年, ウィキソースより閲覧, "馬超知張魯不足與計事,又魯將楊昂等數害其能,超內懷於邑。" 
  67. ^ 『続後漢書』巻16馬超伝. 中国哲学書電子化計画. 2024年5月6日閲覧, "楊昻, 陳志作楊白, 查霍峻傳作楊帛。" 「昻」は昂の異体字。
  68. ^ “害”, 康熙字典網上版, オリジナルの2024年1月23時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20240123084017/https://www.kangxizidian.com/v2/index2.php?page=1352&sword=害 2024年1月23日閲覧。 
  69. ^ 司馬遷『史記6 列伝二』小竹文夫小竹武夫訳、ちくま学芸文庫、1995年、p. 62。ISBN 9784480082060
  70. ^ 張寅瀟「《三国志集解·関張馬黄趙伝》校補」『内江師範学院学報』第1期、2021年、59-63、p. 63。
  71. ^ de Crespigny 2004, § 67. passage K of Jian'an 19, "Yang Ang and other officers of Zhang Lu were jealous of him [Ma Chao]".
  72. ^ 『三国志』巻43李恢伝
  73. ^ a b c d 『三国志』巻32先主伝
  74. ^ a b c d 『三国志』巻36関羽伝
  75. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『華陽国志』巻2漢中志, ウィキソースより閲覧。 
  76. ^ 宋傑「三国蜀魏戦争中的武都」『三国軍事地理与攻防戦略』中華書局、96-137頁。 pp. 102-103。
  77. ^ 『三国志』巻15張既伝
  78. ^ 『三国志』巻9曹休伝・曹真伝
  79. ^ 宋 2022, p. 109.
  80. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『読史方輿紀要』巻59, ウィキソースより閲覧, "固山,在[]縣東南。先主取漢中,使張飛屯下辨,軍於固山。即此矣。" 
  81. ^ 宋 2022, pp. 109–110.
  82. ^ 朱・呂 2007, p. 110.
  83. ^ a b ウィキソース出典  (中国語) 『華陽国志』巻6劉先主志, ウィキソースより閲覧。 
  84. ^ 張 2014, p. 114.
  85. ^ 『尚書正義』巻6禹貢. 中国哲学書電子化計画. 2024年5月7日閲覧, "漢上曰沔。"
  86. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『水経注』巻27沔水, ウィキソースより閲覧, "沔水出武都沮縣東狼谷中。沔水一名沮水。闞駰曰:以其初出沮洳然,故曰沮水也,縣亦受名焉。導源南流,泉街水注之,水出河池縣,東南流入沮縣,會于沔。沔水又東南逕沮水戍,而東南流注漢,曰沮口,所謂沔漢者也。[...]漢水又東北合沮口,同為漢水之源也。故如淳曰:此方人謂漢水為沔水。孔安國曰:漾水東流為沔。蓋與沔合也。至漢中為漢水,是互相通稱矣。沔水又東逕白馬戍南,濜水入焉。水北發武都氐中,南逕張魯城東。" 
  87. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『漢書』巻28地理志上, ウィキソースより閲覧。 
  88. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢書』巻72董卓伝李賢注, ウィキソースより閲覧, "斄,縣,故城在今雍州武功縣。字或作「邰」,音台。" 
  89. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『詩経』大雅「皇矣」, ウィキソースより閲覧。 
  90. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『潜夫論』巻4班禄, ウィキソースより閲覧, "詩云:「皇矣上帝,臨下以赫,監觀四方,求民之瘼。惟此二國,其政不獲;惟此四國,爰究爰度。上帝指之,憎其式惡,乃眷西顧,此惟與度。」蓋此言也,言夏殷二國之政不得,乃用奢誇廓大。上帝憎之,更求民之瘼,聖人與天下四國究度而使居之也。" 
  91. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『文選』巻59「齊故安陸昭王碑文」李善注, ウィキソースより閲覧, "毛詩曰:皇矣上帝,臨下有赫;鑒觀四方,求民之瘼。班固漢書引詩而為此瘼。爾雅曰:瘼,病也。" 
  92. ^ 馬瑞辰『毛詩伝箋通釈』巻24
  93. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『詩経』大雅「皇矣」, ウィキソースより閲覧, "以篤于周祜,以對于天下。" 
  94. ^ 黄 1992, p. 66; 朱・呂 2007, p. 110; 張 2008, p. 80-81; 劉 2009, p. 25; 古 2019, pp. 60–61.
