アーホーム王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アーホーム王国
আহোম ৰাজ্য
Ahom kingdom
1226年 - 1826年 イギリス領インド帝国
アーホーム王国の国章
(国章)
アーホーム王国の位置
アーホーム王国の勢力範囲
公用語 アッサム語タイ語
首都 ガルガーオンシヴァサーガルジョールハートなど
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
成立 1226年
滅亡1826年

アーホーム王国[1](アーホームおうこく、アッサム語:আহোম ৰাজ্য Āhōm raājya、英語:Ahom kingdom)は、東インドアッサム地方に存在したヒンドゥー王朝1226年 - 1826年)。アーホーム朝とも呼ばれる。また、アッサム地方に存在したことからアッサム王国(Kingdom of Assam)とも呼ばれる。

歴史[編集]

1226年アーホーム族によって建国される。マオ王国の王子が9000人の従者を引き連れてアッサム地方に移住、王国を樹立したことによるものであった[2]

14世紀末、最盛期を迎えた。

17世紀ムガル帝国の皇帝シャー・ジャハーンや将軍ミール・ジュムラーによる攻撃を受けたものの、独立を保った。

ビルマのアッサム侵攻英語版1817年1826年)により、ビルマコンバウン朝により征服される。

1825年、第一次ビルマ戦争の結果、 イギリスによってビルマの支配からは解放された。だが、1826年にその領土はヤンダボ条約によりに併合された[3]

出典・脚注[編集]

  1. ^ アホム王国、アホーム王国とも呼ばれる。
  2. ^ Gait, Edward. A History of Assam. Thacker, Spink and Co. Calcutta, 1906. pg 96
  3. ^ Imperial Gazetteer2 of India, Volume 22, page 352 -- Imperial Gazetteer of India -- Digital South Asia Library”. dsal.uchicago.edu. 2014年1月28日閲覧。

関連項目[編集]