ゴール朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴール朝
ガズナ朝 1117年 - 1215年 奴隷王朝
クルト朝
ゴール朝の位置
公用語 ペルシア語
首都 フィールズクーフ英語版ヘラートガズナラホール
^君主
1117年 - 1146年 イシュズ・ウッディーン・フサイン1世
1149年 - 1161年 アラー・ウッディーン・フサイン2世フランス語版
1163年 - 1203年 ギヤースッディーン・ムハンマド
1203年 - 1206年 シハーブッディーン・ムハンマド
1206年 - 1210年 ギヤースッディーン・マフムード
変遷
不明 xxxx年xx月xx日
滅亡 1215年
イランの歴史
イランの歴史
エラム
ジーロフト文化英語版
マンナエ
メディア王国
ペルシア帝国
アケメネス朝
セレウコス朝
アルサケス朝
サーサーン朝
イスラームの征服
ウマイヤ朝
アッバース朝
ターヒル朝
サッファール朝
サーマーン朝
ズィヤール朝
ブワイフ朝 ガズナ朝
セルジューク朝 ゴール朝
ホラズム・シャー朝
イルハン朝
ムザッファル朝 ティムール朝
黒羊朝 白羊朝
サファヴィー朝
アフシャール朝
ザンド朝
ガージャール朝
パフラヴィー朝
イスラーム共和国

ゴール朝ペルシア語 : غوريان Ghūrīyān)は、現在のアフガニスタンに興り、北インドに侵攻してインドにおけるムスリムの最初の安定支配を築いたイスラム王朝11世紀初め頃 - 1215年)。グール朝とも表記し、王家はシャンサブ家という。

概要[編集]

ゴール朝の先祖[編集]

シャンサブ家を首長とするシャンサバーニー族は、現在のアフガニスタン中部、ハリー川英語版パシュトー語: هري رود - Harī Rūd - ハリー・ルード、ラテン語: Tarius)上流にあたるヘラートの東の山岳地帯ゴール地方(グール、マンデーシュとも)に居住しイラン系の言語を話していた人々で、地名からゴール人あるいはグール人と呼ばれたため、王朝の名が起こった。王統の起源については詳しいことは不明であるが、ゴール朝滅亡後にまとめられた年代記によると、その先祖は第4代正統カリフアリーの時代にイスラム教に帰依し、バンジー・シャンサバーニーのとき、アッバース朝ハールーン・アッ=ラシードによってゴール地方の領主に定められたという。

確実なところでは11世紀初頭頃に歴史上にあらわれ、ガズナ朝の英主マフムードの遠征を受けてガズナ朝に服属した。その後、ガズナ朝衰退後の11世紀末にガズナ朝とセルジューク朝との緩衝地帯になったことから自立し、1099年に独立を認められたが、1108年にはアフガニスタン北西部からイランにかけてのホラーサーンに拠るセルジューク朝のサンジャルによる支配を受け、セルジューク朝に服属した。

ゴールの地方勢力であった頃のゴール朝は、シャンサバーニー族の部族制国家の性格が強く王朝内部の争いがしばしば起こったが、12世紀には、王家の一員クトゥブッディーンが兄弟たちの争いからガズナの宮廷に逃れたところ毒殺される事件があった。また、この事件の後には、ゴール朝のサイフッディーンは一時ガズナを占領したもののガズナ朝を支持する民衆たちの反感からまもなく捕虜となって処刑され、ゴール朝とガズナ朝は対立を深めた。

アラーウッディーンの勃興[編集]

1150年に至り、ゴール朝のアラー・ウッディーン・フサイン2世フランス語版(ʿAlāʾ-ud-Dīn Ḥusayn II)は、カンダハール付近の戦いで、ガズナ朝のバフラーム・シャー英語版に大勝した。この戦いで、歩兵を中心としたゴール軍は、防御用の盾を連ねて堅固な陣地を築いてガズナ軍の戦象隊を食い止め、攻撃の決定力をもたないガズナ軍をさんざんに打ち破り、ガズナを最終的に奪ってガズナ朝をホラーサーン・アフガニスタンからインド方面へと追った。ガズナへ入城したゴール軍は積年の恨みを晴らさんばかりに略奪、蹂躙の限りを尽くし、ガズナの歴代スルタンの遺骸まで掘り出して焼いたという。これによってゴール朝は、カーブルからガズナまで現在のアフガニスタン東部を広く支配することとなり、自立、発展の基礎を築いた。ゴール朝の君主はそれまでマリクあるいはアミールと称していたが、こののちスルタンを称するようになり、儀礼用の日傘を用いるようになった。

1152年、ゴール朝はセルジューク朝への貢納を停止し公然とこれに宣戦したが、テュルク系の兵力がセルジューク朝側に降ったため惨敗し、アラーウッディーンは捕虜になった。しかし、まもなくセルジューク朝のサンジャルトゥルクマーン遊牧民(オグズ)との戦いで捕虜となったことをきっかけにセルジューク朝のホラーサーン政権は無力化し、西のホラーサーンが政治的空白地帯になったため、ゴール朝は急速な勢力拡大に向かう。