  95. ^ 苑 2017, p. 54; 古 2019, p. 60.
  96. ^ 劉 2009, pp. 26–27; 苑 2017, p. 54.
  97. ^ 『三国志』巻33後主伝
  98. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『逸周書』巻6, ウィキソースより閲覧, "猛以剛果曰威。猛以彊果曰威。彊毅信正曰威。" 
  99. ^ 『三国志』巻40彭羕伝裴注
  100. ^ 『三国志』巻40彭羕伝
  101. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『論語』憲問篇5, ウィキソースより閲覧, "仁者必有勇,勇者不必有仁。" ;憲問篇13, "見利思義,見危授命,久要不忘平生之言,亦可以爲成人矣!"
  102. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『史記』巻7項羽本紀, ウィキソースより閲覧, "[劉邦]欲西歸,張良、陳平說曰:「漢有天下太半,而諸侯皆附之。楚兵罷食盡,此天亡楚之時也,不如因其機而遂取之。今釋弗擊,此所謂『養虎自遺患』也。」" 
  103. ^ 『三国志』巻38許靖伝注引『益州耆旧伝』
  104. ^ 『三国志』巻54周瑜伝
  105. ^ de Crespigny 2004, § 66. note 28 to Jian'an 18, "This [remark of Yang Fu] refers to the fact that Ma Chao was in rebellion against his formal overlord Cao Cao, and that by his rebellion he had compelled his father Ma Teng to die as a hostage in Cao Cao's hands".
  106. ^ 朱・呂 2007, pp. 108, 116; 朱 2015, pp. 48–50.
  107. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『史記』巻110匈奴列伝, ウィキソースより閲覧, "秦昭王時,義渠戎王與宣太后亂,有二子。宣太后詐而殺義渠戎王於甘泉,遂起兵伐殘義渠。於是秦有隴西、北地、上郡,築長城以拒胡。" 
  108. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『史記』巻44魏世家, ウィキソースより閲覧, "秦與戎翟同俗,有虎狼之心,貪戾好利無信,不識禮義德行。茍有利焉,不顧親戚兄弟,若禽獸耳,此天下之所識也,非有所施厚積德也。" 
  109. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『漢書』巻28地理志下, ウィキソースより閲覧, "天水、隴西,山多林木,民以板為室屋。及安定、北地、上郡、西河,皆迫近戎狄,修習戰備,高上氣力,以射獵為先。[...]孔子曰:「君子有勇而亡誼則為亂,小人有勇而亡誼則為盜。」故此數郡,民俗質木,不恥寇盜。" 
  110. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『漢書』巻69趙充国辛慶忌伝賛, ウィキソースより閲覧, "山西天水、隴西、安定、北地處勢迫近羌胡,民俗修習戰備,高上勇力鞍馬騎射。" 
  111. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢書』巻87西羌伝, ウィキソースより閲覧, "父沒則妻後母,兄亡則納釐嫂,[...]不立君臣,無相長一,強則分種爲酋豪,弱則爲人附落,更相抄暴,以力爲雄。" 
  112. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢書』巻16鄧訓伝, ウィキソースより閲覧, "戎俗,父母死,恥悲泣,皆騎馬歌呼。" 
  113. ^ 楊佳将「論東漢後期夷夏観念中的両種邏輯——以“棄涼議”為線索」『安慶師範大学学報(社会科学版)』、第5期、2023年、90-96、p. 95。
  114. ^ 朱・呂 2007, p. 116.
