ナワーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ナワーブ (Nawab)は、インドにおける称号の一つ。アラビア語を起源とする語で、「代官」を意味し、太守とも訳される。女性の場合ナワーブ・ベーグム(Nawab Begum)となる。

概要[ソースを編集]

ナワーブの語はムガル帝国における各地の地方長官の称号であるが、この語は18世紀以降に普及した語であり、それまではスーバダールと呼ばれていた。18世紀以降、帝国の支配から独立したアワド太守ベンガル太守カルナータカ太守はこのナワーブの称号を持った。

なお、帝国の衰退に伴って各地のムスリム領主もまた、それぞれが役職に関係なくナワーブの称号を使用した。その例としては、バハーワルプルボーパールジュナーガドラームプルなどが挙げられる。

イギリス統治下では、ナワーブは藩王の称号の一つであり、ニザームマハーラージャと同様に使われた。なお、インドで富をなしたイギリス人ネイボッブと呼ばれた。

ナワーブの一覧[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]