アラーウッディーンは、シャンサブ王家の王族の間で領域を三分割支配する体制を築き、ゴール地方のフィールズクーフ英語版[1]を宗家が支配し、ガズナとバーミヤーン(Bamiyan Branch)をそれぞれ分家が支配するようになった。バーミーヤンのゴール朝は西方に勢力を伸ばしてアム川流域にいたる地方を支配し、ガズナの分家がインド支配を企てることになる。

最盛期[編集]

アラーウッディーンの死後、王位を奪手中に収めた甥のギヤースッディーン・ムハンマドがゴールを支配し、弟のシハーブッディーン(ムイッズッディーン、ムハンマド・ゴーリーとも)がガズナを支配した12世紀後半から13世紀初頭に、ゴール朝は最盛期を迎えた。

兄弟は連携して領域を拡大し、ギヤースッディーンは弟と協力して1186年ラホールにいたガズナ朝を滅ぼした。北では、1190年ホラズムからホラーサーンに支配を広げつつあったホラズム・シャー朝を破ってその君主を捕虜とし、1198年にはカラキタイ(西遼)の侵入を撃退した。こうして1200年には、ホラーサーンの大半を支配することに成功し、ニーシャープールにホラーサーン総督を置いた。

一方、弟のシハーブッディーンはラホールからインド奥深くへと侵攻し、1191年にはタラーインの戦いラージプート軍を破り、ベンガルまで軍を進めて事実上の北インド支配を達成した。

ゴール朝の国力が絶頂となったギヤースッディーンの治世には、王朝の本拠地ゴールやヘラートで盛んに建設事業が行われた。中でもゴール地方のハリー川英語版支流のほとりに立つジャームのミナレットは現存し、世界遺産に登録されている。

Ghor Branchとデリー・スルタン朝の成立[編集]

1203年、ギヤースッディーンが病没すると弟のシハーブッディーンがその後を継いで西方経営に力を注いだが、ホラズム・シャーとカラキタイに敗れ、へラートを除くホラーサーンのほとんど全土を失った。

1206年にシハーブッディーンがインド遠征の帰途に陣没すると、ギヤースッディーンの息子であるギヤースッディーン・マフムードが王位を継いだが、支配下のゴール人やアフガン人の歩兵軍団と、テュルク系の奴隷身分出身のマムルーク騎兵軍団がそれぞれ後継者を擁立した。北インドに残されていたマムルークの将軍・クトゥブッディーン・アイバクは自立してインドに奴隷王朝を開いた。これ以降、デリーを中心にデリー・スルタン朝と総称されるムスリムの王朝が5代続き、そのもとでインドのイスラム化が進んだ。

1210年にギヤースッディーン・マフムードが暗殺されると、バハー・ウッディーン・サーム2世カタロニア語版が擁立され(Ghor Branchが成立)、これ以降、互いに争いを繰り返したためゴール朝は急速に解体に向かった。

滅亡[編集]

1215年に最後の君主・アラー・アッディーン・ムハンマド4世がホラズム・シャー朝の君主・アラーウッディーン・ムハンマドによって廃され、ゴール朝は滅亡した。

1245年にギヤースッディーン・ムハンマドの封臣の一族であるクルト家のシャムスッディーン・ムハンマドは、クルト朝ホラサーンで興した。

歴代君主[編集]

  1. イシュズ・ウッディーン・フサイン1世(在位:1117年1146年
  2. シャイフ・ウッディーン・スーリー(在位:1146年-1149年) - フサイン1世の子
  3. バハー・ウッディーン・サーム1世(在位:1149年) - フサイン1世の子
  4. アラー・ウッディーン・フサイン2世フランス語版(在位:1149年-1161年) - フサイン1世の子
  5. シャイフ・ウッディーン・ムハンマド1世(在位:1161年-1163年) - フサイン2世の子
  6. ギヤースッディーン・ムハンマド(在位:1163年-1203年) - サーム1世の子
  7. シハーブッディーン・ムハンマド(在位:1203年-1206年) - サーム1世の子
  8. ギヤースッディーン・マフムード(在位:1206年-1210年) - ギヤースッディーン・ムハンマドの子

Ghor Branch[編集]

  1. Mahmud bin Ghiyāṣ-ud-din Muhammad bin Sām (ca)(在位:1206年1212年
  2. バハー・ウッディーン・サーム2世カタロニア語版(在位:1212年1213年) - マフムードの子
  3. アラー・ウッディーン・アトシーズカタロニア語版(在位:1213年1214年) - フサイン2世の子
  4. アラー・ウッディーン・ムハンマド4世(在位:1214年-1215年) - フサイン2世の孫

Bamiyan Branch[編集]

  1. ca:Fakhr al-Din Masud(在位:1152年-1163年
  2. ca:Xams al-Din Muhàmmad(在位:1163年-1192年
  3. バハー・ウッディーン・サーム1世カタロニア語版(在位:1192年-1206年
  4. ca:Djalal al-Din Ali(在位:1206年-1215年

脚注[編集]

  1. ^ 後にジャームのミナレットが建てられた場所と推定されている。