  115. ^ 王 1991, pp. 72–73; 薛 2008, p. 76; 薛 2017, pp. 52–53.
  116. ^ 『三国志』巻36黄忠伝
  117. ^ 『三国志』巻45楊戯伝
  118. ^ 『三国志』巻24高柔伝裴注
  119. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『曹子建集』巻10「漢二祖優劣論」, ウィキソースより閲覧, "[高祖]名不繼德,行不純道,[...]太公是誥,于孝違矣!" 
  120. ^ 朱 2015, p. 58.
  121. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『新唐書』巻72下, ウィキソースより閲覧, "馬氏出自嬴姓,伯益之後。趙王子趙奢為惠文王將,封馬服君,生牧,亦為趙將,子孫因以為氏,世居邯鄲。秦滅趙,牧子興徙咸陽,秦封武安侯。" ;『史記』巻5秦本紀
  122. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『春秋左氏伝』閔公元年, ウィキソースより閲覧, "公侯之子孫,必復其始。" 
  123. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『唐故徳勝軍節度使検校太保同中書門下平章事扶風馬匡公神道碑銘』, ウィキソースより閲覧, "迄於我朝,則扶風[]公其人矣。公諱仁裕,字德寬,其先扶風人。子孫或從官於徐方,今為彭城人也。粵若萬邦作乂,[]益有佐禹之功,因封受民,[]奢有卻秦之績。公侯必復,關西靡孟起之威。文武未墜,南郡被季長之德。存乎譜牒,無俟闡揚。" 
  124. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『酌古論』曹公, ウィキソースより閲覧, "闗西諸將皆不足畏,所可憚者惟一馬超,而[]公制之非其術。此所以卒為邊患,而反為璋魯之藩蔽也。方[]騰[、韓]遂不叶,求還京畿,此其勢易服矣。騰之家屬,盡還宿衞,而獨留超,所謂養虎自遺患也。[...]超旣就,則闗西諸將舉無足道。及[]熈[、袁]尚既平,厲兵西向,風諭諸將,使來合勢,則韓遂等必不敢叛,縱叛,破之易耳。" 
  125. ^ 耿需要「『酌古論』軍事思想研究」『軍事歴史』第1期、2022年、87-91、p. 88。
  126. ^ 『続後漢書』巻16馬超伝議. 中国哲学書電子化計画. 2023年12月21日閲覧, "馬超父子勇冠西州,與韓遂頡翥為寇,殘滅三輔,墾傷漢室。董卓因之肆其蛇豕,漢遂以亾。天下分裂,不能歸命有德,卒墮操手。闔門誅夷,僨踣不悔,有勇無義,君子悼諸。然潼闗之役操幾不免,孤劍来歸,即厠闗張之列,超亦人豪也哉!"; , "超幾獲操,一時之雄!"
