曹丕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
文帝 曹丕
初代皇帝
Cao Pi Tang.jpg
魏文帝(閻立本筆、ボストン美術館蔵)
王朝
在位期間 220年11月25日 - 226年6月29日
都城 洛陽
姓・諱 曹丕
子桓
諡号 文皇帝
廟号 高祖[1]
世祖[2]
生年 中平4年(187年
没年 黄初7年5月17日
226年6月29日
曹操
卞皇后
皇后 郭皇后
陵墓 首陽陵
年号 黄初 : 220年 - 226年

曹 丕(そう ひ)は、三国時代の初代皇帝。父曹操の勢力を受け継ぎ、後漢献帝から禅譲を受けて王朝を開いた。著書に『典論』がある。

生涯[編集]

曹操と卞氏(武宣皇后)との長子として生まれ、8歳で巧みに文章を書き、騎射剣術を得意とした。初めは庶子(実質的には三男)の一人として、わずか11歳で父の軍中に従軍していた。建安2年(197年)に曹操の正室の丁氏が養子として育て、嫡男として扱われていた異母長兄の曹昂(生母は劉氏)が戦死すると、これがきっかけで丁氏が曹操と離別する。次兄の曹鑠も程なく病死し、一介の側室でしかなかった生母の卞氏が曹操の正室として迎えられた。以後、曹丕は曹操の嫡子として扱われるようになる。やがて曹丕は文武両道の素質を持った人物に成長することとなった。『三国志』魏書によれば、曹丕は茂才に推挙されたが、出仕しなかった。

曹操の下で五官中郎将として副丞相となり、曹操の不在を守るようになった。 建安22年(217年)に曹操から太子に正式に指名される。通説ではこの時に弟の曹植と激しく後継争いをしたと言われるが、実際にそうだったかは怪しまれる。むしろ、兄弟の側近たちによる権力闘争であったという方が正確であろう。建安24年(219年)には、曹操不在時に魏諷の反乱未遂計画を鎮圧した。

建安25年(220年)に父が逝去すると、魏王に即位し丞相職を受け継ぐ。王位についたばかりの頃、私兵四千家あまりを統率して孟達が魏に帰伏し、大いに喜び孟達を厚遇した。当時、大勢の臣下のうちで、孟達への待遇があまりに度はずれであり、また地方の鎮めの任を任すべきでないと考えるものがあった。これを耳にすると、「私が彼の異心なきことを保証する。これも例えてみれば、蓬の茎で作った矢で蓬の原を射るようなものだ(毒を以て毒を制すの意)」といった。

その後、献帝に禅譲を迫って皇帝の座に即いた。ただし、表向きは家臣達から禅譲するように上奏し、また献帝から禅譲を申し出たのを曹丕は辞退し、家臣達に重ねて禅譲を促されるという形を取った。18回辞退したのちに、初めて即位した。ここで後漢が滅亡し、三国時代に入ることとなる。文帝は内政の諸制度を整え、父から受け継いだ国土を安定させた。特に陳羣の進言による九品官人法の制定は、後の世に長く受け継がれた。

一方、外政面では3度にわたりに出兵した。黄初3年(222年)に始まった出兵は、三路から呉を攻め、曹休呂範を破り、曹真夏侯尚張郃らが孫盛諸葛瑾を破り、江陵を包囲攻撃し陥落寸前まで追い込んだが、曹仁臧覇が最終的に敗れ、疫病が流行したため退却せざるを得なかった(222年から223年にかけての三方面での戦い)。黄初5年(224年)の出兵は、徐盛が長江沿岸に築いた偽の城壁に驚き、戦わずして退却した。翌黄初6年(225年)の出兵は、この年は寒さが厳しく川が凍り、船を動かすことが出来なかったので撤退した。この時、呉の孫韶の奇襲を受け、曹丕の副車などが奪われた。孫権が臣従していた頃に呉王に封じてしまったことと、これらの出兵失敗は、やがて孫権の皇帝自称に繋がる。

