ウッタル・プラデーシュ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウッタル・プラデーシュ州
Uttar Pradesh
उत्तर प्रदेश
اتر پردیش
インド国内の位置
(インド国内の位置)
基礎情報
Flag of India.svg インド
行政区 ウッタル・プラデーシュ州
州都 ラクナウ(Lucknow)
面積 238,566 km²
人口 2006年
 - 合計 190,891,000 人
 - 人口密度 689 人/km2
時間帯 インド標準時(IST)UTC+5:30
公用語 ヒンディー語ウルドゥー語
創立 1950年2月2日
州知事 アナンディベン・パテル(Anandiben Patel)
州首相 ヨギ・アディツアナス(Yogi Adityanath)
立法機関(議席数) 二院制(404+108)
略称ISO IN-UP
州政府公式ウェブサイト http://www.upgov.nic.in

ウッタル・プラデーシュ州(ウッタル・プラデーシュしゅう、Uttar Pradesh、ヒンディー語उत्तर प्रदेशウルドゥー語اتر پردیش、「北の州」の意)は、インドの州の一つ。インドの州の中でもっとも人口[1]が多く、面積は5番目である。州都はラクナウで、高等裁判所はイラーハーバードに置かれている。

地理[編集]

肥沃で人口密度の高いガンジス川流域の平原が大部分を占める。ネパールと国境を接し、ウッタラーカンド州ヒマーチャル・プラデーシュ州ハリヤーナー州デリーラージャスターン州マディヤ・プラデーシュ州チャッティースガル州ジャールカンド州ビハール州と接する。

歴史[編集]

かつてアワドअवधOudh)と呼ばれた地域は、その後en:Delhi Territory1803年 - 1832年)、en:Ceded and Conquered Provinces1805年 - 1834年)、en:Agra Presidency1834年 - 1836年)、en:North-Western Provinces1836年 - 1902年)、en:United Provinces of Agra and Oudh1902年 - 1921年)、en:United Provinces of British India1921年 - 1937年)、連合州英語版(UP州、1937年 - 1950年)と名称の変遷があったが、独立後の1950年1月25日その略称を引き継ぐ形で現地語名に改名された。

2000年11月9日にウッタラーンチャル州(現ウッタラーカンド州)を分割。

2021年8月12日までにガンジス川の水位が上昇して氾濫。約600もの村が孤立状態となる[2]

経済[編集]

ウッタル・プラデーシュ州に限ったことではないが、2010年代のインドにおいては極端な労働人口増が生じて就職難となった。2015年、州がお茶くみ係と警備員を368人募集したところ230万人(州の人口の約1%)が応募して話題となった[3]

ウッタルプラデーシュ州インドの地区[編集]

  1. Aligarh (Aligarh)
  2. Ayodhya (Ayodhya)[1] Faizabad
  3. Agra (Aagra)
  4. Ambedkar Nagar (Ambedkar Nagar)
  5. Azamgarh (Azamgarh)
  6. Amethi (Amethi)
  7. Amroha (Amroha)
  8. Auraiya (Auraiya)
  9. Bijnor (Bijnor)
  10. Ballia (Ballia)
  11. Balrampur (Balrampur)
  12. Bhadohi ([2])(/ Sant Ravidas Nagar)
  13. Badaun (Budaun)
  14. Barabanki (Barabanki)
  15. Basti (Basti)
  16. Bareilly (Bareilly /))
  17. Bahraich (Bahraich /))
  18. Bagpat (Bagpat)
  19. Bulandshahar (Bulandshahar)
  20. Banda (Banda)
  21. Chitrakoot (Chitrakoot)
  22. Chandauli (Chandauli)
  23. Deoria (Deoria /))
  24. Etawah (Etawah)
  25. Etah (Etah)
  26. Farrukhabad (Farrukhabad) /)
  27. Fatehpur (Fatehpur)
  28. Firozabad (Firozabad)
  29. Ghaziabad (Ghaziabad)
  30. Gorakhpur (Gorakhpur)
  31. Gautam Buddha Nagar (Gautam) (/ buddha nagar)
  32. Gonda (Gonda)
  33. Ghazipur (Ghazipur)
  34. Hathras (Hathras)
  35. Hamirpur (Hamirpur) /)
  36. Hardoi (Hardoi)
  37. Hapur (Hapur /))
  38. Jaunpur (Jaunpur)
  39. Jalaun (Jalaun)
  40. Jhansi (Jhansi)
  41. Kanpur Dehat (Kanpur dehat)
  42. Kushinagar (Kushinagar)
  43. Kanpur Nagar (Kanpur nagar)
  44. Kannauj (Kannauj)
  45. Kaushambi (Kaushambi)
  46. Kasganj (Kasganj)
  47. Lakhimpur Kheri (Lakhimpur kheri)
  48. Lucknow (/ lucknow [3]
  49. Lalitpur (Lalitpur)
  50. Muzaffarnagar (Muzaffarnagar /))
  51. Mahoba (Mahoba ))
  52. Mirzapur (Mirzapur [4])
  53. Moradabad (Moradabad ))
  54. Meerut (Meerut)
  55. Mau (Mau)
  56. Maharajganj ( Maharajganj /))
  57. Mathura (Mathura /))
  58. Mainpuri (Mainpuri)
  59. Prayagraj (Prayagraj) / former name - Allahabad)
  60. Pilibhit (Pilibhit)
  61. Pratapgarh (Pratapgarh)
  62. Raebareli (Raebareli)
  63. Rampur (Rampur)
  64. Sonbhadra (Sonbhadra)
  65. Shamli (Shamli)
  66. Saharanpur (Saharanpur)
  67. Sambhal (Sambhal)
  68. Sultanpur (Sultanpur)
  69. Sitapur (Sitapur)
  70. Sant Kabir Nagar (Sant kabir nagar)
  71. Siddharth Nagar (Siddharth nagar)
  72. Shahjahanpur (Shahjahanpur)
  73. Shravasti (Shravasti)
  74. Unnao (Unnao [5]
  75. Varanasi (Varanas/ i) [4]

主要都市[編集]

教育[編集]

大学[編集]

主要記事:w:List of institutions of higher education in Uttar Pradesh

観光[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 世界各国の人口順位で見てもウッタル・プラデーシュ州だけで世界6位に入り、インド国内総人口の約6分の1の人口を占める。これは日本の総人口の約1.5倍、中国最多の人口の河南省の約1.9倍、アメリカ最多の人口のカリフォルニア州の約5.2倍に相当する。
  2. ^ ガンジス川氾濫、数千人救助 インド北部”. AFP (2021年8月13日). 2021年8月12日閲覧。
  3. ^ 368人の求人に230万人の応募が殺到 インド北部”. CNN (2015年9月22日). 2018年10月8日閲覧。
  4. ^ https://lionjek.com/sitemap_index.xml

関連項目[編集]

外部リンク[編集]