グアダラハラ (メキシコ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グアダラハラ
Guadalajara
メキシコの旗
グアダラハラの市旗 グアダラハラの市章
Municipio Municipio
愛称 : 西部の真珠
位置
の位置図
座標 : 北緯20度40分0.17秒 西経103度21分1.23秒 / 北緯20.6667139度 西経103.3503417度 / 20.6667139; -103.3503417
歴史
設立 1542年
行政
メキシコの旗 メキシコ
  ハリスコ州
 Municipio グアダラハラ
市長 Jorge Aristóteles Sandoval Díaz
PRI
地理
面積  
  Municipio 151 km2 (58.3 mi2)
  都市圏 2,734 km2 (1,055.6 mi2)
人口
人口 (2008年現在)
  Municipio 1,579,174人
    人口密度   10,458人/km2(27,086.1人/mi2
  都市圏 4,298,715人
その他
等時帯 UTC-6 (UTC-6)
夏時間 UTC-5 (UTC-5)
公式ウェブサイト : http://www.guadalajara.gob.mx/

グアダラハラ (Guadalajara) はメキシコ第2の都市でありハリスコ州州都である。中米屈指の世界都市。メキシコ人からはその美しさから「西部の真珠」と呼ばれる。

概要[編集]

グアダラハラ市の人口164万人、面積150 km²2010年都市的地域の人口では421万人であり、世界第74位、同国ではメキシコシティに次ぐ第2位である[1]

大都市ながらスペインの植民地だった面影を残す古都である。メキシコの代表的な音楽であるマリアッチはグアダラハラが発祥と言われている。なお都市名は旧宗主国スペインの都市 グアダラハラに由来する。

歴史[編集]

グアダラハラ市内

気候[編集]

メキシコの中では寒暖の差があまりなく、以前は「一年中春」と言われたほど穏やかな気候だったが、近年の都市化により特に暑さが厳しさを増している。下のグラフのように、特に暑いのは乾季の終わり前の三月から六月ころまでで、雲ひとつない空から太陽が照りつける。あまり風が吹かないのも特徴である。だだし湿度が低いので、不快指数は高くない。雨季は熱帯のスコールと同じであり、一日中雨が降り続くことはまれであり、ごく短時間雷雨が降り、すぐ止む。冬は、朝夜は気温がかなり下がり寒いが、日中はセーターなどはいらないくらいに気温があがる。

グアダラハラ (1951-2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 35.0
(95)
38.0
(100.4)
39.0
(102.2)
41.0
(105.8)
39.0
(102.2)
38.5
(101.3)
36.0
(96.8)
36.5
(97.7)
32.5
(90.5)
34.5
(94.1)
32.0
(89.6)
31.0
(87.8)
41
(105.8)
平均最高気温 °C (°F) 24.7
(76.5)
26.5
(79.7)
29.0
(84.2)
31.2
(88.2)
32.5
(90.5)
30.5
(86.9)
27.5
(81.5)
27.3
(81.1)
27.1
(80.8)
27.1
(80.8)
26.4
(79.5)
24.7
(76.5)
27.88
(82.18)
日平均気温 °C (°F) 17.1
(62.8)
18.4
(65.1)
20.7
(69.3)
22.8
(73)
24.5
(76.1)
23.9
(75)
22.0
(71.6)
21.9
(71.4)
21.8
(71.2)
21.0
(69.8)
19.2
(66.6)
17.5
(63.5)
20.9
(69.62)
平均最低気温 °C (°F) 9.5
(49.1)
10.3
(50.5)
12.3
(54.1)
14.3
(57.7)
16.4
(61.5)
17.3
(63.1)
16.5
(61.7)
16.4
(61.5)
16.5
(61.7)
14.9
(58.8)
12.1
(53.8)
10.3
(50.5)
13.9
(57)
最低気温記録 °C (°F) −1.5
(29.3)
0.0
(32)
1.0
(33.8)
0.0
(32)
1.0
(33.8)
11.5
(52.7)
9.0
(48.2)
11.0
(51.8)
10.0
(50)
8.0
(46.4)
4.5
(40.1)
−0.5
(31.1)
−1.5
(29.3)
雨量 mm (inch) 15.6
(0.614)
6.6
(0.26)
4.7
(0.185)
6.2
(0.244)
24.9
(0.98)
191.2
(7.528)
272.5
(10.728)
226.1
(8.902)
169.5
(6.673)
61.4
(2.417)
13.7
(0.539)
10.0
(0.394)
1,002.4
(39.464)
平均降雨日数 (≥ 0.1 mm) 2.1 1.2 0.7 1.1 3.5 15.2 21.6 20.0 15.5 6.4 1.8 1.8 90.9
平均月間日照時間 204.6 226.0 263.5 261.0 279.0 213.0 195.3 210.8 186.0 220.1 225.0 189.1 2,673.4
出典 1: Servicio Meteorologico Nacional[1]
出典 2: Weltwetter Spiegel Online (sun only)[2]

交通[編集]

市バス[編集]

市と郊外をカバーする形で、かなりの数のバスが運行している。数字とアルファベットでルートが識別できる。今ではインターネットでどのバスがどこのルートを走るかが公開されており、路線によっては数分おきに、パラーダと呼ばれる停留所を通過する。乗車時に一定料金を支払い、降りる時はブザーで知らせて停車してもらい降車する。車椅子を乗車できるようなバスもあるが、アエコンはなくパイプいすのような座席である。だだ、路線は少ないが高級バスも存在し、料金は倍近いがテレビ・エアコンなどがついているバスもある。時刻表は存在しない。バスが近づいて来た時に、手を上げて乗車意思を知らせるが、状況によっては運転手に無視されることもある。

高速バス[編集]

メキシコでは高速道路を使ったバス網が市民の移動及び旅行手段である。グアダラハラからもメキシコシティを始め全土に、多様なバス会社がサービスを提供しており、近郊の村々には市内にあるオールドバスターミナルから、他の市へは外れにあるニューバスターミナルが基点となる。高級バスになると、ゆったりした座席に液晶テレビがつき、軽食まで提供されるという飛行機以上の待遇をするものもある。

鉄道[編集]

空港[編集]

メキシコで3番目(メキシコシティー、カンクンの次)に利用者の多い空港。IATA空港コードはGDL。

教育[編集]

スポーツ[編集]

観光[編集]

大聖堂

姉妹都市[編集]

グアダラハラは34の姉妹都市と提携している[2]

脚注[編集]

  1. ^ NORMALES CLIMATOLÓGICAS 1951-2010” (Spanish). SERVICIO METEOROLÓGICO NACIONAL. 2012年8月30日閲覧。
  2. ^ Klimadaten - Guadalajara, Jalisco” (German). 2012年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]