典韋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
典韋
清代の書物に描かれた典韋
代の書物に描かれた典韋
後漢
校尉
出生
兗州陳留郡己吾県[1]
死去 建安2年(197年
拼音 Diǎn Wěi
主君 張邈曹操
テンプレートを表示

典 韋(てん い、2世紀頃 - 建安2年(197年[2])は、中国後漢末期の武将。曹操に仕えた。字は伝わっていない。兗州陳留郡己吾県(現在の河南省商丘市寧陵県)の人。子は典満。『三国志志「二李臧文呂許典二龐閻伝」に伝がある。

来歴[編集]

堂々とした体格で怪力、さらに固い節義と男気を有していた[1]

若い頃、襄邑の劉氏のために彼の仇であった李永を討つ事にした。李永は以前富春県長を務めていたため、厳重な警備をつけていた。典韋は懐に匕首を忍ばせ、表面上は普通の客を装っていたが、門を開かせるとたちまち李永を刺し殺し、ついでにその妻をも殺した。近所に市場があったため大騒ぎとなったが、しばらく誰も典韋に近づく者はおらず、遠巻きにして後をつけるのみであった。やがて典韋は敵の仲間に出くわしたものの、あちこちで戦って脱出に成功した。この一件で豪傑として知られるようになった[3]

初平年間に張邈が挙兵すると、その司馬の趙寵に兵士として仕えた。誰も持ち上げられなかった牙門の旗を片手で持ちあげたので、趙寵に一目おかれるようになった。後に曹操軍の夏侯惇配下となり、何度か戦功を挙げ、司馬となった[4]

濮陽呂布と曹操が戦ったとき、典韋は数十人の突撃隊を率いて、短戟を手に矢の雨の中で奮戦し呂布軍を防ぎ止めた。都尉となり、曹操の親衛隊であった精鋭数百人を率い、戦闘のたびに先鋒として敵陣を陥れた。これらの功績により昇進して武猛校尉となった[5]

忠心があり謹み深い性格だった。昼はずっと曹操の傍で侍立し、夜は帳の左右で宿衛したため、自らの家に帰って寝る事は殆どなかった。飲み食いの量は人の倍で、御前で食膳を賜る時は左右から酒を注がせ、給仕を数人に増やしてやっと間に合うほどだった。大きな双戟(双鉄戟)[6]と長刀などを愛用し「帳下の壮士に典君あり。一双戟八十斤[7]を提ぐ」と囃された[8]

建安2年(197年)春正月、曹操が荊州張繡を征伐し降伏させた時も、典韋は従軍した(「武帝紀」)。酒の席で一尺ほどの大斧を持って張繡たちを睨みつけたため、誰も顔を上げられなかったという[9]

その後、張繡が謀反を起こすと、曹操を逃がすべく部下達とともに戦った。典韋が守っていた陣門には敵が侵入できなかったが、敵は他の門から陣に侵入した。典韋と十数人の部下は多数の敵に囲まれたが、みな一人で十人を相手にした。典韋が鉄戟を一振りすると、敵の矛が十数本砕かれた。いよいよ部下が死に絶え、自身も数十の傷を負ったが、典韋は敵二人を両脇に挟んで撃殺した。これを見た敵は近づくことができなかった。典韋は最後、突進し数人を殺してから、目を怒らせて口をあけ、大声で罵りながら死んだ。敵は恐れながら近付いて典韋の首を取り、全員でその遺体を見物したという[10]

曹操は舞陰で典韋の死を聞くと涙を流し、子である曹昂の死以上に悲しみ、遺体を取り戻すために志願者を募った。曹操は告別式で泣き、棺を陳留郡襄邑に送り届けさせた。その後、曹操は戦死した場所を通るたびに典韋を弔い、彼の子である典満を郎中とし、後に司馬に採り立てて側に置いた[11]

正始4年(243年)秋7月、曹芳(斉王)は詔勅を下し、曹操の廟庭に功臣20人を祭った。典韋は校尉という高くはない地位であったにもかかわらず、この中に含まれている(「斉王紀」)[12]

陳寿は、許褚と典韋が曹操の左右を警護したことは、漢の樊噲に準えると評している[13]

物語中の典韋[編集]

