虎豹騎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

虎豹騎(こひょうき)は、曹操の親衛騎兵隊である。曹操軍の中でも精鋭中の精鋭で構成され、百人の将校から隊長を選抜することもあった。曹純・曹操・曹休曹真が指揮官を務めた。

虎豹騎[編集]

虎豹騎の主な戦歴[編集]

205年、曹操の指揮の下、曹純が虎豹騎を率いて、袁譚を討ち取った。

207年、烏丸との戦いで、曹操の指揮の下、曹純が虎豹騎を率いて、蹋頓を捕虜にした。

208年、曹操の指揮の下、曹純が虎豹騎を率いて、長坂の戦い劉備を破り、劉備の二人の娘を始めとして多くの捕虜を捕らえて、江陵を占領した。

211年、潼関の戦いで、曹操は虎豹騎ら勇猛な騎兵部隊を出して、馬超韓遂らを歩兵部隊とで挟み撃ちにし、大いに破り、成宜李堪を討ち取った。

虎豹騎以前[編集]

虎豹騎という部隊が『三国志』に現れる前は、曹操の親族で曹純の兄の曹仁が騎兵隊を率いて、対陶謙戦や官渡の戦いで功績を挙げている。

『三国志』では、官渡の戦い以前は、曹操軍で騎兵部隊が単独で運用されたという記述のうち、曹仁が騎兵部隊を率いたという記述の割合が高く、曹操軍で騎兵部隊は曹仁が中心となって運用していたと思われる。

虎士[編集]

虎士とは、許褚が率いた曹操の護衛を務める曹操軍近衛兵である。虎士は虎豹騎とは別の近衛隊である。虎士の構成員は許褚に曹操軍参入以前の典韋が務めたころから従っていた部下達が中心であった。許褚と虎士は何度も曹操の危機を救い、曹操軍の勝利に貢献した。

曹丕が皇帝になると、許褚は中軍の宿営に当たる近衛兵を指揮することとなった。また、許褚の兄の許定も皇帝が外出する時の通り道を巡視する近衛兵を指揮した。

昔から許褚に率いられていた虎士のうち、数十人が将軍諸侯となり、百人以上が都尉校尉となったが、すべて剣客であった。

関連項目[編集]