  127. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『孟子』尽心上, ウィキソースより閲覧, "桃應問曰:「舜為天子,皋陶為士,瞽瞍殺人,則如之何?」孟子曰:「執之而已矣。」「然則舜不禁與?」曰:「夫舜惡得而禁之?夫有所受之也。」「然則舜如之何?」曰:「舜視棄天下,猶棄敝蹝也。竊負而逃,遵海濱而處,終身欣然,樂而忘天下。」"  敝蹝(へいし)は、破れた履き物のこと。
  128. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『小腆紀年』巻第18, ウィキソースより閲覧, "蓋聖人大公無我之心,前後一揆。若執趙苞不孝之義,律以馬超背父之條,則敝屣之棄,大舜可處海濱;杯羹之分,漢祖忍於置俎!英雄之事,非聖賢之心歟!" ; 徐鼒『小腆紀年附考』巻第十八、中華書局、1957年、p. 703。
  129. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『太平御覧』巻310兵部四十一, ウィキソースより閲覧。 
  130. ^ 『三国志集解』巻25楊阜伝, "馬超勇力善戰,撫有羌、胡,既兼隴右之眾,又得張魯之助,宜其所向無敵。魏武軍還倉卒,為備不周,韋康孤城無援,堅守八月,閻溫潛出,又死賊手,東軍之來,殆已絕望,不忍吏民無辜死亡,委屈求和,其情可原。超雖殘暴,背約害康,亦假手楊昂,肆其屠戮。故韋康死後,吏民忿恨,姜敘之母、趙昂之妻皆忠義奮發,咸為故君復讎。"
  131. ^ 馬超墓調査報告”. 成都武侯祠博物館. 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月29日閲覧。
  132. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『清史稿』巻459馬維騏伝, ウィキソースより閲覧。 
  133. ^ 《漢驃騎將軍領凉州牧斄郷侯諡威侯馬公墓誌》碑調査報告”. 成都武侯祠博物館. 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月29日閲覧。
  134. ^ 『関中陵墓志』漢馬超墓; 『関中勝蹟図志』巻22. 中国哲学書電子化計画. 2023年12月21日閲覧。; 畢沅撰、張沛校点『関中勝蹟図志(修訂本)』 巻下、三秦出版社、2021年、p. 648。
  135. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『古今図書集成』方輿彙編第533巻, ウィキソースより閲覧。 
  136. ^ 馬超墓 - 影像勉県”. 勉県人民政府 (2018年5月23日). 2024年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月2日閲覧。
  137. ^ 馮玉祥在漢中題写的楹聯”. 勉県人民政府 (2015年8月7日). 2024年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月4日閲覧。; 郭編 2005. 巻27 § 4.3. 陝西省地方志弁公室 公式サイト. 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月6日閲覧。
  138. ^ 勉県志編纂委員会編 1989. § 6.3. 陝西省地方志弁公室 公式サイト. 2024年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月6日閲覧。
  139. ^ 馬世明 (2022年11月18日). “史志古籍中張魯在漢中的遺跡与伝説”. 漢中市地方志弁公室. 2024年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月10日閲覧。
  140. ^ 『扶風県志』巻8. 中国哲学書電子化計画, 2024年2月25日閲覧, "三馬祠,在飛鳳山。舊專祀馬援。國朝康熙五十七年,知縣丁腹松重修,增馬融馬超,稱󠄁三馬云。"
  141. ^ 『扶風県志』巻8. 中国哲学書電子化計画. 2024年6月30日閲覧, "馬超坡,在縣東門外湋水南三里。〈俗称馬超衚衕。〉相傳威侯故蹟。"
  142. ^ 『扶風県志』巻8. 中国哲学書電子化計画. 2024年2月25日閲覧, "明初僧宗泐《發扶風》詩曰:「曉發扶風縣,雲低欲雪時;長河王莽寺,獨樹馬超祠。營窟炊烟早,牛車度阪遲,非熊無復夢,渭水自逶迤。」"
