イラン標準時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

イラン標準時(イランひょうじゅんじ、ペルシア語: ساعت رسمی ایران‎)はイランで使用されている協定世界時を3時間30分進めた(UTC+3:30標準時である。イラン標準時は東経52.5度の子午線を基準としている。

2005年から2008年の期間はマフムード・アフマディーネジャード大統領(当時)の決定により夏時間を実施しなかった[1][2]。夏時間は2008年3月21日に再開された。

夏時間[編集]

夏時間は、イラン暦のファルヴァルディーン月1日深夜~2日未明(グレゴリオ暦3月22日頃)に始まり、シャフリーヴァル月30日深夜~31日未明(グレゴリオ暦9月22日頃)に終わる。

夏時間を導入している多くの国では夏時間の開始日・終了日は曜日で決まっているが、イランでは日付で決まっているため、夏時間の開始日・終了日の曜日は当然ながら毎年異なる。

開始 終了
2014年 3月22日土曜日 00:00(IRST) 9月22日月曜日 00:00(IRDT)
2015年 3月22日日曜日 00:00(IRST) 9月22日火曜日 00:00(IRDT)
2016年 3月21日月曜日 00:00(IRST) 9月21日水曜日 00:00(IRDT)
2017年 3月22日水曜日 00:00(IRST) 9月22日金曜日 00:00(IRDT)
2018年 3月22日木曜日 00:00(IRST) 9月22日土曜日 00:00(IRDT)

標準時の変遷[編集]

使用期間 協定世界時との差 標準時の名称
1800年 – 1946年 UTC+3:25:44 イラン標準時(IRST)
1947年 – 1977年 UTC+3:30 イラン標準時(IRST)
1977年 – 1979年 UTC+4
UTC+5
イラン標準時(IRST)
イラン夏時間(IRDT)
1979年 – 1980年 UTC+3:30
UTC+4:30
イラン標準時(IRST)
イラン夏時間(IRDT)
1981年 – 1990年 UTC+3:30 イラン標準時(IRST)
1991年 – 2005年 UTC+3:30
UTC+4:30
イラン標準時(IRST)
イラン夏時間(IRDT)
2006年 – 2007年 UTC+3:30 イラン標準時(IRST)
2008年 – 現在 UTC+3:30
UTC+4:30
イラン標準時(IRST)
イラン夏時間(IRDT)

IANA time zone database[編集]

tz databasezone.tab英語版においてイランはAsia/Tehran英語版として含まれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Iran will not observe DST”. Presstv.ir (2007年3月20日). 2017年5月19日閲覧。
  2. ^ Time zone and daylight saving time for Iran – Tehran between 2010 and 2019”. Timeanddate.com. 2017年5月19日閲覧。