シンガポール標準時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シンガポール標準時(シンガポールひょうじゅんじ、英語: Singapore Standard Time,SSTマレー語: Waktu Piawai Singapura,WPS中国語: 新加坡标准时间)はシンガポールで使用されている標準時協定世界時より8時間進んでいる(UTC+8)。夏時間はない。

歴史[編集]

イギリス領マラヤの一部であったシンガポールは英領マラヤ標準時(UTC+7:30)を使用していた。

第二次世界大戦が始まり、シンガポールが日本占領されると1942年2月15日に日本標準時UTC+9)に移行した。その後、第二次世界大戦が終結し、イギリスによる統治に戻ると再びマラヤ標準時を採用した。

マレーシア政府は1981年12月31日にマレー半島の時刻を30分進めて東マレーシアと時刻を統一し、UTC+8とすることを宣言した。これに合わせてシンガポールもUTC+8へ移行することとなり、香港台北北京マニラパースと同じ時間帯となった。そしてこの標準時をシンガポール標準時SST)とした。

使用期間 協定世界時(UTC、1972年1月1日以前はGMT)との差
1905年6月1日 – 1932年12月31日 UTC+7
1933年1月1日 – 1941年8月31日 UTC+7:20
1941年9月1日 – 1942年2月15日 UTC+7:30
1942年2月15日 – 1945年9月11日 UTC+9
1945年9月12日 – 1981年12月31日 UTC+7:30
1982年1月1日 - 現在 UTC+8

関連項目[編集]