  143. ^ 発扶風--大佛寺”. 陝西景観数拠庫. 陝西省図書館. 2024年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月1日閲覧。
  144. ^ 『扶風県志』巻8. 中国哲学書電子化計画, 2024年2月25日閲覧, "馬孟起祠 在縣東三十里茂陵山,今廢。"
  145. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『古今図書集成』方輿彙編職方典第523巻, ウィキソースより閲覧, "茂陵山 在縣東北三十里,林壑秀美。漢末馬超居此,有廟,今毀。" 
  146. ^ 楊陵区地方志編纂委員会編『楊陵区志』第13編文教衛生 §3文物。西安地図出版社、2004年。陝西省地方志弁公室公式サイトより閲覧(2024年5月29日)。
  147. ^ 『延安府志』巻8. 中国哲学書電子化計画. 2024年5月12日閲覧, "在縣 百餘里,馬超筑遺址尚存。
  148. ^ 郭超群 著、馮生剛 校注『民国十四年安塞県志』『安塞県志校注』上海古籍出版社〈安塞県地方志叢書〉、2010年、p. 74。陝西省地方志弁公室公式サイトより閲覧(2024年5月29日)。"藩延堡 在県西南一百里,相伝馬超所筑青州城故址。"
  149. ^ 『延安府志』巻8; 『延安府志』巻9. 中国哲学書電子化計画. 2024年5月12日閲覧, "與安塞接界,崇山峻嶺,上有十餘石洞。洛水逕其下,與青州城對峙。道通邊塞,相傳為馬超屯兵處。"
  150. ^ 姫乃軍. “民族融合的縄結区域”. 省情文献庫. 陝西省図書館. 2024年5月11日閲覧。
  151. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『古今図書集成』方輿彙編職方典第324巻, ウィキソースより閲覧, "埜馬圪塔 縣東四十里。世傳漢馬超牧馬于此。" 
  152. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『古今図書集成』方輿彙編職方典第335巻, ウィキソースより閲覧, "馬超窰 在石灰里東北隅。昔馬超避兵于此,因山鑿窯,下臨漳水,勢依險阻。" 
  153. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『古今図書集成』方輿彙編職方典第569巻, ウィキソースより閲覧, "渭源古城 在縣東北,與今城相連,址存《馬超城》。" 
  154. ^ 『灌県志』巻1. 2024年5月12日閲覧, "馬超坪,在縣西十里。相傳馬孟起駐兵於此。"
  155. ^ 『籌海図編』巻13, "[剱式]有五家,一曰馬明王、一曰先主、一曰卞莊、一曰王聚、一曰馬超。"
  156. ^ 『江南経略』巻8上, "使劍之家凡六,曰馬明王、曰劉先主、曰卞莊、曰王聚、曰馬超、曰邊掣厚眷短身。"
  157. ^ 『陣紀』巻2, "劍用則有術也。法有劍經,術有劍俠,故不可測。識者數十氏焉,惟卞莊之紛絞法、王聚之起落法、劉先主之顧應法、馬明王之閃電法、馬超之出手法,其五家之劍庸或有傳。此在學者悉心求之,自得其秘也。" 中国哲学書電子化計画. 2024年5月29日閲覧。
  158. ^ 馮宏鵬「中国明代の武術書に関する史的考察 : 中国武術史研究の一環として」『日本体育大学紀要』第2号、2006年、131-146、p. 144。NCID AN00194152
  159. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『三国志平話』巻下, ウィキソースより閲覧, "有大夫賈翊對丞相說:「有先君手內罷了的西魏州平涼府節度使,姓馬名騰,乃東漢光武手中雲將馬援九世之孫。馬騰有二子:長子馬超,字孟起;次子馬岱。眾人言曰:『三個將軍,各有萬夫不當之勇。』馬騰可料諸葛,馬超可料關公,馬岱可敵張飛。」" 
  160. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『三国志平話』巻下, ウィキソースより閲覧。 
  161. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『三国志平話』巻下, ウィキソースより閲覧, "馬超英勇,猿臂善射,無人可當。" 
  162. ^ 孫勇進「飛撾、銅錘与《三国演義》成書的若干問題」『明清小説研究』第4号、2011年、91-100頁。 pp. 95-96。
  163. ^ 張 2010, p. 34.
  164. ^ 羅勇「略談《三国志平話》中的擁劉貶曹思想」『文学教育』第17期、2015年、66-68、 p. 68。
  165. ^ a b 蔡 2010, p. 74.
