アーンドラ・プラデーシュ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
アーンドラ・プラデーシュ州
ఆంధ్ర ప్రదేశ్
Andhra Pradesh
インド国内の位置
(インド国内の位置)
基礎情報
Flag of India.svg インド
行政区 アーンドラ・プラデーシュ州
州都 ハイデラバード(Hyderabad)~2024年まで
面積 160,205 km²
人口 2011年
 - 合計 約49,400,000 人
 - 人口密度 308人/km2
時間帯 インド標準時(IST)UTC+5:30
公用語 テルグ語ウルドゥー語
創立 1956年11月1日
知事 ラメシュワール・タクール(Rameshwar Thakur)
首相 ナラ・チャンドラバブ・ナイドゥ(Nara Chandrababu Naidu)
立法機関(議席数) 二院制(295+90)
略称ISO IN-AP
州公式ウェブサイト http://www.aponline.gov.in

アーンドラ・プラデーシュ州テルグ語: ఆంధ్ర ప్రదేశ్英語: Andhra Pradesh)は、インドの南東部にあるの一つ。

2014年6月に、従来の州都であったハイデラバードを含むテランガーナ地域が分割され、テランガーナ州が新設された[1]。移行措置として、テランガーナ州の州都となったハイデラバードに2024年までは引き続きアーンドラ・プラデーシュ州庁舎を据え置き、以降は州内のアマラーヴァティーへ州都を移転することが予定されている。

歴史[編集]

アーンドラ・プラデーシュ州の歴史は古く、紀元前2000年頃のヒンドゥー教神話であるマイトレーヤ・ブラーフマナ(Metteyya Brahmana)やプラーナス、および『ラーマーヤナ』、『マハーバーラタ』などのインド叙事詩の中に、その名を見出すことができる。

1000年カーカティーヤ朝が成立。1336年ヴィジャヤナガル王国が、1347年バフマニー朝がそれぞれ独立した。

1518年、デカン・スルターン朝のひとつゴールコンダ王国が独立。1724年ニザーム王国が独立。

1948年9月13日ポロ作戦でインドに併合された。

2014年、アーンドラ・プラデーシュ再編成法がインドの国会によって承認され、新たにテランガーナ州が発足した。

地理[編集]

アーンドラ・プラデーシュ州は、ゴーダーヴァリ川クリシュナ川という二つの大河川が州内を流れている。

地方行政区分[編集]

アーンドラ・プラデーシュ州は、13の県(ジッラール జిల్లాలు)に区分されている。

ラーヤラセーマ[編集]

  1. カルヌール県英語版 (కర్నూలు ; Kurnool)
  2. アナンタプル県 (అనంతపురం ; Anantapur)
  3. カダパ県 (కడప ; Cuddapah / YSR district)
  4. チットゥール県 (చిత్తూరు ; Chittoor)

沿岸アーンドラ[編集]

  1. トゥールプ・ゴーダーヴァリ県英語版 (తూర్పు గోదావరి ; East Godavari)
  2. グントゥール県 (గుంటూరు ; Guntur)
  3. クリシュナ県英語版 (కృష్ణ ; Krishna)
  4. ネッルール県英語版 (శ్రీ పొట్టి శ్రీరాములు నెల్లూరు జిల్లా ; Sri Potti Sri Ramulu Nellore)
  5. プラカーシャム県英語版 (ప్రకాశం ; Prakasam)
  6. シュリーカークラム県英語版 (శ్రీకాకుళం ; Srikakulam)
  7. ヴィシャーカパトナム県英語版 (విశాఖపట్నం ; Visakhapatnam)
  8. ヴィジャヤナガラム県英語版 (విజయనగరం ; Vizianagaram)
  9. パシュチマ・ゴーダーヴァリ県英語版 (పశ్చిమ గోదావరి ; West Godavari)

主要都市[編集]

州都ハイデラバード

経済[編集]

農業[編集]

アーンドラ・プラデーシュ州は、農業が盛んな地域である。煙草綿花唐辛子サトウキビが主に栽培されている。最近では植物油生産用にヒマワリやピーナッツが好まれる。しかしながら、灌漑設備をもたない零細農家、小作農家人口も多いため、州をまたいだ灌漑計画が多数ある。

生物工学・製薬[編集]

近年では、生物工学産業の育成に力を入れている。また、製薬の中心地でもあり、インド10大企業の半数がこの州にある。

IT産業[編集]

近年では、情報技術産業の育成にも力を入れている。このためソフトウェアの販売総額は、2004年度が37%、2005年度が62%の成長率で、2006年度にはインドのIT輸出総額の14%、年間45億ドルに達した。州都のハイデラバードはインド内第五の規模の都市である。インドにおける情報技術産業の成長、いわゆる「ブルーチップ革命 Blue Chip Revolution」の波に乗り、ハイデラバードでも情報技術産業が育成され、市内に展開する関連企業の数はインド全土で一、二を争うほどになり、「サイデラーバードゥ」(Cyber + Hyderabad) と呼ばれることもある。この他、ヴィシャーカパトナムヴィジャヤワーダにおいても情報技術産業の育成が図られている。

鉱業[編集]

鉱物資源はインド第2を誇り、石灰岩は300億トンを産出する。

インド・ウラン公社によって2011年Tummalapalle鉱山英語版カダパ)が開発された。

石油・エネルギー産業[編集]

クリシュナ・ゴーダーヴァリ堆積盆英語版には膨大な天然ガスと石油があり、沖合で開発中である。石炭も豊富にある。水力発電はインド第一位で、全体の11%を賄う。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]