ジャンムー・カシミール連邦直轄領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャンムー・カシミール連邦直轄領
Jammu and Kashmir
ジャンムー・カシミール連邦直轄領 Jammu and Kashmirの公式印章
印章
Occupied Kashmir
インドの旗 インド
連邦直轄領の設置 2019年10月31日
主都 シュリーナガル(夏季)
ジャンムー(冬季)[1]
行政区画 20県英語版
行政
 • 種別 連邦直轄領政府英語版
 • 知事英語版 グリシュ・チャンドラ・ムロム英語版
 • 首相英語版 空席
 • 連邦直轄領議会英語版 一院制 (114議席) [2]
 • 第17期インド連邦議会 ラージヤ・サバー (4議席)
ローク・サバー (5議席)
 • 高等裁判所英語版 ジャンムー・カシミール高等裁判所英語版
面積
 • 合計 42,241km2
最高標高 7,135m
最低標高 247m
人口
(2011年)
 • 合計 12,258,433人
等時帯 UTC+05:30 (IST)
ISO 3166コード IN-JK
ナンバープレート JK
公用語 ウルドゥー語, ヒンディー語, 英語
その他の言語 カシミール語, ドーグリー語, パンジャーブ語, パハリ語, グジャール語, ダドリ語(Dadri),[4][5] en:Bhadarwahi,[6] バテラ語,[7] シナー語,[8] ブルシャスキー語,[9] and コワール語[10]
ウェブサイト http://jkgad.nic.in/

ジャンムー・カシミール連邦直轄領は、インド連邦直轄領ジャンムー・カシミール州の分割に伴って2019年10月31日に発足した。

連邦直轄領発足までの歴史的経緯[編集]

イギリス領インド帝国からインドが独立した際、カシミール地方を統治していたジャンムー・カシミール藩王国の藩王ハリ・シングインドへの帰属英語版を表明し、ジャンムー・カシミール藩王国はインド領のジャンムー・カシミール州となった。しかし、イスラム教徒が住民の多数を占めていたことからパキスタンも領有権を主張し、帰属権を巡って第一次印パ戦争が勃発した。

1949年に制定されたインド憲法第370条英語版でジャンムー・カシミール州には特別自治権[11]が認められてきたが、インド政府は2019年8月5日にこの特別自治権を剥奪する大統領令を公布[12]し、インターネット通信などを制限した[13]した。また、インド政府は議会ジャンムー・カシミール州再編成法英語版を提出、かねてから特別自治権の撤廃を主張してきた[11]インド人民党の賛成で承認され、8月9日に成立した。これに対して抗議するデモ隊と治安部隊の衝突などが起き[14][15]、パキスタンは住民への人権侵害と反発した[16]

ジャンムー・カシミール州再編成法の規定により、ジャンムー・カシミール州は2019年10月31日付けで廃止され、ラダック連邦直轄領ジャンムー・カシミール連邦直轄領とに分割された[17][18]

地理[編集]

ジャンムー・カシミール連邦直轄領の地形図

ジャンムー・カシミールにはカシミール渓谷やタウィ渓谷、シェナブ渓谷、プンチュ渓谷、シンド渓谷リダー渓谷などの渓谷がある[19]。カシミール渓谷は幅100km、面積15520.3km2、平均標高はおよそ1850mである[20]チベット高原とは北東部でヒマラヤ山脈により隔てられている[21]。また、渓谷の南部から西部にかけては平均標高約3000mのピール・パンジャル山脈英語版があり[22]ヒンドゥスターン平野とカシミール渓谷を隔てている[23]ジェルム川インダス川、ラービー川、タウィ川、シェナブ川は領内を流れている[24][25]

地方行政区分[編集]

ジャンムー・カシミール連邦直轄領はジャンムー地方カシミール渓谷地方の2地方から構成され、さらに20の県に細分される[26]

[編集]

地方 コード 県都 人口 (2011年) 面積 (km2) 人口密度 (/km2)
ジャンムー地方
カトゥアー県 KT カトゥアー 615,711 2,651 230
ジャンムー県 JA ジャンムー 1,526,406 3,097 650
サンバ県 サンバ 318,611 904 320
ユーダンプール県 UD ユーダンプール 555,357 4,550 120
リーシー県 リーシー 314,714 1,719 180
ラージャウリー県 RA ラージャウリー 619,266 2,630 240
プンチュ県 PO プンチュ 476,820 1,674 280
ドーダー県 DO ドーダー 409,576 11,691 160
ランバン県 ランバン 283,313 1,329 210
キシュトワール県 キシュトワール 231,037 1,644 30
合計 5,350,811 26,293
カシミール渓谷地方
アナントナーグ県 AN アナントナーグ 1,069,749 3,984 300
クルガム県 クルガム 423,181 1,067 400
プルワマ県 PU プルワマ 570,060 1,398 410
ショッピアン県 ショッピアン 265,960 612.87 430
バッジャン県 バッジャン 755,331 1,371 537
シュリーナガル県 SR シュリーナガル 1,250,173 2,228 640
ギャンダーボール県 ギャンダーボール 297,003 259 150
バンディポラ県 バンディポラ 385,099 398 1100
バラマラ県 バラマラ 1,015,503 4,588 305
カップワーラ県 KU カップワーラ 875,564 2,379 370
合計 6,894,279 15,948

主要都市[編集]

夏季の州都シュリーナガルは、カシミール地方最大の都市でインドの支配地域にある。冬季の州都はジャンムー市(ジャンム、ジャムとも表記されるが、原語で語末の音節は長母音である)。

注釈[編集]