  166. ^ 『三国志演義(一)』井波律子訳、講談社学術文庫、2014年、p. 225。原文は「面如冠玉,眼若流星,虎體猿臂,彪腹狼腰」。「猿臂」は長い腕、「虎體」と「彪腹狼腰」はすなわち「腰細膀寬」、細腰で体格が良いことを表す。
  167. ^ 『三国志演義(二)』井波律子訳、講談社学術文庫、2014年、p. 590。原文は「生得面如傅粉,脣若抹硃」。
  168. ^ 『三国志演義(三)』井波律子訳、講談社学術文庫、2014年、p. 116。原文は「獅盔獸帶,銀甲白袍」。
  169. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『三国志演義』「読三国志法」, ウィキソースより閲覧, "吾自[諸葛亮、関羽、曹操]而外,更遍觀乎三國之前、三國之後,[...]問有武功將略邁等越倫,如張飛、趙雲、黃忠[...]者乎?問有衝鋒陷陣驍銳莫當,如馬超[...]者乎?"  関羽は「三絶」の一人であるため、特別扱いを受けている。
  170. ^ 『毛宗崗批評本三国演義』第64回. 中国哲学書電子化計画. 2024年2月20日閲覧, "五虎將中,關、張、趙、黃皆大將才也。若馬超,則丁為戰將,而不可為大將。其殺韋康,屠百姓,不得謂之仁矣;其不疑楊阜,不得謂之智矣。前既惑於曹操,而攻韓遂;後復歸於張魯,而拒玄德:此其識見,當在四人之下。"
  171. ^ 『毛宗崗批評本三国演義』第45回. 中国哲学書電子化計画. 2024年3月6日閲覧, "寫虎將者,以懦夫形之而勇,不若以勇夫形之而覺其更勇。"
  172. ^ 蔡 2010, p. 71.
  173. ^ 蔡 2010, p. 73.
  174. ^ 第57回 § 耒陽県張飛薦龐統 (PDF) . 羅貫中李贄李卓吾先生批評三国志』(緑蔭堂本). 古典籍総合データベース. 早稲田大学図書館. 2024年2月5日閲覧, "[]操下令,將馬騰、黃奎並兩家良賤,共三百餘口,斬於市曹。"
  175. ^ 張 2010, p. 35.
  176. ^ 第64回 § 楊阜借兵破馬超 (PDF) . 『李卓吾先生批評三国志』. 2024年2月5日閲覧。
  177. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『孟子』滕文公下, ウィキソースより閲覧, "聖王不作,諸侯放恣,處士橫議。楊朱、墨翟之言盈天下。天下之言,不歸楊則歸墨。楊氏爲我,是無君也。墨氏兼愛,是無父也。無父無君,是禽獸也。" 
  178. ^ 孫 2011, p. 94.
  179. ^ a b 孫 2011, p. 93.
  180. ^ 井玉貴「道徳困境与敘事策略——三国故事「取益州」的嬗変」『文学遺産』第1期、2024年、173-184、p. 177。
  181. ^ 『毛宗崗批評本三国演義』第65回. 中国哲学書電子化計画. 2023年12月21日閲覧, "關公之欲與馬超比試,非真欲與之比試也,欲借此以壓服其心也。[...]馬超新降,其視川中諸將無出我右,將不免於自矜。"
  182. ^ 上野隆三「『三国演義』における趙雲像」『中國文學報』第38号、1987年、86-114、pp. 102-104。
  183. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢演義』第86回, ウィキソースより閲覧, "馬超猛將,韓遂庸奴,兩人皆非曹操敵手。[...]超剛而遂愚,適墮操計,此用兵之所以尚謀也。" 
  184. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢演義』第87回, ウィキソースより閲覧, "[]魯將楊伯等,更欲害[]超,超當然憤悒。" 
  185. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢演義』第87回, ウィキソースより閲覧, "有勇無謀,如何保家?"; "馬超多勇無謀,卒致上害父母,下及妻孥;設非投入劉備,則其身尚不能保,遑問與曹操為敵乎?" 
