アフマドナガル王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アフマドナガル王国
バフマニー朝 1490年 - 1636年 ムガル帝国

アフマドナガル王国の位置

公用語 ペルシア語
首都 アフマドナガル
パリンダー
ダウラターバード
元首等

1490年 - 1510年 アフマド・ニザーム・シャー1世
1510年 - 1553年ブルハーン・ニザーム・シャー1世
1553年 - 1565年フサイン・ニザーム・シャー1世
1596年 - 1596年アフマド・ニザーム・シャー2世

変遷

建国 1490年
滅亡1636年

アフマドナガル王国(アフマドナガルおうこく, Ahmadnagar Sultanate)は、15世紀末から17世紀前半にかけて、インドのデカン西部に存在したイスラーム王朝1490年 - 1633年あるいは1636年)。ニザーム・シャーヒー朝(Nizam Shahi dynasty)とも呼ばれる。デカン・スルターン朝の一つ。首都はアフマドナガルパリンダーダウラターバード

歴史[編集]

アフマドナガル王国の成立[編集]

バフマニー朝末期、1481年に宰相マフムード・ガーワーン が暗殺され内部抗争で王国が衰退すると、1480年代後半より地方長官である総督がバフマニー朝から独立の動きを見せはじめた。

デカン西部では、1489年からダウラターバード総督アフマド・ニザームル・ムルクが独立の動きを見せはじめた。そして、1490年にバフマニー朝から独立を宣言し、アフマドナガルを首都にアフマドナガル王国(ニザーム・シャーヒー朝)を建国した[1]

アフマドナガル王国の強勢[編集]

初代アフマド・ニザーム・シャー1世の死後、第2代ブルハーン・ニザーム・シャー1世の治世、1540年頃からヴィジャヤナガル王国のムスリム5王国の離間政策もあり、アフマドナガル王国は他国と争った。

しかし、のちフサイン・ニザーム・シャー1世がビジャープル王国を中心とした5王国の連合に加わり、1565年ターリコータの戦いでヴィジャヤナガル王国を破り、その首都ヴィジャヤナガルを蹂躙した[2]

また、1574年にアフマドナガル王国はムスリム5王国の一つベラール王国を滅ぼし、そのデカン北部の領土を併合した[3]

ムガル帝国の侵攻と滅亡[編集]

マリク・アンバル

だが、そののちアフマドナガル王国は深刻な内部抗争と、ムガル帝国の侵攻にさらされることとなった。

16世紀末、ムガル帝国の軍勢が侵攻し、チャーンド・ビービーの抵抗もむなしく、1600年8月に首都アフマドナガルが陥落した[4]

その後、名将マリク・アンバルが首都をパリンダーに遷し、自身が宰相となって[5]、帝国に抵抗を重ねた[6]。そして、1626年にマリク・アンバルが死ぬまでにはその領土のほとんどを回復した。

だが、1633年シャー・ジャハーンの軍勢に再び首都ダウラターバードを落とされた。その後、残存勢力の抵抗もむなしく、1636年には完全に滅ぼされ、その領土は帝国とビジャープル王国との間で2分された[7]

脚注[編集]

  1. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.125
  2. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.125
  3. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.125
  4. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』年表、p.36
  5. ^ Majumdar, R.C. (ed.) (2007). The Mughul Empire, Mumbai: Bharatiya Vidya Bhavan, pp.415–45
  6. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』年表、p.36
  7. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.203

参考文献[編集]

  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年 

関連項目[編集]