ラームプル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラームプルヒンディー語:रामपुर、ウルドゥー語: رام پور‎、Rampur)は、インドウッタル・プラデーシュ州ラームプル県の都市。

歴史[編集]

ラームプルのイマームバーラー

古くはラージプートの支配する都市であったが、13世紀以降はデリー・スルターン朝との戦いが絶え間なく続き、1494年シカンダル・ローディーに征服された。

18世紀初頭、アフガン系ローヒラー族の族長アリー・ムハンマド・ハーンの拠点となり、ここを中心にローヒルカンドが支配された。

1774年から1775年ローヒラー戦争により、ローヒルカンドの全域がアワド太守の両国に併合され、残されたラームプル候の領土は藩王国として統治が委ねられた。

1857年インド大反乱が発生すると、ラームプル藩王国はイギリスに味方して鎮圧に尽力した[1]

人口[編集]

2011年の統計によると、人口は325,248人[2]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Rampur Archived 2008年5月18日, at the Wayback Machine. パブリックドメイン この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "要記事名. Encyclopædia Britannica (in English) (11th ed.). Cambridge University Press.
  2. ^ Census of India 2001: Data from the 2001 Census, including cities, villages and towns (Provisional)”. Census Commission of India. 2004年6月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]