東ガンガ朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリッサ地方

東ガンガ朝(ひがしガンガちょう、英語:Eastern Ganga dynasty)とは、5世紀末から15世紀前半にかけて、東インドオリッサ地方に存在したヒンドゥー王朝(5世紀末 - 1434年)。南インドマイソール地方(現カルナータカ地方)にも、同名の西ガンガ朝英語版350年 - 1000年)が存在したため、この王朝は区別して、「東ガンガ朝」と呼ばれている。首都はカリンガナガル

歴史[編集]

成立[編集]

東ガンガ朝は5世紀末まで起源をさかのぼる、とても歴史の長い王朝であった[1]

この王朝の記録が明確に現れるようになったのは、9世紀末のインドラヴァルマンの治世からである。

最盛期と内乱[編集]

ジャガンナート寺院

アナンタヴァルマンはこの王朝のもっとも偉大な王で、その72年にわたる長い治世、この王朝は最盛期を迎え、北はガンジス川、南はゴーダヴァリー川に至るまでの、広大な大帝国を築いた[2]

また、12世紀オリッサプリーに現在にまで残る巨大なヒンドゥー寺院、ジャガンナート寺院英語版を建設したのも、彼の業績の一つである[3]。 だが、アナンタヴァルマンの死後、1147年から1178年まで31年間、王位は空位であり、おそらくは王位継承をめぐって争いがあったと考えられる。

結局、1178年にアナンタヴァルマンの息子ビーマ・デーヴァ2世が王位につき、戦争は終結したが、この間に南西ベンガルは、ベンガル地方セーナ朝の支配下にはいっていた。南西ベンガルは二度と東ガンガ朝の領土には戻らなかった[4]

デリー・スルターン朝との戦い[編集]

オリッサのコナーラクにあるスーリヤ・マンディル(太陽神殿)。ナラシンハ・デーヴァ1世の治世に建てられた。

11世紀末、ゴール朝インド方面の司令官アイバクは、北インドを制圧し、その武将ムハンマド・バフティヤール・ハルジーがセーナ朝を蹂躙してベンガル地方を手にした。そして、1200年以降オリッサに侵入してきたが、ビーマ・デーヴァ2世の孫ラージャラージャ2世はこれを撃退した[5]

1216年から1235年かけて、息子ビーマ・デーヴァ3世も同様に、デリー・スルターン朝奴隷王朝の軍を撃退している[6]

その息子ナラシンハ・デーヴァ1世の治世は反撃に出て、1243年に奴隷王朝の支配するベンガル地方に侵攻し、その守備軍の指揮官を討ち、ベンガルの首府ガウル(ラクナワティ)の門前にまで来た[7]。だが、アワド地方から多数援軍が到着しつつあることをある知り、彼は帰還した[8]。ナラシンハ・デーヴァ1世は奴隷王朝と4度以上戦い、最後の戦いでは敗れてしまい、オリッサの領土に侵攻された[9]。この王はコナーラクの寺院を建設したことで知られている。

だが、その孫ナラシンハ・デーヴァ2世はナラシンハ・デーヴァ1世の治世に奪われたオリッサの領土を奪還した[10]。それだけではなく、南西ベンガルから奴隷王朝の勢力を追い払い、ガンジス川にまで侵攻した[11]。彼は1296年にガンジス川の土手から勅令を発している。

1323年トゥグルク朝の軍司令官ウルグ・ハーンは、デカンカーカティーヤ朝を滅ぼし、南インドホイサラ朝を再服従させたあと、西からオリッサに侵攻した[12]。だが、ナラシンハ・デーヴァ2世の息子バーヌ・デーヴァ2世に撃退された[13]

このように、東ガンガ朝の歴史はデリー・スルターン朝との絶え間ない戦いにあり、その独立を守るために戦い続けなければならなかった。

衰退・滅亡[編集]

ジャガンナート寺院

ナラシンハ・デーヴァ3世の治世、1334年以降、ムハンマド・ビン・トゥグルクの失政により、トゥグルク朝から多数の地方長官が独立したが、ここから東ガンガ朝は衰退していった[14]

