仮道伐カク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仮道伐虢から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「仮道伐虢」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

仮道伐虢(かどうばつかく)は、兵法三十六計の第二十四計にあたる戦術。読み下し「道を仮(か)りて虢(かく)を伐(う)つ」である。

概要[編集]

攻略対象を買収等により分断して各個撃破する作戦、特に、いったん同盟して利用したものも後には攻め滅ぼすことを指す。

に滅ぼされた(ぐ)と(かく)の故事による言葉である。

由来[編集]

虞(ぐ)と虢(かく)という小国は、晋に隣接していた。

献公は虞公に国宝を送って買収し、虢を攻めるために晋軍が虞を通過することを許可するように求めた。虞の宮之奇は、唇歯輔車のことわざを引いて、「虢は虞の支えであり、虢が滅べば虞もやがて攻められる」と虞公に諌言したが無駄であった。果たして虢が滅んで数年後、虞もまた晋に攻め滅ぼされてしまった(『春秋左氏伝』僖公五年)。