ラホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラホール
لاہور
لهور
Lahore
パキスタンの旗
Badshahi Mosque July 1 2005 pic32 by Ali Imran.jpg
位置
の位置図
座標 : 北緯31度32分59秒 東経70度24分37秒 / 北緯31.54972度 東経70.41028度 / 31.54972; 70.41028
行政
パキスタンの旗 パキスタン
  パンジャーブ州
 市 ラホール
City Nazim M.Omer
地理
面積  
  市域 1,772km2(684mi2
標高 217m(712ft
人口
人口 (2007年現在)
  市域 6,319,000人
    人口密度   3,566人/km2(9,238人/mi2
その他
市外局番 042
公式ウェブサイト : http://www.lahore.gov.pk/

ラホールLahoreウルドゥー語لاہورパンジャーブ語لہور)は、パキスタン北部のパンジャーブ地方、ラーヴィー川の岸辺に位置するインドとの国境付近にある都市。面積1,772 km²、2010年都市的地域の人口では711万人である[1]

豊かな歴史を誇り、ムガル帝国時代や植民地時代の建築物が保存されている。ムガル帝国時代の建築物には、バードシャーヒー・モスクラホール城シャーラマール庭園ジャハーンギールとその妃ヌール・ジャハーンの廟などがあり、観光地となっている。英国によって建設された植民地時代の建築物であるラホール高等裁判所、中央郵便局 (GPO)、またそれ以前から残る多くの大学もムガル・ゴシックスタイルを残している。

パンジャーブ語がラホールでは最も広範に話される言語であるが、ウルドゥー語英語も特に若い世代には普通に用いられる。ラホールのパンジャーブ語話者は、特に「ラホーリー・パンジャービー」として知られ、ウルドゥー語で話していてもパンジャーブ語が混じったような混成的口語を話すのが特徴的である。2006年のセンサスによれば、ラホールの人口は1千万に達すると推定されている。パキスタンではカラチに次ぐ第二の都市となる。

歴史[編集]

11世紀ガズニ朝に征服され、そのガズニ朝が、1150年に、ゴール朝カンダハール付近の戦いで敗れて、首都ガズニを占領されるとこの町に遷都した。しかし、1186年にガズニ朝はついにゴール朝に滅ぼされた。1241年にモンゴル軍によって破壊され、略奪を受け、1398年にもティムールによって、再び破壊された。

ムガル帝国の第3代皇帝アクバルによって現在のラホール城が建設された。ラホール城はアクバルの後継者のムガル皇帝たちによって増築された。うち、「40柱の間」と呼ばれるディーワーネ・アーム(公謁殿)は、5代皇帝シャー・ジャハーンによって築かれたもので、歴代のムガル皇帝が「臣民」の拝謁を受け、彼らの請願を聞いたり、訴訟の解決に当たったりしたという。

また、シャー・ジャハーン帝は、1642年にシャーラマール庭園を築いた。現在は、市内に組み込まれているが、当時は市街から8kmほど郊外にあったという。『クルアーン』が描く天上の楽園の現世における実現を意識して造営されたという。

1673年には、アウラングゼーブによって、バードシャーヒー・モスクが築かれた。これは、ラホールのジャーミー・マスジド金曜モスク)として造られたもので、インド亜大陸の4大モスクのひとつと言われる。ラホール城とシャーラマール庭園は、1981年にユネスコ世界遺産に登録されている。

文化遺産[編集]

かつて、ムガル帝国の首都であった事もあり、数多くの文化遺産が残されている。

  • ラホール城 - 第3代皇帝アクバルの時代より、建設が開始された城塞。完成は、第6代皇帝アウラングゼーブの時代である。世界遺産。
  • バードシャーヒー・モスクen) - ラホール城の西門であるアーラムギーリー門の向かいにあるモスク。パキスタンでは最大規模のモスクである。落成式は、1674年。時の皇帝は、アウラングゼーブであった。
  • スネーリー(ゴールデン)・モスク(en) - 1753年、ラホールの代議員の手によって建設されたモスクで、旧市街の東側に位置する。
  • ワズィール・ハーンのモスクen) - 1634年、シャー・ジャハーンの侍医を務めたワズィール・ハーンによる建築。
  • ダーター・ダルバール(en) - 11世紀のスーフィー聖者ダーター・ガンジ・バフシュを祀る墓廟。このほか敷地内には彼の名にちなんだジャーミヤ・ハジュヴェーリヤというモスクがある。
  • ジャハーンギール廟en) - 第4代皇帝ジャハーンギールが眠る。1637年に建設された。かつては、1000パキスタン・ルピー紙幣にも採用されていた。
  • アクバルのキャラバンサライ - 第3代皇帝アクバルが設けた隊商宿。ジャハーンギール廟のそばにある。
  • アーシフ・ハーン廟 - 第5代皇帝シャー・ジャハーンの妻ムムターズ・マハルの父であるアーシフ・ハーン(en)の墓。
  • ヌール・ジャハーン廟 - 第4代皇帝ジャハーンギールの妻、ヌール・ジャハーンの墓。
  • シャーラマール庭園 - シャー・ジャハーンの手により建設された。世界遺産。

交通[編集]

その他[編集]

  • ラホール博物館 - 苦行する釈迦像などを所蔵。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Demographia: World Urban Areas & Population Projections
  2. ^ Council okays peace committees: Lahore and Chicago to be declared twin cities.”. The Post (2007年1月28日). 2007年5月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k No committee to develop ties with Lahore’s twins”. Daily Times of Pakistan (2007年3月2日). 2012年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g Lahore Sister Cities”. Chicago Sister Cities International Program. 2008年2月8日閲覧。
  5. ^ Musharraf holds talks with Cordoba's leaders”. Associated Press of Pakistan (2007年4月26日). 2008年2月8日閲覧。
  6. ^ Lahore & Chicago”. Chicago Sister Cities International Program. 2008年2月8日閲覧。
  7. ^ Lahore and Chicago declared sister cities”. City District Government of Lahore. 2008年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]