インド標準時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

インド標準時Indian Standard Time - IST)はインド国内全域で使用されている標準時である。 1年を通してUTC+5:30である。

インドの標準時は東経82.5度の子午線にあるアラハバードを基準にしており、グリニッジ標準時とアラハバードの時間差はちょうど5時間30分である。

歴史[編集]

過去、インドにはボンベイ時間とカルカッタ時間の2つの標準時があったが、インドの地方標準時帯は1884年に確立され、インド標準時(IST)としては1905年から開始された。 しかし、ボンベイでは1955年まで、ISTより39分遅れの時間帯を使用していた。(UTC+4:51)

夏時間に関しては、1962年中印国境紛争および1965年第二次印パ戦争1971年第三次印パ戦争の間に使用されたが、現在は採用されていない。

IANAのTime Zone Database[編集]

IANATime Zone Databaseには、インドの標準時が1つ含まれている[1][2]

国コード 座標 時間帯ID 注釈 協定世界時との差 夏時間 備考
IN +2232+08822 Asia/Kolkata +05:30 +05:30

参照[編集]