司馬懿・陳羣・呉質朱鑠(字は彦才)は文帝に寵愛され、「四友」と呼ばれて重職を歴任した。

黄初7年(226年)、風邪をこじらせて肺炎に陥り、そのまま崩御した。死ぬ間際、司馬懿・曹真・陳羣・曹休に皇太子の曹叡を託した。

なお、小説『三国志演義』には、呉同盟に怒り、呉に対して黄初5年(224年)に大水軍をもって攻めるが徐盛に大敗、赤壁の戦い同様の被害を出し、そこで張遼を失ったと描写してあるが、これは創作である。

曹丕(清代『三国志演義』より)

治績[編集]

文帝の治世は、主として内政を重視するものであり、腐敗を極めた後漢末期を殷鑑としたことが顕著である。宦官を一定以上の官位に昇進できないようにしたのは、その端的な処置であろう。他にも、郭氏を皇后に立てる際は、皇帝を差し置いての太后への上奏を禁じ、外戚の政治関与を禁じる勅を発している。そのほか、私刑や仇討を禁じて社会秩序を維持し、大逆罪を除く密告を禁止して、密告そのものを罪に問う勅を発布、刑罰の軽減や淫祠の取り締まりを命じるなど、後漢末の弊害や、その後の混乱によって引き起こされた社会問題を、収拾しようと苦心した跡が伺える。また、冀州の兵士5万戸を河南郡に移した。

曹植を始めとする兄弟を僻地に遠ざけ、地力を削ぐため転封を繰り返したことで有名であるが、これも外戚と同様、皇族の政権掌握を防ぐことにあったと思われる。しかし、これによって必要以上に藩屏の力が衰え、文帝死後においては、司馬氏の台頭を防ぐことができなくなってしまった。魏を滅ぼした西晋の武帝司馬炎はこれに鑑みて皇族を優遇したが、今度は逆に諸王に軍事権まで与えるなど厚遇が過ぎ、八王の乱を引き起こすに至る。

なお、文帝は在位わずか7年で崩御するが、それが創業したばかりの王朝の基盤を培うには不充分な期間だったため、結果として魏の寿命を縮めたという指摘もある。しかし文帝の在位中は蜀漢の諸葛亮が北伐を行う事ができないほど充実した治世であった。

後世の評価[編集]

漢から帝位を奪ったことと、蜀漢正統論の影響からか、曹丕の評判は非常に悪い。甄氏に死を賜ったことや、曹植を冷遇したことが有名である。それ以外にも、曹丕が太子になって浮かれ、辛憲英から呆れられたことから始まり、于禁を憤死させた際の顛末や、夏侯尚への制裁、丁儀鮑勲楊俊の粛清、功臣であり宗室でもある曹洪を、過去に借財を頼んで断られた恨みから、皇帝即位後に他の罪を口実に殺そうとするなど、陰険な逸話が数多く残り、彼が父以上に神経質で冷酷な性格であったことは否めない。

一方で、在位中に特筆すべき大乱や大きな粛清もなく、その治世はおおむね安定していた。

『三国志』の撰者である陳寿は「文学の資質には天稟といえる趣があり、博聞強記の学識と技芸の才能を兼備していた。 これで広大無辺の度量と深い誠意、人道、徳の概念を彼が持ち合わせていたのならば、 古代の賢王と比較しても何ら劣らない明君となっていただろう」と評に述べ、人格的に多少問題はあるものの、為政者としては非凡で有能な明君であったと評している。

詩風と著作[編集]

曹丕は父・曹操、弟・曹植とともに後世「三曹」として謳われるほどの文人として知られ、その多くの優れた詩は『文選』に収められている。その中には、今日に伝わる最古の七言詩として知られ、日本の漢文の教科書でも取り上げられることが多い『燕歌行』も含まれている。その作風は概して繊細優美で、剛直な気風が窺える曹植の作品とは一線を画している。

