成宜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

成 宜(せい ぎ、? - 211年)は、中国後漢末期の人物。『三国志書武帝紀・馬超伝などに記述がある。

馬超・韓遂らと同盟を結び反乱を起こした。正史の本文中において、馬超・韓遂と共に名が列挙されている部分が散見され、また、別の場所では楊秋李堪とともに名を挙げられており、いわゆる「関中八部」の中では実力者であったと思われる。潼関の戦い曹操軍を相手に善戦し活躍するものの、馬超と韓遂の内紛の隙を衝かれて敗れ、馬超・韓遂が涼州へ、楊秋も安定へ逃亡した。成宜は李堪等とともに戦死している。

小説『三国志演義』では、韓遂の「手下八部」の一人として奮戦するが、途中の一戦で夏侯淵に討ち取られ戦死している。