渡邉義浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡邊 義浩(わたなべ よしひろ、1962年1月4日[1] - )は、日本中国史学者、早稲田大学教授。

東京都生まれ。1991年筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科修了。「後漢国家の支配と儒教」で文学博士北海道教育大学講師、大東文化大学文学部助教授・教授、早稲田大学文学学術院教授。専門は中国古代史。三国志学会事務局長。

著書[編集]

  • 『後漢国家の支配と儒教』雄山閣出版、1995
  • 諸葛亮孔明 その虚像と実像』新人物往来社、1998 
    • 『諸葛孔明伝 その虚と実』新人物文庫、2011
  • 『三國政權の構造と「名士」』汲古書院、2004
  • 『「三国志」軍師34選』PHP文庫、2008
  • 『後漢における「儒教國家」の成立』汲古書院、2009
  • 『「三国志」武将34選』PHP文庫、2009
  • 『儒教と中国 「二千年の正統思想」の起源』講談社選書メチエ、2010
  • 『西晉「儒教國家」と貴族制』汲古書院、2010
  • 関羽 神になった「三国志」の英雄』筑摩選書、2011 
  • 『三国志 演義から正史、そして史実へ』中公新書、2011
  • 魏志倭人伝の謎を解く 三国志から見る邪馬台国』中公新書、2012 
  • 『「三国志」の政治と思想 史実の英雄たち』講談社選書メチエ、2012
  • 『十八史略で読む「三国志」』朝倉書店、2012
  • 『王莽 改革者の孤独』大修館書店、2012
  • 『三国志 ナビ』新潮文庫、2014
  • 『「古典中國」における文學と儒教』汲古書院、2015
  • 『三国志の魅力 英雄たちの「志」』汲古書院、2015
  • 『三国志 英雄たちと文学』人文書院、2015
  • 『一冊でまるごとわかる三国志』大和書房〈だいわ文庫〉、2016
  • 『三国志 運命の十二大決戦』祥伝社新書、2016
  • 『三國志よりみた邪馬臺國』汲古書院、2016
  • 『十八史略で読む史記 始皇帝・項羽と劉邦』朝倉書店〈漢文ライブラリー〉、2016
  • 『「古典中國」における小説と儒教』汲古書院、2017
  • 『三国志事典』大修館書店、2017

図解入門書[編集]

  • 図解雑学 三国志』ナツメ社、2000
  • 『図解雑学 諸葛孔明』ナツメ社、2002
  • 『図解雑学 三国志演義』ナツメ社、2007
  • 『図解雑学 宗教から見る中国古代史』ナツメ社、2007
  • 『三國志研究入門』日外アソシエーツ、2007。三国志学会監修、「日外選書fontana」
  • 『「三国志」最高のリーダーは誰か』ダイヤモンド社、2010
  • 『史上最強カラー図解 三国志のすべてがわかる本』ナツメ社、2010
  • 『図説 呉から明かされたもう一つの三国志』青春出版社・青春新書、2016

共編著[編集]

  • 『三国志研究要覧』中林史朗共著 新人物往来社、1996、新版2011
  • 『後漢紀』中林史朗共訳著 明徳出版社「中国古典新書続編」、1999 
  • 『三国志の舞台 世界歴史の旅』田中靖彦共著 山川出版社 2004 
  • 『図解雑学 中国』松金公正共著 ナツメ社 2004
  • 『両漢の儒教と政治権力』編 汲古書院 2005
  • 『両漢における易と三礼』編 汲古書院 2006
  • 『両漢における詩と三伝』編 汲古書院 2007
  • 『三国志 漢文講読テキスト』石井仁津田資久伊藤晋太郎・田中靖彦共編 白帝社 2008
  • 『両漢儒教の新研究』編 汲古書院 2008
  • 『「三国志」の女性たち』仙石知子共著 山川出版社 2010
  • 『知のユーラシア3 激突と調和 儒教の眺望』菅本大二共編 明治書院 2013
  • 『三国志「その後」の真実 知られざる孔明没後の後伝』仙石知子共著 SB新書 2016 
  • 『中国古代史入門 中華思想の根源がわかる!』 洋泉社・歴史新書 2016 
  • 陳寿 三国志 100分de名著』日本放送協会共編。NHK出版 2017。放送テキスト

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.354

参考[編集]

外部リンク[編集]