バーヌ・デーヴァ3世の治世、東ガンガ朝の領土はベンガル・スルターン朝ヴィジャヤナガル王国といった新興勢力の標的となり、さらには1358年から1359年にベンガル・スルターン朝に遠征していたフィールーズ・シャー・トゥグルク率いるトゥグルク朝の軍勢にも攻撃された[15][16]。フィールーズ・シャーの軍勢は1360年にビハールからオリッサに侵入したのち、首都を占領し、多くの人々を殺害したばかりか、ジャガンナート寺院を略奪した[17][18]

その息子ナラシンハ・デーヴァ4世の治世には、バフマニー朝マールワー・スルターン朝ジャウンプル・スルターン朝からの遠征軍を受け、王朝は衰退したが、攻撃に耐え抜いて独立を守った[19]

1424年ナラシンハ・デーヴァ4世の死後、息子のバーヌ・デーヴァ4世が即位したが、王国の実権は宰相のカピレーンドラに握られた[20]

1434年、宰相カピレーンドラはバーヌ・デーヴァ4世を廃して、ガジャパティ朝を樹立し、10世紀続いた東ガンガ朝はその歴史に幕を閉じた[21]

歴代君主[編集]

ジャガンナート寺院
  • インドラヴァルマン(Indravarman, 在位:? - 893年)
  • デーヴェーンドラヴァルマン4世(Devendravarman IV, 在位:893年 - ?)
  • ヴァジュラハスタ・アナンタヴァルマン(Vajrahasta Anantavarman, 在位:1038年 - ?)
  • ラージャラージャ1世(Rajaraja I, 在位:? - 1078年)
  • アナンタヴァルマン(Anantavarman, 在位:1078年 - 1147年)
  • ビーマ・デーヴァ2世(Bhima Deva II, 在位:1178年 - 1198年)
  • ラージャラージャ2世(Rajaraja II, 在位:1198年 - 1211年)
  • ビーマ・デーヴァ3世(Bhima Deva III, 在位:1211年 - 1238年)
  • ナラシンハ・デーヴァ1世(Narasimha Deva I, 在位:1238年 - 1264年)
  • バーヌ・デーヴァ1世(Bhanu Deva I, 在位:1264年 - 1279年)
  • ナラシンハ・デーヴァ2世(Narasimha Deva II, 在位:1279年 - 1306年)
  • バーヌ・デーヴァ2世(Bhanu Deva II, 在位:1306年 - 1328年)
  • ナラシンハ・デーヴァ3世(Narasimha Deva III, 在位:1328年 - 1352年)
  • バーヌ・デーヴァ3世(Bhanu Deva III, 在位:1352年 - 1378年)
  • ナラシンハ・デーヴァ4世(Narasimha Deva IV, 在位:1378年 - 1424年)
  • バーヌ・デーヴァ4世(Bhanu Deva IV, 在位:1424年 - 1434年)

脚注[編集]

  1. ^ チョプラ『インド史』、p.78
  2. ^ チョプラ『インド史』、p.78
  3. ^ チョプラ『インド史』、p.78
  4. ^ チョプラ『インド史』、p.78
  5. ^ チョプラ『インド史』、p.79
  6. ^ チョプラ『インド史』、p.79
  7. ^ チョプラ『インド史』、p.79
  8. ^ チョプラ『インド史』、p.79
  9. ^ チョプラ『インド史』、p.79
  10. ^ チョプラ『インド史』、p.79
  11. ^ チョプラ『インド史』、p.79
  12. ^ チョプラ『インド史』、p.79
  13. ^ チョプラ『インド史』、pp.79-80
  14. ^ チョプラ『インド史』、p.80
  15. ^ チョプラ『インド史』、p.80
  16. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』年表、p.28
  17. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.169
  18. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』年表、p.28
  19. ^ チョプラ『インド史』、p.80
  20. ^ チョプラ『インド史』、p.80
  21. ^ チョプラ『インド史』、p.80

参考文献[編集]

  • P・N・チョプラ; 三浦愛明訳 『インド史』 法蔵館、1994年 
  • サティーシュ・チャンドラ; 小名康之、長島弘訳 『中世インドの歴史』 山川出版社、2001年 
  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]