裴松之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

裴 松之(はい しょうし、372年 - 451年)は、中国東晋末・初の政治家歴史家。河東郡聞喜県(山西省聞喜県)の人。世期。裴珪の子。陳寿の『三国志』の「注」を付した人物として知られる。また、に仕えた裴潜の弟・裴徽の6世の孫に当たるという。子の裴駰は『史記集解』の撰者である。曾孫(裴駰の孫)には裴子野がいる。

経歴[編集]

8歳にして『論語』『毛詩』の内容に通じていたが、身なりはいつも簡素だった。

391年太元16年)から殿中将軍より起家し、東晋の諸官を歴任した。405年頃には、尚書祠部郎であった。

この時代、祖先の功績を称えるの建立が流行し、事実とかけ離れた内容になっていた。そこで、碑を妄りに建てることを禁止し、内容は朝議の検閲を経るよう上奏した。後、416年、後にを建国する劉裕(武帝)の北伐に従い司州主簿として随行。劉裕は洛陽を奪回すると、裴松之に命じた。「裴松之は廊廟の才(国政をになう人材)だ。辺境[1]の仕事を任せてはいけない。殷景仁とともに世子洗馬に任命することとする」。その後、零陵内史・国子博士に任じられる。

宋が成立すると、426年元嘉3年)の文帝の代になって、功績を認められて、中書侍郎・西郷侯となった。後、司隷冀州二州の大中正に転任。429年(元嘉6年)、文帝に命じられて三国時代の歴史書『三国志』の「注」(裴注)を作った。文帝は「これは不朽となるだろう」と松之をたたえた。また、『晋記』を著述したが散逸している。

その後も大中正や永嘉郡等の地方の太守を歴任し、最終的には国子博士・太中大夫を兼任した。

『三国志』注について[編集]

『三国志』の「注」は著者である陳寿の文章の簡略すぎる部分を補うために、陳寿の使わなかった史料も含め、異同のあるものは全て載せるという方針で書かれた。これらの「注」は「裴松之注」(略して「裴注」)と呼ばれている。

史料の良否はあまり気にせず取り入れている(「信用できない史料である」などとことわったりしながらも載せている)ため、事実性はともかく陳寿の文章に比べて読み物としては格段に面白くなっていると言える。そのため講釈師の話の種になり、そこから『三国志演義』の誕生につながってゆくことになる。

また、出典を明記しているため、同時代やその少し後の時代にどのような史料があったのか、内容も含めて知ることができるし、著者の立場や時代によって、どのように説や主張に食い違いがあるかを知ることもできる。当然ながら、同じ事件であっても側の記録と蜀漢、あるいは側の記録ではトーンが大きく違っている。さらに、同時代史料と魏の次代である西晋、さらにその後である東晋に成立した史料では、事件に対する受け止め方も変わってくる。そうした比較検討の材料を記録に残したことで、史料としての価値を高めている。

例えば魏の曹髦が殺された事件では、事件に西晋を建国した司馬氏が関わっているため、陳寿は記述をぼかしている。裴松之は習鑿歯の『漢晋春秋』は類書でもっとも成立が遅いが、記録された殺害の顛末が一番まとまった内容であるとして、注の筆頭に引用し、続いて異説を挙げている。読者に史料の比較検討を促しているのである。また、裴松之は自説に反する文献も注に引用しているので、裴説の再検討もできるのである。

引用されている文献は、魏・呉・蜀漢の順に多い。ただし、本文の分量に対する割合では、魏・蜀漢・呉の順となる。陳寿に対しては敬意を以て接しており、また蜀漢の特に諸葛亮にも好意的な態度が目立つ。『三国志演義』で採用された蜀漢についてのエピソードは、多くを裴注に拠っている。しかし、後世盛んになった講談や三国志演義などの蜀漢正統論による創作では、裴松之注の根底に見られる陳寿への敬意は引き継がれなかった(ただし、『三国志演義』は刊本によっては「晉平陽侯陳壽史傳。後學羅本貫中編次」(嘉靖年間の版本)と、陳寿を原作者として扱っているものがある)。

脚注[編集]

  1. ^ 洛陽は西晋の首都であり、東晋にとっても奪回すべき目標であったが、建康を首都に置いて久しい現状で、劉裕は「邊(辺境)」と表現したことになる。

伝記資料[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]