  186. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢演義』第86回, ウィキソースより閲覧, "涼州參軍楊阜,進見曹操道:「馬超驍勇,不亞呂布[...]。」" 
  187. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢演義』第77回, ウィキソースより閲覧, "呂布之勇,足以敵曹操,而智謀之不逮操也遠甚!"; "[]操復說道:「[...]但呂布是一無謀匹夫,必為我敗,玄德放心,看我指日擒布。」" 
  188. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢演義』第86回, ウィキソースより閲覧, "[]遂計未始不是,但不若[]超計之完善。"; "[]操先輕視馬超,當引兵北渡時,危坐不動,微許褚之翼操下船,幾已為馬超所斃矣。及已知超勇,始用賈詡計議[...]。" 
  189. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢演義』第93回, ウィキソースより閲覧, "蜀將馬超,時已早歿,不略馬超。只有超從弟馬岱,從軍出征,岱勇略不及馬超,雖為蜀將,未堪大任,故[諸葛]亮得三郡,不復令再鎮涼州。" 
  190. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢演義』第86回, ウィキソースより閲覧, "馬騰闔門一二百口,並受誅夷,雖由超私忿忘親,畢竟是曹瞞毒手殺人,如刈草芥呢!一語斷定。" 
  191. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢演義』第86回, ウィキソースより閲覧, "以曹操為國家,都是被欺。" 
  192. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『後漢演義』第87回, ウィキソースより閲覧, "[]敘母亦一女丈夫,可惜見理未明。"; "[趙昂妻]又一奇婦人,但究不知誰為君父。"; "姜敘母及趙昂妻,名為勸忠,實則知其一不知其二,仍不過為婦人女子之見,無足取焉。" 
  193. ^ 『毛宗崗批評本三国演義』第64回. 中国哲学書電子化計画. 2024年5月12日閲覧, "[]敘之母不知討操者之非賊而助操者之為賊,此則其可惜者也。[...][]昂之妻助曹操以攻馬超,身幸免於死,而亦致其子於死。此又其可惜者也。雖然,郭嘉、程昱等輩,天下所稱智謀之士,猶然不明順逆,而何論於婦人哉?"
  194. ^ 仙石知子「毛宗崗本『三國志演義』における女性の忠」『東洋の思想と宗教』第32号、2015年、43-67、pp. 54-57。
  195. ^ 『四庫全書総目提要』巻144. 中国哲学書電子化計画. 2023年12月21日閲覧, "其書皆纂集異聞,亦洪邁《夷堅志》之流。每條必詳所說之人,以示徵信,則用蘇鶚《杜陽雜編》之例。"
  196. ^ 孫順霖「《耳談》整理小記」『殷都学刊』第3期、1990年、66-71、pp. 68–70。
  197. ^ 廖咸恵「墓葬と風水——宋代における地理師の社会的位置」上内健司訳、『都市文化研究』第10号、2008年、96-115、p. 102。
  198. ^ 水口拓寿「名墓の風水に「便乗」する者たち——中国寧波・東銭湖墓群の事例から」『お茶の水女子大学比較日本学教育研究センター研究年報』第7号、2011年、45-56、pp. 49-50。
  199. ^ 樊建瑩「民間風水信仰与伝統司法——基於「刁訟陳仲垣、陳傑二杖」案的考察」『許昌学院学報』第3期、2012年、113-116、p. 114。
  200. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『耳談』巻8「漢左将軍馬超墓」, ウィキソースより閲覧, "蜀新都縣少參楊公廷儀,為親侍郎公某卜墓地,掘土見崇碑題曰:「漢左將軍馬超之墓」,以為吉有驗,遂就之。忽夢超錦袍玉帶,言曰:「我漢將軍,勿奪我墓。」公不為動,復夢超戎裝彎弓,射中公左目。已,又夢射中公右目,相次目皆瞽而意逾堅。又夢超瞋目大怒,曰:「吾有以禍汝矣!」亡何,其家數幹人與數賈為偶匿賈金盡殺之。事覺,罪淩遲而蔓及公,罪棄市。" 
  201. ^ ウィキソース出典  (中国語) 『耳談』巻8「漢左将軍馬超墓」, ウィキソースより閲覧, "地以超貴,非超貴於地也。始超家族二百餘口盡誅於操,獨子秋留,依張魯,又為魯所殺。《蜀志》不言超後,則其滅絕可知。而甘禍殺身,為子孫圖所烏有,可謂過計。" 
  202. ^ 『耳談類増』巻29「漢将軍墓」. 中国哲学書電子化計画. 2024年5月6日閲覧, "何恠馬孟起射人目盲哉?"

