閻圃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
閻圃

平楽郷侯・建節将軍
出生 生年不詳
益州巴西郡安漢県
拼音 Yán Pǔ
不詳
主君 張魯曹操曹丕曹叡
テンプレートを表示

閻 圃(えん ほ、生没年不詳)は、中国後漢時代末期から三国時代にかけての政治家。益州巴西郡安漢県(現在の四川省南充市順慶区)の人。子は閻璞。孫は閻纘中国語版

正史の事績[編集]

張魯に仕えた。漢中の住民が張魯に玉印を献上したとき、張魯が漢寧王を名乗ろうとしたが、閻圃は「今も漢中で独立した勢力を維持し、財力も豊かで人民もよく我々の支配のもと、無事に生活しております。あえて王になることもありません」と諫めたという。建安20年(215年)、曹操が漢中に攻め込み、陽安関を陥落させた。張魯が慌てて降伏しようとしたが、これに対し閻圃は抗戦を主張した。ただしそれは勝算があってのことではなく、一度も戦わずに降伏すれば、曹操から軽く見られるという判断からであった。張魯はこれを受け入れ巴中へ逃れ、その後、南鄭へ入城した曹操が使者を派遣してくると、閻圃と共に降伏した。

これらの閻圃の実績は曹操から高く評価され、曹操にとって陪臣であったにもかかわらず、閻圃は張魯と共に平楽郷侯に封じられた。同時に馬超の妾であった董氏も与えられている(董氏の子であった馬秋中国語版は、張魯に殺害された)。黄初年間に閻圃は爵位・領地を加増され、朝議の席で礼遇される身分になったという。その後10年余りで死去したとあるため、没年は230年代前半と推測される。

『新唐書』宰相世系表によれば閻圃の一族は後の王朝でも活躍しており、唐代には宰相であり画家でもある閻立本を輩出している。

演義の閻圃[編集]

小説『三国志演義』でも閻圃は張魯の幕僚として登場する。しかし史実とは逆に、劉璋を倒した上で張魯に王位へつくよう進言している。曹操が漢中に進攻してくると、張魯に防衛の将として龐徳の起用を進言するが、同僚の楊松の讒言で張魯は龐徳を斬ろうとする。閻圃は懸命にこれを弁護している。その後、曹操に降伏し列侯に封じられるところは、史実と同様である。

参考文献[編集]