秋風蕭瑟天氣涼  秋風蕭瑟(しょうしつ)として天気涼し
艸木搖落露爲霜  草木搖落(ようらく)して露霜となる
羣燕辭歸雁南翔  群燕辞し帰りて雁南に翔る
念君客遊思断腸  君が客遊を念(おも)いて思ひ腸(はらわた)を断つ
慊慊思歸戀故郷  慊々(けんけん)として帰るを思ひ故郷を恋(した)はん
君何淹留寄佗方  君何ぞ淹留(えんりゅう)して他方に寄る
賤妾煢煢守空房  賤妾煢々(けいけい)として空房を守り
憂來思君不敢忘  憂ひ来りて君を思ひ敢へて忘れず
不覺淚下霑衣裳  覚えず涙下りて衣裳を霑(うるお)すを
援琴鳴絃發淸商  琴を援き絃を鳴らして清商を発するも
短歌微吟不能長  短歌微吟(びぎん)すれども長くするを能わず
明月皎皎照我牀  明月皎々(こうこう)として我が牀(しょう)を照らし
星漢西流夜未央  星漢西に流れ夜未だ央(きわ)まらず
牽牛織女遥相望  牽牛織女遥かに相望む
爾獨何辜限河梁  爾(なんじ)独り何の辜(つみ)ありて河梁(かりょう)に限らる

— 曹丕子桓『燕歌行』

曹丕には冷徹な現実主義的印象がつきまとうが、その一方では堅苦しいことにはあまりこだわらない気さくな一面があったことが知られている。一度胸襟を開いた相手には身分の差を越えた親しみをもって接したため、時にその振る舞いには天子のそれとして相応しくないものもあり、軽佻浮薄に見えることすらあったと評されるほどだった。曹丕のたおやかで浪漫主義的な詩風は、そうした性格の顕れだとみることもできる。

曹丕はまた中国史上初の文学論評である『典論』を編纂しているが、その中に収められた自著「論文」はまた今日に伝わる最古の文芸評論で、「文章は経国の大業にして不朽の盛事なり」という有名な文句で文学の効用を宣揚していることで知られる。これは詩人として名高い弟の曹植が「詩や文で名を残しても何にも成らない。男子たるもの武勲を挙げて善政を支えてこそ本懐である」という意味の言葉を残しているのとは極めて対照的で、興味深い。

しかしその一方で、曹丕は実際に大変な現実主義と合理主義を持ち合わせた人物だったことも窺い知ることもできる。例えば自らの葬儀に関する遺言では、「玉衣や陶芸品などの副葬品は一切不用、庭園や参道を造ることなどは論外のこと、墓を飾ったり、床を敷いたりすることもしてはならない。人は死ねばみな等しく骨となり、骨はもう痛みなど覚えることはないのだから」と実に細ごまとした指示を、誰もが納得できるような主旨説明を加えながら言い遺している。そしてその最後を「(なにをどうしようが)しょせん過去現在に盗掘を免れた墓などというものはなく、未来永劫滅びることのない国などというものも有り得ないのだから」と、極限にまで煮詰めた合理的な考えを、どこまでも冷めた客観的な観点から、ただ淡々と述べてこれを締めくくっている。そこには父・曹操が持っていた反儒教的な思想が色濃くにじみ出ていることが読み取れる。ただしこうした考えは老荘思想にも通じるものがあり、文帝の治世に導入されたさまざまな新制度の特徴と併せ鑑みると、このころ既に後の六朝で流行する清談の基本となるような思想が形成されていたのではないかと指摘する説もある。

『列異伝』に関する考察[編集]

曹丕は志怪小説列異伝』の撰者といわれているが、現行の『列異伝』は『芸文類聚』『水経注』をはじめとする各文献に引用された話を集めた輯本であり、曹丕死後の景初正始甘露年間の話も含まれている。

