グアダラハラ (メキシコ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グアダラハラ
Guadalajara
メキシコの旗
Guadalajara montagee.jpg
グアダラハラの市旗 グアダラハラの市章
Municipio Municipio
愛称 : 西部の真珠
位置
の位置図
座標 : 北緯20度40分0.17秒 西経103度21分1.23秒 / 北緯20.6667139度 西経103.3503417度 / 20.6667139; -103.3503417
歴史
設立 1542年
行政
メキシコの旗 メキシコ
  ハリスコ州
 Municipio グアダラハラ
市長 Jorge Aristóteles Sandoval Díaz
PRI
地理
面積  
  Municipio 151 km2 (58.3 mi2)
  都市圏 2,734 km2 (1,055.6 mi2)
標高 1,566 m (5,138 ft)
人口
人口 (2008年現在)
  Municipio 1,579,174人
    人口密度   10,458人/km2(27,086.1人/mi2
  都市圏 4,298,715人
その他
等時帯 UTC-6 (UTC-6)
夏時間 UTC-5 (UTC-5)
公式ウェブサイト : http://www.guadalajara.gob.mx/

グアダラハラ (Guadalajara) はメキシコ第2の都市でありハリスコ州州都北米有数の世界都市。メキシコ人からはその美しさから「西部の真珠」と呼ばれる。

概要[編集]

グアダラハラ市の人口は164万人、面積は150 km2で、同国ではメキシコシティエカテペックにつぐ3位である[1]。2020年の都市圏人口は520万人を超えており、メキシコシティに次ぐ第2位である[2]

大都市ながらスペインの植民地だった面影を残す古都である。メキシコの代表的な音楽であるマリアッチはグアダラハラが発祥と言われている。なお都市名は旧宗主国スペインの都市 グアダラハラに由来する。

歴史[編集]

超高層ビルが林立するプエルタ・デ・ヘイロ
グアダラハラ市内
大聖堂

現在の場所に移動する前に3つの場所に居住地が設立された。1532年の最初の居住地は、今やサカテカス州ノチストランとして知られているメサ・デル・セロにあった。この場所は、総督ヌーニョ・デ・グスマンに委任されたクリストバル・デ・オニャーテ (Cristóbal de Oñateにより定住が開始された。しかし、この居住地は水の不足のために長くは続かなかった。1533年に、居住地はトナラ (Tonalá, Jaliscoの近くに移された。4年後、グスマン総督は居住地をトラコタン(Tlacotán)に移転するよう命じた。この居住地は要塞化され、敵対的な原住民から村人を守る機能を備えていた。スペイン国王カール5世は、今日も残っている都市の紋章を与えた。 この居住地は、1540年のミシュトン戦争中に、テナマストレ (Francisco Tenamaztleの指揮の下、カシュカン人とサカテコ人から激しい攻撃を受けた。戦争はグスマン総督によるインディアンに対する残忍な扱い、特に捕虜となった原住民の奴隷化が原因だった。副王アントニオ・デ・メンドーサは、スペイン軍がいくつかの戦闘で敗北した後、譲歩することになった。彼はインディアンの奴隷を解放し捕虜に恩赦を与えた。これで戦争は終結した。 居住地の防御壁は、ほとんど残っておらず、村人たちは、サン・ミゲル(天使ミカエル)のおかげでかろうじて生き残ったと考えた。サン・ミゲルは今も街の守護聖人になっている。その後、居住地はより安全なアテマハク渓谷へ移転することが決定された。グアダラハラは、今日までこの場所にある。1542年の記録によれば、グアダラハラの人口は126人だった。同年にスペイン国王から都市(Ciudad)の地位が与えられ、2月14日が公式な設立日となった。居住地の名称は、グスマン総督の故郷であるスペインのグアダラハラから取られた。

1559年、ヌエバ・ガリシアアウディエンシアおよび司教座は、コンポステーラからグアダラハラに移された。大聖堂の建設が、1563年に始まった。1575年には、アウグスティノ修道士やドミニコ会修道士などの宗教的騎士団が到着し、このことにより、グアダラハラが福音伝導の拠点となった。 メスキタン、アナルコ、メシカルツィンゴの村が1669年にアテマハクに併合されたため、歴史的な市街地には、4つの人口的な中心地がある。 1791年、ヌエバ・ガリシアの首都となったグアダラハラに、グアダラハラ大学が設立された。落成式が、1792年に旧コレヒオ・デ・サント・トマスの敷地内で行われた。この施設は18世紀に設立されたが、20世紀まで(1925年に開始されるまで)、完全な開発はされていなかった。1794年に、レアル・デ・サン・ミゲル・デ・ベレン病院または単にベレン病院が開院した。グアダラハラの18世紀の経済は、農業と繊維、靴、食品などの非耐久財の生産を基礎としていた。

グアダラハラは、メキシコ独立革命までいくつか変更されながらも、ヌエバ・ガリシアの首都であった。ミゲル・イダルゴが、メキシコ独立戦争において、メキシコシティを攻撃しないと決定した後、彼は、初期の成功にもかかわらず、1810年後半にグアダラハラへ退却した。当初、彼と彼の軍隊は歓迎されたが、労働者にとって生活条件が難しくなり、イダルゴは減税をし、奴隷制を廃止することを約束した。しかし、反政府武装勢力による市民、特に王党派への暴力は、歓迎されなかった。イダルゴは奴隷制度終結宣言に署名し、この宣言は、革命後から国の栄誉となった。この間、彼は反政府勢力に捧げられた「El Despertador Americano」という新聞を創設した。

略史[編集]

気候[編集]

