シヴァサーガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • シヴァサーガル
  • シヴサーガル
  • シブサーガル
シヴァサーガルの寺院

シヴァサーガルアッサム語:শিৱসাগৰ、英語:Sivasagar)は、インドアッサム州シヴァサーガル県の都市。シヴサーガル(Sivsagar)、シブサーガル(Sibsagar)とも呼ばれる。

歴史[編集]

シヴァサーガルはかつてはラングプルとして知られ、1699年から1788年にかけてはアーホーム王国の都であった。

アーホーム王国は1819年ビルマコンバウン朝に征服されるまで、6世紀に渡りアッサム地方支配した [1]

1825年、このビルマの支配はイギリスによって解放されたが、翌1826年に無政府状態を理由にヤンダボ条約でイギリス領に併合された[2]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]