アッサム州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
アッサム州
অসম
Assam
インド国内の位置
(インド国内の位置)
基礎情報
Flag of India.svg インド
行政区 アッサム州
州都 ディスプル
面積 78,438 km²
人口 2001年
 - 合計 26,655,528 人
 - 人口密度 340 人/km²
時間帯 インド標準時(IST)UTC+5:30
公用語 アッサム語ボド語(in Bodoland)[1]ベンガル語(in Barak Valley)カルビ語英語版[2]
創立 1947年8月15日
知事 シュリ・サイード・シブタイ・ラジ(Shri Syed Sibtey Razi)
首相 タルン・ゴゴイ(Tarun Gogoi)
立法機関(議席数) 一院制(126)
略称ISO IN-AS
州公式ウェブサイト http://assamgovt.nic.in/

アッサム州アッサム語: অসম ラテン文字転写: Ôxôm、英語: Assam)は、インド北東部にある州。北東インドの中核となっている。中心都市はグワーハーティーで、州都はグワーハーティーの衛星都市ディスプル

名称[編集]

アッサム州は歴史英語版によってさまざまな呼ばれ方をしている。以下の歴史にはそれらの呼び方を掲載した。括弧内には由来を書き込んである。

2006年2月27日にアッサム州は州名をイギリス人によって付けられたアッサムから植民地化以前のアソム州にすると発表した。

地理[編集]

ヒマラヤ山脈の麓にある。東はナガランド州マニプル州と、西はバングラデシュ西ベンガル州メーガーラヤ州と、南はミゾラム州トリプラ州と、北はブータン王国アルナーチャル・プラデーシュ州と、隣接している。

歴史[編集]

古代[編集]

伝説上の国としてプラーグジョーティシャ王国英語版en:Danava dynasty)が知られている。

中世[編集]

カーマルーパ王国英語版350年1140年

近世[編集]

同時代にen:Sutiya KingdomKamata Kingdomen:Kachari Kingdomが併存した三国時代となった。 1187年en:Deori peopleBirpalen:Sutiya Kingdomを建国。 西アッサムのKamata Kingdomen:Khen dynasty1185年1498年)を建国。西アッサムのクーチ・ビハール(現在クーチ・ビハール県にあたる一帯)にはチベット系・ビルマ系のクーチ族(コチ族)によるクーチ王朝英語版1515年1947年)があった。

13世紀アホム王国英語版(1228年 – 1826年)、アソム(現地民がアホム族と呼ぶタイ族系のシャン族による支配が始まる。

近代[編集]

17世紀にクーチ王朝英語版ムガール帝国に滅ぼされてアホム王国に吸収された。このときの東西の境界線が現在の西ベンガル州アッサム州の境界線の起源である。クチビハールはブータンからも侵攻を受け、プラッシーの戦い1757年)までブータンに臣従した(1680年 - 1772年)。) ビルマのアッサム侵攻英語版1817年1826年)によってビルマに併合される。 第一次英緬戦争英語版1824年-1826年)でイギリス東インド会社インド植民地に併合。 en:Anglo-Khasi War1829年 - 1833年)。

1867年en:Makumでの掘削で石油が発見される。 1914年、North-East Frontier Tracts (NEFT) を分離。中国(北京政府)との国境が係争地となり、マクマホンラインで知られる国境線が引かれた。 1947年パキスタンの分離独立に伴い、シレット管区(現バングラデシュ)が分離された。 1951年、NEFTを東北辺境地区英語版 (NEFA) に改称。

1959年中印国境紛争1966年ミゾ国民戦線英語版(MNF)によるミゾ独立運動が起こったが鎮圧され、組織は東パキスタン英語版(現バングラデシュ)のチッタゴン丘陵地帯に脱出した(en:March 1966 Mizo National Front uprising)。同地では後に、シャンティ・バヒーニー英語版(英語:Peace Force)によるチッタゴン丘陵地帯紛争英語版1977年 - 1997年)が発生した。 1972年、州再編でディスプル(グワーハーティーから約10キロメートルほど)が州都となる。メーガーラヤ州が分離。 1979年アッサム紛争英語版1987年アルナーチャル・プラデーシュ州が分離。 1990年トリプラ紛争英語版1993年ナガランド紛争ドイツ語版1997年タドウ語英語版を話すクキ族英語版パイテ族英語版の間でクキ・パイテ民族紛争 (1997年 - 1998年)英語版が勃発。 2012年アッサム暴動 (2012年)英語版

地理[編集]

アッサム州はT形に近い形状をしている。非常に湿度が高い気候で、雨季には多くの雨が降る。そのため、稲作が盛ん。

行政区分[編集]

アッサム州内の県[編集]

アッサム州内には以下の27の県 (District) が含まれる。

アッサム州の県
  1. バルペタ県英語版
  2. ボンガイガオン県英語版
  3. カチャル県英語版
  4. ダーラーング県英語版
  5. ディマージー県英語版
  6. ドゥブリー県英語版
  7. ディブルガッ県英語版
  8. ガルパラー県英語版
  9. ゴーラーガート県英語版
  10. ハイラーカーンディー県英語版
  11. ジョールハッ県英語版
  12. カールビー・オンロン県英語版
  13. カリムガンジー県英語版
  14. コークラージャー県英語版
  15. ラキンプール県英語版
  16. マリガオン県英語版
  17. ナーガオン県英語版
  18. ナルバーリー県英語版
  19. ディマハサオ県英語版(旧北カチャール・ヒルズ県、North Cachar Hills district)
  20. シヴァサガル県英語版
  21. ショーニトプール県英語版
  22. ティンスキヤ県英語版
  23. カームループ県英語版
  24. カームループ都市圏県英語版(カームループ県から分離)- グワーハーティー
  25. en:Baksa district
  26. en:Udalguri district
  27. en:Chirang district

住民[編集]

民族[編集]

アッサム人英語版アホム族ボド人英語版ボドランド英語版)、en:Bodo-Kachari peopleBaruaen:Dimasa peopleen:Karbi peopleen:Mishing peopleen:Sutiya Kingdomen:Sutiya Kingdomen:Sadiya

言語[編集]

州の公用語はアッサム語ボド語。このほかにベンガル語ネパール語ヒンディー語が多く使われる。また、一部地域(主にシレット管区に接するSurma Valley周辺)ではシルへティ語英語版が多く用いられる。

宗教[編集]

産業[編集]

石油[編集]

en:Oil India(旧アッサム石油)、ONGCにより油田が開発され、州内に、グワーハーティーen:Guwahati Refinery)、en:Digboien:Digboi Refinery)、en:Golaghat/en:NumaligarhNumaligarh Refinery)、en:Bongaigaonen:Bongaigaon Refinery)、4カ所の製油所を擁する。

[編集]

アッサム茶で有名。

脚注[編集]

  1. ^ Commissioner Linguistic Minorities”. 2007年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月1日閲覧。
  2. ^ http://assam.gov.in/glance.asp

外部リンク[編集]