  1. ^ パキスタンが実効支配しているギルギット・バルティスタン州及びアザド・カシミールの面積(78,114km2 (30,160 sq mi))、中華人民共和国が実効支配しているカラコルム回廊の面積( 5,180km2 (2,000 sq mi) )を含めない。

脚注[編集]

  1. ^ Desk, The Hindu Net (2017年5月8日). “What is the Darbar Move in J&K all about?” (英語). The Hindu. https://www.thehindu.com/news/national/other-states/what-is-the-darbar-move-in-j-k-all-about/article18409452.ece 2019年2月23日閲覧。 
  2. ^ https://www.livemint.com/news/india/new-dawn-for-j-k-begins-two-new-federal-units-take-shape-11572493040564.html
  3. ^ Saser Kangri - AAC Publications - Search The American Alpine Journal and Accidents”. Publications.americanalpineclub.org. 2019年2月14日閲覧。
  4. ^ Khan, N. (2012-08-06) (英語). The Parchment of Kashmir: History, Society, and Polity. Springer. p. 184. ISBN 9781137029584. https://books.google.com/books?id=RRbIAAAAQBAJ&lpg=PP1&pg=PA184#v=onepage&q&f=false 2019年2月23日閲覧。. 
  5. ^ Aggarwal, J. C.; Agrawal, S. P. (1995) (英語). Modern History of Jammu and Kashmir: Ancient times to Shimla Agreement. Concept Publishing Company. ISBN 9788170225577. https://books.google.com/books?id=XNqOjvaAb9cC&lpg=PP1&pg=PA6#v=onepage&q&f=false 2019年2月23日閲覧。. 
  6. ^ “Bhadrawahi” (英語). Bhadrawahi. http://www.ethnologue.com/language/bhd 2019年8月6日閲覧。. 
  7. ^ “Bateri” (英語). Bateri. http://www.ethnologue.com/language/btv. 
  8. ^ Crane, Robert I. (1956) (English). Area Handbook on Jammu and Kashmir State. University of Chicago for the Human Relations Area Files. p. 179. "Shina is the most eastern of these languages and in some of its dialects such as the Brokpa of Dah and Hanu and the dialect of Dras, it impinges upon the area of the Sino-Tibetan language family and has been affected by Tibetan with an overlay of words and idioms." 
  9. ^ “Pakistan's "Burushaski" Language Finds New Relatives” (英語). Pakistan's "Burushaski" Language Finds New Relatives. https://www.npr.org/2012/06/20/155454736/pakistans-burushaski-language-finds-new-relatives 2019年8月6日閲覧。. 
  10. ^ Simons, Gary F.; Fennig, Charles D. (2017) (English). Ethnologue: Languages of the World, Twentieth Edition. Dallas: SIL International. 
  11. ^ a b “インド最大野党が政権公約を公表、核政策見直しへ”. ロイター通信. (2014年4月7日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYEA3606020140407 2014年4月8日閲覧。 
  12. ^ “インド政府、ジャム・カシミール州の特別自治権を剥奪”. AFP通信. (2019年8月5日). https://www.afpbb.com/articles/-/3238581 2019年8月5日閲覧。 
  13. ^ “通信、通行の制限続く=カシミール自治権剥奪1カ月”. AFPBB. (2019年9月5日). https://www.afpbb.com/articles/-/3243227 2019年9月6日閲覧。 
  14. ^ “デモ隊と治安部隊衝突=数千人参加か-印カシミール”. 時事通信. (2019年8月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081601179 2019年11月20日閲覧。 
  15. ^ “「殴るくらいなら撃ち殺してくれ」 カシミール住民がインド軍の拷問を訴え”. BBC. (2019年8月30日). https://www.bbc.com/japanese/49519985 2019年11月20日閲覧。 
  16. ^ “「人権侵害」と印を非難 カシミール巡りパキスタン”. 日本経済新聞. (2019年9月20日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49652270Q9A910C1910M00/ 2019年11月20日閲覧。 
  17. ^ “10月末にカシミール州消滅 インド、連邦政府直轄地に”. 共同通信. (2019年8月10日). https://this.kiji.is/532668908785927265 2019年8月10日閲覧。 
  18. ^ “インド、カシミール自治権撤廃 パキスタン・中国は反発”. 朝日新聞デジタル. (2019年8月7日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASM871PPCM87UHBI001.html?iref=sp_ss_date 2019年8月10日閲覧。 
  19. ^ Vij, Shivam (2017年5月5日). “Kashmir Is A Prison With Three Walls”. HuffPost. 2019年8月9日閲覧。
  20. ^ Guruswamy, Mohan (2016年9月28日). “Indus: The water flow can’t be stopped”. The Asian Age. 2019年8月9日閲覧。
  21. ^ Andrei, Mihai (2019年3月11日). “Why India and Pakistan keep fighting over Kashmir — the history of the Kashmir conflict”. GME Science. 2019年8月9日閲覧。
  22. ^ Doorway of the gods: Himalaya crosses five countries”. The Hindu (2017年12月21日). 2019年8月9日閲覧。
  23. ^ Khan, Asma (2018年4月26日). “A Tryst of the Heart and History along the Karakoram Highway”. Greater Kashmir. 2019年8月9日閲覧。
  24. ^ Jhelum River”. Encyclopædia Britannica (2015年12月15日). 2019年8月9日閲覧。
  25. ^ Agencies (2019年7月29日). “Flooding alert issued as India releases water”. The Nation. 2019年8月9日閲覧。
  26. ^ Ministry of Home Affairs:: Department of Jammu & Kashmir Affairs”. 2008年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月28日閲覧。