バングラデシュ独立戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バングラデシュ独立戦争(バングラデシュどくりつせんそう、ベンガル語: বাংলাদেশের স্বাধীনতা যুদ্ধ)は、1971年3月26日に勃発した戦争である。

バングラデシュ独立戦争
戦争印パ戦争およびバングラデシュ独立戦争
年月日1971年
場所東パキスタン(現在はバングラデシュ
結果:バングラデシュとインドの勝利、バングラデシュの独立
交戦勢力
バングラデシュの旗 東パキスタン(現在はバングラデシュ

インドの旗 インド
非公式:
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

 パキスタン

非公式:
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
中華人民共和国の旗 中華人民共和国

インド介入後の戦闘の推移

概要[編集]

東パキスタン地域のベンガル人独立派に対し、西パキスタン側のパキスタン中央政府は軍を空輸して武力鎮圧を試みた。さらに、これに呼応した反独立派のイスラム過激派組織がベンガル人の大量殺戮を行い、死亡者は9ヶ月で300万人に達した。

殺戮から逃れようとした東パキスタン住民難民が大量に隣国インド亡命したことから、かねてよりパキスタンと対立していたインド政府が1971年12月3日に介入(第三次印パ戦争)した。国力ではインドに対して不利なパキスタン軍が劣勢となり、1971年12月16日に撤退。東パキスタンは「バングラデシュ」として独立を果たした。

この独立戦争には前史がある。1952年、パキスタンの植民地支配に対し、バングラデシュは自国言語バングラ(ベンガル語)を守るため立ち上がった。1962年から1969年にかけてベンガル人からの激しい反発があり、パキスタンの軍事独裁者の失墜に至った。1970年、パキスタンの議会選挙があり、パキスタン・アワミ連盟が過半数を獲得した。しかし憲法に反しパキスタンの指導者たちは党に権力を譲ることを拒んだ。1971年3月7日、ベンガル人のリーダームジブル・ラフマンがパキスタン政府への非協力政策を10万人の立ち会うもとで宣言した。

2013年、戦争時の虐殺等の罪でイスラム協会の幹部、アブドゥル・カデル・モッラベンガル語版(Abdul Quader Molla)の死刑が確定。大統領は恩赦を出したがモッラは拒否し、同年12月12日、死刑が執行された。

出典[編集]

  • Conway, M. A. & Haque, S. Overshadowing the reminiscence bump: Memories of a struggle for independence. Journal of Adult Development, 6, (1), 35-44.

関連項目[編集]