興平市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 陝西省 興平市
前漢五陵・茂陵
前漢五陵・茂陵
咸陽市中の興平市の位置
咸陽市中の興平市の位置
簡体字 兴平
繁体字 興平
拼音 Xīngpíng
カタカナ転写 シンピン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
陝西
地級市 咸陽市
行政級別 県級市
面積
総面積 496 km²
人口
総人口(2004) 56 万人
経済
電話番号 029
郵便番号 713100
行政区画代碼 610481
公式ウェブサイト http://www.snxingping.gov.cn/

興平市(こうへい-し)は中華人民共和国陝西省咸陽市に位置する県級市

地理[編集]

興平市は関中平原の中部に位置し、西安市街区から40キロメートル、咸陽市街区から20キロメートルの距離にある。南に渭水をはさんで西安市鄠邑区周至県があり、東に咸陽市秦都区と接している。

歴史[編集]

興平の歴史は古く周代には国都が設置された記録がのこっている。前908年鎬京から犬丘(市内南佐村)に遷都されている。また秦末には項羽が関中を三分した際、章邯を雍王として廃丘(市内南佐村)に封じられている。

前204年漢朝はこの地に槐里県を設置された。前73年本始元年)、漢朝は茂陵県を設置された。220年黄初元年)、三国時代始平県を設置、茂陵県が始平県に編入された。557年明帝元年)、北周は槐里県が始平県に編入された。

708年景龍2年)、唐朝は始平県を金城県と、757年至徳2載)には興平県と改称された。

興平市域に含まれている馬嵬 (zh:马嵬街道は、安史の乱の際に際して、756年に楊貴妃やその親族の楊国忠らが殺害された事件(馬嵬駅の悲劇)が発生した場所であり、楊貴妃の墓がある。

1994年1月に県級市に昇格した。

行政区画[編集]

  • 街道:東城街道、西城街道、店張街道、西呉街道、馬嵬街道
  • 鎮:趙村鎮、桑鎮、南市鎮、荘頭鎮、南位鎮、阜寨鎮、豊儀鎮、湯坊鎮

観光地[編集]

出身者[編集]

関連項目[編集]