参考文献

[編集]
  • 陳寿撰、裴松之注『三国志』
  • 白亮「東漢末年馬騰、韓遂軍事集団述論」『蘭州大学学報:社会科学版』第6号、2013年、160-164頁。 
  • 蔡美雲「《三国演義》対馬超形象的重塑」『陝西理工学院学報(社会科学版)』第3号、2010年、71-75頁。 
  • 古亜寧「東漢末到三国時期涼州各民族間的交流——兼論魏、蜀在涼州的博弈」『河西学院学報』第3号、2019年、56-62頁。 
  • 郭鵬 編『漢中地区志』 第三冊、三秦出版社〈陝西地方志叢書〉、2005年。ISBN 9787806289570http://dfz.shaanxi.gov.cn/sqzlk/xbsxz/sxdyl/hzs_16205/hzdqz_3/2024年1月6日閲覧 
  • 黄暁陽「蜀漢涼州“和戎”策略探析」『成都大学学報(社会科学版)』第3号、1992年、65-68頁。 
  • 劉林智「漢末至三国初期三輔地区的社会変遷」『中国史研究』第1号、2015年、113-134頁。 
  • 劉雁翔「蜀漢北伐戦略与涼州刺史設置」『天水師範学院学報』第6号、2009年、22-27頁。 
  • 勉県志編纂委員会 編『勉県志』地震出版社〈陝西地方志叢書〉、1989年。ISBN 9787502802905http://dfz.shaanxi.gov.cn/sqzlk/xbsxz/sxdyl/hzs_16205/mianxz/2024年1月6日閲覧 
  • 王希恩「漢末涼州軍閥集団簡論」『甘粛社会科学』第2号、1991年、71-75, 67頁。 
  • 薛海波「試論東漢中後期羌乱中的涼州武将群体」『西北師大学報(社会科学版)』第5号、2008年、72-77頁。 
  • 薛小林「西州与東漢政権的衰亡」『史学集列』第2号、2008年、46-53頁。 
  • 苑苑「両漢三国時期涼州刺史述論」『天水師範学院学報』第4号、2017年、50-54頁。 
  • 張東「馬超与蜀漢政権」『襄樊学院学報』第6号、2008年、78-81頁。 
  • 張紅波「馬超事件流変及《三国演義》成書」『沈陽師範大学学報:社会科学版』第6号、2010年、33-37頁。 
  • 張嵩「馬超“督臨沮”和“北督臨沮”地理位置考弁」『中北大学学報:社会科学版』第6号、2014年、112-120頁。 
  • 朱子彦「漢晋之際質任現象綜論」『歴史研究』第6号、2015年、43-60頁。 
  • 朱子彦、呂磊「論漢魏之際羌胡化的涼州軍事集団」『軍事歴史研究』第3号、2007年、107-117頁。 
  • de Crespigny, Rafe (2004). To Establish Peace: being the Chronicle of the Later Han dynasty for the years 201 to 220 AD as recorded in Chapters 64 to 69 of the Zizhi tongjian of Sima Guang. II (Internet ed.). Australian National University. ISBN 9780731525362. オリジナルの2006年8月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060825060727/http://www.anu.edu.au/asianstudies/decrespigny/peace2_index.html 

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]

中国中央テレビ(CCTV)の教養番組『百家講壇』において、四川大学教授の方北辰が講演を行ったもの。Youtubeの公式チャンネルからも視聴可能。