ガーグラー川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネパールから流れるカルナリ川
ネパールの河川
カルナリ川はネパール西部を縦断するように流れ、インドにてガーグラー川に名が変わる

ガーグラー川あるいはカルナリ川 (ネパール語: कर्णाली Karṇālī [kʌrˈnɑːliː]; Hindi: घाघरा Ghāghrā [ˈɡʱɑːɡrɑː]) は、マーナサローワル湖附近のチベット高原を源流とする国際河川。ガガラ川(Ghaghara)、ガグラ川(Ghagra)、ゴグラ川(Gogra)、ガーグラ川(Ghāghra)、ガーガラー川(Ghāgharā)とも呼ばれる[1]

ネパールヒマラヤ山脈を横切って通り、インド・Brahmaghatでシャルダ川が合流する。合わせてガーグラ-川になって、ガンジス川の主な支流となっている。ネパール国内では全長507kmになり最長の川である。ガーグラー川の全長はビハール州Doriganjのガンジス川への合流地点までで10180kmになる。[2] これはガンジス川の支流としては最長で、二番目はヤムナー川である。 中国側ではK'ung-ch'iao Hoと呼ばれ、ネパールではカルナリあるいはカウリアラと呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ Ghāghara River - Britannica Online Encyclopedia
  2. ^ Jain, S.K., Agarwal, P.K., Singh, V.P. (2007) Hydrology and Water Resources of India Springer, The Netherlands. ISBN 1-4020-5179-4. book preview