メキシコの中では寒暖の差があまりなく、以前は「一年中春」と言われたほど穏やかな気候だったが、近年の都市化により特に暑さが厳しさを増している。下のグラフのように、特に暑いのは乾季の終わり前の三月から六月ころまでで、雲ひとつない空から太陽が照りつける。あまり風が吹かないのも特徴である。ただし湿度が低いので、不快指数は高くない。雨季は熱帯のスコールと同じであり、一日中雨が降り続くことはまれであり、ごく短時間雷雨が降り、すぐ止む。冬は、朝夜は気温がかなり下がり寒いが、日中はセーターなどはいらないくらいに気温があがる。

2019年6月30日には、一帯に大量のが降り、2mほどの高さに積もったことがある。丘陵地帯では少なくとも50台の自動車が氷の濁流に押し流され、中には氷の下に埋没した車もあった[3]

グアダラハラ (1951-2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 35.0
(95)
38.0
(100.4)
39.0
(102.2)
41.0
(105.8)
39.0
(102.2)
38.5
(101.3)
36.0
(96.8)
36.5
(97.7)
32.5
(90.5)
34.5
(94.1)
32.0
(89.6)
31.0
(87.8)
41
(105.8)
平均最高気温 °C°F 24.7
(76.5)
26.5
(79.7)
29.0
(84.2)
31.2
(88.2)
32.5
(90.5)
30.5
(86.9)
27.5
(81.5)
27.3
(81.1)
27.1
(80.8)
27.1
(80.8)
26.4
(79.5)
24.7
(76.5)
27.88
(82.18)
日平均気温 °C°F 17.1
(62.8)
18.4
(65.1)
20.7
(69.3)
22.8
(73)
24.5
(76.1)
23.9
(75)
22.0
(71.6)
21.9
(71.4)
21.8
(71.2)
21.0
(69.8)
19.2
(66.6)
17.5
(63.5)
20.9
(69.62)
平均最低気温 °C°F 9.5
(49.1)
10.3
(50.5)
12.3
(54.1)
14.3
(57.7)
16.4
(61.5)
17.3
(63.1)
16.5
(61.7)
16.4
(61.5)
16.5
(61.7)
14.9
(58.8)
12.1
(53.8)
10.3
(50.5)
13.9
(57)
最低気温記録 °C°F −1.5
(29.3)
0.0
(32)
1.0
(33.8)
0.0
(32)
1.0
(33.8)
11.5
(52.7)
9.0
(48.2)
11.0
(51.8)
10.0
(50)
8.0
(46.4)
4.5
(40.1)
−0.5
(31.1)
−1.5
(29.3)
雨量 mm (inch) 15.6
(0.614)
6.6
(0.26)
4.7
(0.185)
6.2
(0.244)
24.9
(0.98)
191.2
(7.528)
272.5
(10.728)
226.1
(8.902)
169.5
(6.673)
61.4
(2.417)
13.7
(0.539)
10.0
(0.394)
1,002.4
(39.464)
平均降雨日数 (≥0.1 mm) 2.1 1.2 0.7 1.1 3.5 15.2 21.6 20.0 15.5 6.4 1.8 1.8 90.9
平均月間日照時間 204.6 226.0 263.5 261.0 279.0 213.0 195.3 210.8 186.0 220.1 225.0 189.1 2,673.4
出典1:Servicio Meteorologico Nacional[4]
出典2:Weltwetter Spiegel Online (sun only)[5]

交通[編集]

ミゲル・イダルゴ空港
地下鉄3号線

空港[編集]

メキシコで3番目(メキシコシティー、カンクンの次)に利用者の多い空港。IATA空港コードはGDL。

鉄道[編集]

市バス[編集]

市と郊外をカバーする形で、かなりの数のバスが運行している。数字とアルファベットでルートが識別できる。今ではインターネットでどのバスがどこのルートを走るかが公開されており、路線によっては数分おきに、パラーダと呼ばれる停留所を通過する。乗車時に一定料金を支払い、降りる時はブザーで知らせて停車してもらい降車する。車椅子で乗車できるようなバスもあるが、エアコンはなくパイプいすのような座席である。ただ、路線は少ないが高級バスも存在し、料金は倍近いがテレビ・エアコンなどがついているバスもある。時刻表は存在しない。

高速バス[編集]

メキシコでは高速道路を使ったバス網が市民の移動及び旅行手段である。グアダラハラからもメキシコシティを始め全土に、多様なバス会社がサービスを提供しており、近郊の村々には市内にあるオールドバスターミナルから、他の市へは外れにあるニューバスターミナルが基点となる。高級バスになると、ゆったりした座席に液晶テレビがつき、軽食まで提供されるという飛行機以上の待遇をするものもある。

観光[編集]

大聖堂

教育[編集]

スポーツ[編集]

姉妹都市[編集]

グアダラハラは34の姉妹都市と提携している[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Mexico’s Unknown Cities: Naucalpan and Ecatepec, National Geographic, (2015-04-02), https://blog.nationalgeographic.org/2015/04/02/mexicos-unknown-cities-naucalpan-and-ecatepec/ 
  2. ^ Área Metropolitana de Guadalajara” (スペイン語). Gobierno del Estado de Jalisco. 2021年3月17日閲覧。
  3. ^ メキシコの大都市で大量のひょう 最高で2m、押し流された車も”. AFP (2019年7月1日). 2019年7月23日閲覧。
  4. ^ NORMALES CLIMATOLÓGICAS 1951-2010” (Spanish). SERVICIO METEOROLÓGICO NACIONAL. 2012年8月30日閲覧。
  5. ^ Klimadaten - Guadalajara, Jalisco” (German). 2012年12月7日閲覧。
  6. ^ 小牟田哲彦『世界の鉄道紀行』講談社、2014年、283頁。ISBN 978-4-06-288275-0

外部リンク[編集]