今鷹真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今鷹 真(今鷹 眞、いまたか まこと 1934年2月28日[1]- )は、日本の中国文学研究者。名古屋大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

中国上海生まれ。京都大学文学部中国文学科を経て、大学院博士課程修了。名古屋大学文学部助教授、教授。2001年、定年退官、名誉教授。金城学院大学教授も務めた。

著書[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

  • 「史記にあらわれた司馬遷の因果応報の思想と運命観」 1958年
  • 「思想の動向」 1966年
  • 「後漢における七言の人物評語について」 1975年
  • 「『三國志集解』補」 1989-97年
  • 「中国思想史上に於ける「心」概念の成立とその展開」 1990年
  • 「「墨子」の押韻について」 1993年
  • 「『史記』における二人称代名詞の特徴について」 1998年

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』