房玄齢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
房玄齢・『前賢故実』より(菊池容斎・作)

房玄齢(ぼう げんれい 578年 - 648年)は中国代の政治家歴史家。玄齢はで、は喬。杜如晦と共に太宗の謀臣として玄武門の変において太宗の権力奪取を助け、貞観の治の立役者の一人とされる。また正史編纂にも関わり、『北斉書』などを総監した。


生涯[編集]

斉州臨淄(現在の山東省臨淄)の人。父の房彦謙(ぼう げんけん)はに仕えて司隸刺史になった人で、『隋書』に列伝があり、山東省済南の東に碑が建てられている。

開皇十五年(595年)に科挙に及第。当時吏部侍郎の職にあった高孝基に「多くの人を見てきたが、彼ほど立派な人物は見たことがない。必ず大成するだろう」と評価された。 隋末の混乱時に唐に投じて、621年に李世民(太宗)の元の秦王府十八学士(当時の王である李世民の下の学士たち)の筆頭とされた。

高祖李淵が統一を果たして以後、優秀な人材の確保に努め、貞観の治のもう一人の立役者である杜如梅を見出し、太宗に推挙もおこなっている。建国間もない唐の王朝で皇太子建成と世民の間で継承争いが起きると、房玄齢と杜如晦はその謀略の才を建成側に恐れられ、讒言を受けて秦王府への立ち入りを禁じられた。世民も建成に悟られないように策謀を進め、直前に二人に連絡を取り、玄武門の変を成功させて建成を殺して即位した。

630年、房玄齢は尚書左僕射(尚書省長官、筆頭宰相)・監修国史とされ、『北斉書』・『梁書』・『陳書』・『隋書』・『周書』の編纂を総監し、636年に完成させた。また褚遂良らと共に『晋書』を撰した。

晩年は病気がちになり、太子太傅とされ、648年に死去した。死後、太尉・并州都督を追贈され、遺体も昭陵に陪葬された。

子女[編集]

子に房遺直・房遺愛・房遺則がいた。

房遺直は汴州刺史となった。

房遺愛は太宗の娘の高陽公主を娶り、荊王李元景の擁立を謀って失敗し、処刑された。

房遺則は荊王李元景の娘を娶った。

評価[編集]

房玄齢は杜如晦・魏徴らと共に唐代でも最高の政治家の一人として名高い。貞観の治を記録したとされる『貞観政要』にも太宗の諮問に答える人間として数多く登場する。

中でも太宗が「創業と守文、どちらが難しいか?」(王朝を作るのと、それを守るのとどちらが難しいか)と問われたときの問答が有名である。房玄齢はこれに対して、「天下乱れ群雄競い起こる。攻め破りて降し、戦い勝ちて乃ち尅つ。此れに由りて言えば、草創を難しとなす」と答え、魏徴は守文が難しいと答えた逸話が有名である。

関連項目[編集]

伝記資料[編集]

  • 旧唐書』巻66 列伝第16「房玄齢伝」
  • 新唐書』巻96 列伝第21「房玄齢伝」