文帝 (南朝宋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
文帝 劉義隆
第3代皇帝
宋文帝像.jpg
王朝
在位期間 424年9月17日 - 453年3月16日
姓・諱 劉義隆
諡号 文帝
廟号 太祖
生年 義熙3年(407年
没年 元嘉30年2月21日
453年3月16日
武帝(第3子)
胡道安
皇后 袁斉媯
陵墓 長寧陵
年号 元嘉 : 424年 - 453年
※幼名は車児

文帝(ぶんてい)は、南朝の第3代皇帝。皇帝を廃されて殺された少帝(劉義符)の弟に当たる。

経歴[編集]

即位以前は宜都王の地位にあった。424年、兄の義符が不行跡を理由に廃されて殺されると、代わって即位することとなった。

即位後は、兄を廃して殺した罪で徐羨之らの重臣を次々と粛清した。その一方で貴族を重用し、学問を奨励して国子学を復興する。このような経緯から、文帝の治世において学問・仏教などの文化が盛んになり、范曄が『後漢書』を完成させたりと、宋は全盛期を迎えることになった。このため、文帝の治世は元嘉の治と呼ばれている。

対外政策においては、名将檀道済を用いて北魏としばしば争ったが、431年に和睦を結ぶことで、一時的な平和を迎えることとなった。しかし北魏が華北を平定して国内を固め、文帝が檀道済を讒言により誅殺してしまうと、450年に和睦は破棄されて、宋は北魏の侵攻を受けることとなる。一時的に撃退したものの、北魏軍の勢いは凄まじく、遂には長江北岸の瓜歩山(現在の安徽省六合県)にまで侵攻されてしまう。このため、宋は大いに乱れることとなった。

453年、文帝は長子である皇太子の劉劭が巫蠱を行ったため、廃嫡を考えたが実行するのに躊躇した。徐湛之と相談していたが、その内容が漏れて決起した劉劭によって殺害された。

日本との関係[編集]

413年から478年まで倭の五王らは、東晋朝貢し、朝鮮半島での倭国の軍事行動権や経済的利益の国際的承認を求めた[1]

妻子[編集]

后妃[編集]

  • 文元皇后 袁斉媯
  • 淑媛 路恵男(孝武昭太后)
  • 婕妤 沈容姫(明宣太后)
  • 潘淑妃
  • 呉淑儀
  • 高修儀
  • 江修儀
  • 殷修華
  • 陳修容
  • 曹婕妤
  • 謝容華
  • 楊修儀
  • 邢美人
  • 蔡美人
  • 董美人
  • 顔美人
  • 陳美人
  • 荀美人
  • 羅美人
  • 蒋美人

男子[編集]

女子[編集]

  • 東陽献公主 劉英娥(母は袁斉媯
  • 海塩公主(母は蒋美人)
  • 長城公主(謝緯にとついだ)
  • 臨川長公主 劉英媛(王藻にとついだ)
  • 淮陽長公主(江凭にとついだ)
  • 新蔡公主 劉英媚(何邁にとついだが、前廃帝劉子業(甥に当たる)の後宮に入れられて貴嬪に立てられ、謝氏を称した)
  • 南陽公主(徐恒之にとついだ)
  • 琅邪貞長公主(褚授にとついだ)
  • 南郡献公主(褚淵にとついだ)
  • 潯陽公主(郗熚にとついだ) - 娘の郗徽武帝の妻になった。
  • 廬江公主(褚澄にとついだ)

脚注[編集]

  1. ^ 平林章仁『神々と肉食の古代史』吉川弘文館、2007年,44頁
先代:
少帝
宋(劉宋)皇帝
第3代:424年 - 453年
次代:
劉劭
孝武帝