小説『三国志演義』では、張邈配下であったが他の者と衝突し、殺人を犯して山中に逃亡する。虎を追いかけていたところを夏侯惇に見出され推挙される[14]。また、黄巾の残党何儀を捕らえようとしたところに許褚が現れて、身柄を争う[15]。その怪力から曹操に「古の悪来のようである」と言われている。因みに張繡反乱の際には、張繡軍の胡車児に酒で酔わされた隙に武器を奪われたため、敵の武器を奪って戦うが、敵の弓兵の一斉射撃を全身に浴び、直立不動のまま息絶えたことにされている[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b ウィキソース出典 三國志 魏書·二李臧文吕许典二庞阎传傳 (中国語), 三國志/卷18#典韋, ウィキソースより閲覧。  - 典韋,陳留己吾人也。形貌魁梧,旅力過人,有志節任俠。
  2. ^ de Crespigny, Rafe (2007). A biographical dictionary of Later Han to the Three Kingdoms (23–220 AD). Brill. p. 138. ISBN 978-90-04-15605-0 
  3. ^ ウィキソース出典 三國志 魏書·二李臧文吕许典二庞阎传傳 (中国語), 三國志/卷18#典韋, ウィキソースより閲覧。  - 襄邑劉氏與睢陽李永為讎,韋為報之。永故富春長,備衛甚謹。韋乘車載雞酒,偽為候者,門開,懷匕首入殺永,並殺其妻,徐出,取車上刀戟,步(出)。永居近巿,一巿盡駭。追者數百,莫敢近。行四五里,遇其伴,轉戰得脫。由是為豪傑所識。
  4. ^ ウィキソース出典 三國志 魏書·二李臧文吕许典二庞阎传傳 (中国語), 三國志/卷18#典韋, ウィキソースより閲覧。  - 初平中,張邈舉義兵,韋為士,屬司馬趙寵。牙門旗長大,人莫能勝,韋一手建之,寵異其才力。後屬夏侯惇,數斬首有功,拜司馬。
  5. ^ ウィキソース出典 三國志 魏書·二李臧文吕许典二庞阎传傳 (中国語), 三國志/卷18#典韋, ウィキソースより閲覧。  - 太祖討呂布於濮陽。布有別屯在濮陽西四五十里,太祖夜襲,比明破之。未及還,會布救兵至,三面掉戰。時布身自搏戰,自旦至日昳數十合,相持急。太祖募陷陳,韋先佔,將應募者數十人,皆重衣兩鎧,棄楯,但持長矛撩戟。時西面又急,韋進當之,賊弓弩亂發,矢至如雨,韋不視,謂等人曰:「虜來十步,乃白之。」等人曰:「十步矣。」又曰:「五步乃白。」等人懼,疾言「虜至矣」!韋手持十餘戟,大呼起,所抵無不應手倒者。布眾退。會日暮,太祖乃得引去。拜韋都尉,引置左右,將親兵數百人,常繞大帳。韋既壯武,其所將皆選卒,每戰鬥,常先登陷陳。遷為校尉。。
  6. ^ ここでいう「双」は両刃という意味であり(通常、戟は片刃)、一対の武器ではない。
  7. ^ 八十斤=約18kg。漢代の一斤は約226.6g。
  8. ^ ウィキソース出典 三國志 魏書·二李臧文吕许典二庞阎传傳 (中国語), 三國志/卷18#典韋, ウィキソースより閲覧。  - 性忠至謹重,常晝立侍終日,夜宿帳左右,稀歸私寢。好酒食,飲啖兼人,每賜食於前,大飲長歠,左右相屬,數人益乃供,太祖壯之。韋好持大雙戟與長刀等,軍中為之語曰:「帳下壯士有典君,提一雙戟八十斤。」
  9. ^ ウィキソース出典 三國志 魏書·二李臧文吕许典二庞阎传傳 (中国語), 三國志/卷18#典韋, ウィキソースより閲覧。  - 太祖徵荊州,至宛,張繡迎降。太祖甚悅,延繡及其將帥,置酒高會。太祖行酒,韋持大斧立後,刃徑尺,太祖所至之前,韋輒舉斧目之。竟酒,繡及其將帥莫敢仰視。
  10. ^ ウィキソース出典 三國志 魏書·二李臧文吕许典二庞阎传傳 (中国語), 三國志/卷18#典韋, ウィキソースより閲覧。  - 後十餘日,繡反,襲太祖營,太祖出戰不利,輕騎引去。韋戰於門中,賊不得入。兵遂散從他門併入。時韋校尚有十餘人,皆殊死戰,無不一當十。賊前後至稍多,韋以長戟左右擊之,一叉入,輒十餘矛摧。左右死傷者略盡。韋被數十創,短兵接戰,賊前搏之。韋雙挾兩賊擊殺之,餘賊不敢前。韋復前突賊,殺數人,創重發,瞋目大罵而死。賊乃敢前,取其頭,傳觀之,覆軍就視其軀。
  11. ^ ウィキソース出典 三國志 魏書·二李臧文吕许典二庞阎传傳 (中国語), 三國志/卷18#典韋, ウィキソースより閲覧。  - 太祖退住舞陰,聞韋死,為流涕,募間取其喪,親自臨哭之,遣歸葬襄邑,拜子滿為郎中。車駕每過,常祠以中牢。太祖思韋,拜滿為司馬,引自近。文帝即王位,以滿為都尉,賜爵關內侯。
  12. ^ ウィキソース出典 三國志 魏書·三少帝紀 (中国語), 三國志/卷04#齊王, ウィキソースより閲覧。  - 秋七月,詔祀故大司馬曹真、曹休、征南大將軍夏侯尚、太常桓階、司空陳羣、太傅鍾繇、車騎將軍張郃、左將軍徐晃、前將軍張遼、右將軍樂進、太尉華歆、司徒王朗、驃騎將軍曹洪、征西將軍夏侯淵、後將軍朱靈、文聘、執金吾臧霸、破虜將軍李典、立義將軍龐德、武猛校尉典韋於太祖廟庭。
  13. ^ ウィキソース出典 三國志 魏書·二李臧文吕许典二庞阎传傳 (中国語), 三國志/卷18#【評】, ウィキソースより閲覧。  - 許褚、典韋折衝左右,抑亦漢之樊噲也。
  14. ^ ウィキソース出典 『三國演義』第十回 勤王室馬騰舉義 報父讎曹操興師 (中国語), 三國演義/第010回, ウィキソースより閲覧。 
  15. ^ ウィキソース出典 『三國演義』第十二回 陶恭祖三讓徐州 曹孟德大戰呂布 (中国語), 三國演義/第012回, ウィキソースより閲覧。 
  16. ^ ウィキソース出典 『三國演義』第十六回 呂奉先射戟轅門 曹孟德敗師淯水 (中国語), 三國演義/第016回, ウィキソースより閲覧。