隋書』経籍志では「列異伝 全三巻、魏文帝撰」とあるが、『旧唐書』では「全三巻、張華撰」となっており、『新唐書』芸文志では「張華撰」とするが、巻数を三巻ではなく一巻とするなど、記録の異同が多い。清の姚振宗『隋書経籍志考証』では「張華が魏文帝に続いて作り、後代の人々が混同したのだろう」としているが査証はない。

もともと「列異伝」という題名自体、誰でも付け得るものであり、『太平御覧』所収の諸文献を比較すると、撰者を記していないケースが多い。撰者名がある場合は、曹丕に次いで張華が多い。そのほかにも呉の胡冲や、西晋皇甫謐の著作として『列異伝』の名前が見える。さらに、こうした類書の場合、著者の正確性をあまり問題にしないことが多い。このため現行の『列異伝』と曹丕の書がどのような関係にあるか、正確には分からない。

志怪小説の撰者として、曹丕の名が挙げられたことは、彼が型破りな価値観の持ち主であったことも一因であろう。しかし、古い志怪小説の場合、そこに「怪奇とは天による戒め、前兆である」という思想が前提となっていることも忘れてはならない。有名な『捜神記』にしても、文章の構成としては「ある事件」→「従来の解釈」→「干宝の解釈」のスタイルが全編に見られる。

逸話[編集]

外出しようとした文帝は、馬を選んで宮中に引き入れさせた。途中で引き入れられてゆく馬を見て、朱建平は人に「この馬の相は、今日死ぬことになっている。」と告げた。文帝が馬に乗ろうとすると、馬は帝の衣服にたきこめた香のかおりを嫌って、気が立って文帝の膝にかみついた。ひどく腹を立てた文帝は即座にその馬を殺した。

龐統の弟龐林の妻は、同軍の習禎の妹であった。曹操が荊州を破ったとき、龐林の妻は龐林と離ればなれになり、一人で幼い娘を十余年養育した。後年、龐林が黄権に従って魏に投降したとき、やっとふたたび親子一緒になることができた。聞き知った曹丕は彼女を賢婦だと思い、寝台・帳・衣服を賜って、その節義を表彰した[3]

曹操が冀州を攻め落とした時、曹丕は真っ先に袁紹の屋敷に乗り込み、甄氏を見初めて妻にしたという。これを聞いた曹操は「今度の戦はあいつの為にやったようなものだ」と苦笑したという。

妻子[編集]

妃后[編集]

  • 郭皇后(文徳皇后)
  • 甄氏(文昭皇后)
  • 任氏
  • 李貴人
  • 陰貴人
  • 柴貴人
  • 仇昭儀
  • 潘淑媛
  • 朱淑媛
  • 徐姫
  • 蘇姫
  • 張姫
  • 宋姫
  • 大劉氏(献帝の娘)
  • 小劉氏(献帝の娘)

[編集]

男子
  • 曹叡(明帝)母は甄氏
  • 曹協(賛哀王)母は李貴人
  • 曹喈(早世)
  • 曹蕤(北海悼王)母は潘淑媛
  • 曹鑒(東武陽懐王)母は朱淑媛
  • 曹霖(東海定王)母は仇昭儀
  • 曹礼(元城哀王)母は徐姫
  • 曹邕(邯鄲懐王)母は蘇姫
  • 曹貢(清河悼王)母は張姫
  • 曹儼(広平哀王)母は宋姫
女子
  • 公主(早世)母は徐姫
  • 東郷公主(母は甄氏)

脚注[編集]

  1. ^ 三国志』「巻三・魏書三・明帝紀第三」、「巻四・魏書四・三少帝紀第四」。裴松之註引王沈『魏書』。『資治通鑑目録』「巻九」。『資治通鑑考異』「巻三・魏紀」。
  2. ^ 資治通鑑』「巻六十九・魏紀一」では世祖とある。
  3. ^ 襄陽記

参考文献[編集]

外部リンク[編集]