李堪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李堪
出生 生年不詳
司隷河東郡
死去 建安16年(211年
ピン音 Li Kan

李 堪(り かん、? - 211年)は、中国後漢末期の武将。司隷河東郡出身。

人物[編集]

生涯[編集]

馬超曹操が敵対したときにともに蜂起し潼関に攻め寄せた軍閥の一人として武帝紀や馬超伝などに名前が見える。乱の中心人物である馬超と韓遂とが計略にかかりお互い疑心暗鬼になった隙をつかれ敗れ、成宜等とともに斬られた。

物語中の李堪[編集]

小説『三国志演義』では、韓遂の「手下八部」の武将の一人として登場する。馬超と韓遂が仲たがいしたさいには韓遂に味方し、馬超に追撃され逃げる途中、馬超を狙って放たれた于禁の矢を誤って受け戦死した。

吉川英治の小説『三国志』では「李湛」となっており、コーエーのゲーム「三國志シリーズ」の一部作品ではこの表記に準じている。

参考文献[編集]