小川環樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小川 環樹(おがわ たまき、1910年10月3日 - 1993年8月31日)は、日本の中国文学者は士解。京都府京都市出身。主著に「唐詩概説」、「蘇軾」など、初心者向けの啓蒙書や訳書も多数著している。

家族[編集]

地質学者・小川琢治の四男。長兄は小川芳樹金属工学・冶金学)。次兄は貝塚茂樹東洋史学)で共編著がある。三兄は湯川秀樹物理学、日本人初のノーベル賞受賞者(物理学賞))。なお、末弟の小川滋樹(ますき)は第二次世界大戦で戦病死している。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

その他[編集]

学位論文後に、「中国詩人選集」の編集に携わる。他にも多数の編著があり、角川書店で辞書編纂もしている。

単著・訳書[編集]

  • 唐詩概説』(岩波書店「中国詩人選集 別巻」、1958年、岩波文庫、2005年) 
  • 蘇軾 第二集中国詩人選集 5・6』(岩波書店、1962年)
    • 『蘇軾 新修中国詩人選集6』 (岩波書店、1983年)。新版(全1巻)
  • 詩選』 (筑摩叢書、1967年、復刊1985年)
  • 『中国小説史の研究』(岩波書店、1968年)
  • 『風と雲 中国文学論集』(朝日新聞社、1972年)
  • 老子』(中公文庫、1973年 改版1997年、中公クラシックス、2005年)
  • 陸游 中国詩文選20』(筑摩書房、1974年)
  • 『中国語学研究』(東洋學叢書:創文社、1977年)
  • 荻生徂徠 論語徴』(「徂徠全集3・4」 みすず書房、1977-78年/平凡社東洋文庫 全2巻、1994年)
  • 『談往閑語』 (筑摩書房、1987年)
  • 『小川環樹著作集』(全5巻、筑摩書房、1997年)
  1. 中国文学史論考
  2. 唐詩概説ほか
  3. 蘇東坡論考ほか
  4. 中国小説史の研究ほか
  5. 随想ほか、著作目録・年譜・索引
  • 『小川環樹 中国語学講義』(臨川書店、2011年)
    高田時雄編、弟子尾崎雄二郎が約60年前に筆録。

共訳書[編集]

  • 『中国古典詩集Ⅱ 唐詩・宋詩・宋』(筑摩書房〈世界文学大系7B〉、1963年)
    • 「唐詩」を編・解説、「宋詩」を編訳・解説担当。筑摩叢書版「宋詩選」は改訂版
    • 新装版 『筑摩世界文学大系8 唐宋詩集』(筑摩書房、1975年)。なお「唐詩」は今鷹真等、「宋詞」は村上哲見が訳担当
  • 世界古典文学全集20 司馬遷 史記列伝』(筑摩書房、1969年)、今鷹真・福島吉彦と共訳
  • 羅貫中 『完訳 三国志(演義)』(改版全8巻、岩波書店、1983年 / 岩波文庫、1988年、ワイド版2011年)、金田純一郎と共訳
    • 『三国志』(岩波少年文庫 全3巻、1980年、改版2000年、武部利男共編訳)
  • 王維詩集』(岩波文庫、1972年、都留春雄・入谷仙介共編訳)
  • アーサー・ウェイリー李白』(岩波新書、1973年、復刊1988年 / 岩波書店、1994年、栗山稔共訳)
  • 『蘇東坡集 中国文明選2』(朝日新聞社、1973年、山本和義共訳・解説)
  • 『蘇東坡詩選 (岩波文庫、1975年、山本和義共訳)
  • 『司馬遷 史記世家』(岩波文庫 全3巻、1980年-1991年)、今鷹真・福島吉彦と共訳
  • 『蘇東坡詩集』(第4巻目まで、筑摩書房、1983年-1990年)、山本和義と編集委員
  • 千字文』 (岩波書店、1984年 / 岩波文庫、1997年、ワイド版2001年)、木田章義共注・解説 
  • 『呉船録、攬轡録、驂鸞録』(范成大、平凡社東洋文庫、2001年)、共訳・弟子らにより改訂

共編著[編集]

  • 西田太一郎共著 『漢文入門』 岩波書店〈岩波全書〉、1972年。のち新版
  • 吉川幸次郎共編 『唐詩選』(筑摩書房〈筑摩叢書〉、1973年/ちくま学芸文庫(新編・上下)、1994年)、弟子らにより改訂
    • 編・解説、訳注は今鷹真・入谷仙介筧文生福本雅一。元版は上記の世界文学大系・筑摩世界文学大系、及び世界文学全集
  • 唐代の詩人-その伝記』(大修館書店、1975年)、編者代表
  • 貝塚茂樹共編 『中国の漢字 日本語の世界3』(中央公論社、1981年)
  • 吉川幸次郎共著 『中国の散文 中国詩文選1』(筑摩書房、1984年)
  • 諸子百家争鳴』(中公クラシックス・コメンタリィ:中央公論新社、2007年、共著)。老子・荘子を担当
    • 元版『世界の名著4 老子 荘子』(中央公論社)、責任編集(新版は中公バックス)
  • 日本の名著41 内藤湖南』(中央公論社、1971年)、責任編集:同上

回想記[編集]

  • 『東方学回想 Ⅸ 先学を語る〈6〉』(刀水書房、2000年)、弟子達の座談での回想