太守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

太守(たいしゅ)は、中国においてはの長官のことで、単にとも呼ばれた。尊称として「明府」または「府君」と呼ばれる。秦代に置かれた郡守を改称したもので、前漢中期から南北朝時代に置かれた。唐代の後期から五代になると太守の称号は使われなくなり、のち宋朝知府事明朝清朝知府の別称として用いられた。


転じて以下のように用いられている。

日本史[編集]

日本では、時代によって以下の者をさした。

訳語としての用例[編集]

その他、以下の例を初めとする、歴史上の諸国家における地方行政長官の官職名の訳語として用いられる。

関連項目[編集]