春秋左氏伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
儒家経典
五経
九経
易経
書経
詩経
礼経
儀礼/周礼
春秋経
礼記
春秋左氏伝
春秋公羊伝
春秋穀梁伝
七経 十二経
論語
孝経
爾雅
十三経
孟子

春秋左氏伝』(しゅんじゅうさしでん、旧字:春秋左氏傳、拼音: Chūnqiū Zuǒshìzhuàn)は、孔子の編纂と伝えられる歴史書『春秋』の代表的な注釈書の1つで、紀元前700年頃から約250年間の歴史が書かれている。通称『左伝』(さでん)。『春秋左伝』、『左氏伝』ともいうことがある。現存する他の注釈書として『春秋公羊伝』、『春秋穀梁伝』とあわせて春秋三伝(略して三伝)と呼ばれている。

成立[編集]

伝統的な説では、『左伝』の作者は、孔子と同時代のの太史であった左丘明であるといわれているが、伝説にすぎない。『史記』の中に『左氏春秋』という書物名が見えるが、これが現行の『春秋左氏伝』と同一のものであったかどうかは議論がある。

前漢末の劉歆は『左伝』を好み、学官に立てるように努力した[1]後漢にはいると今文古文の対立によって批判されつつも、多くの学者が『左伝』を学ぶようになった。これに対して、康有為らの代後期の公羊学者は、『春秋左氏伝』を前漢の劉歆による偽作であり、自らが擁立していた王莽の漢王朝乗っ取りの根拠にしたと主張した。

ベルンハルド・カールグレンは、『左伝』の言語が魯の方言と異なることを明らかにし、『左伝』は先秦の文献ではあるが、伝統的な説でいうように孔子やその門人による著作でもないと結論づけた[2]津田左右吉は前漢末に『史記』などを元にして『左伝』が作られたと考えたが[3]鎌田正は『左伝の成立と其の展開』(大修館書店 1963)において偽作説を否定し、戦国時代で作られたと考えた。しかし、劉歆がどの程度『左伝』に手を入れたかについては、結論が出ていない。

内容[編集]

『左伝』は『公羊伝・穀梁伝』と異なり、かならずしも『春秋』経本文の注釈にはなっておらず、『春秋』とは無関係な記事も多い。また、本来の『春秋』が哀公14年(紀元前481年)春の「獲麟」の記事で終わっているのに対し、『左伝』では経を哀公16年の孔子の死まで補い、伝を哀公27年まで記している。

豊富な資料を元にし、詳細に『春秋』を補っており、現在の春秋時代を理解する重要な資料として知られる。特に、当時の戦争に関する記載は詳細である。また、同時期を扱った歴史書『国語』は『左伝』と一対の作品とみなす説があり、「春秋外伝」と呼ばれた。

春秋学[編集]

春秋左氏伝

『春秋』の注釈として前漢では公羊伝・穀梁伝が学官に立てられていたが、では劉歆が『左伝』を学官に立てた。後漢では学官に立てられなかったが、服虔訓詁学に基づいて注をつくるなどして、やがて公羊学を圧倒した。西晋では杜預が『春秋』経文と『左伝』とを一つにして注釈を施した『春秋経伝集解』を作り、以後、春秋学のスタンダードとなった。唐代には『春秋経伝集解』に対する疏の『春秋正義』が作られた。南宋儒学者朱熹は「左伝は史学、公・穀は経学」と述べ、『左伝』を歴史書として考えている。日本でも古くから読まれており、「鼎の軽重を問う」「風馬牛」など、左伝を根拠とする故事成語は現在日本でもしばしば使われている。特に福澤諭吉は『福翁自伝』で「(こと)に私は左傳が得意(とくい)大概(たいがい)書生(しよせい)は左傳十五(くわん)の内三四卷で仕舞(しま)ふのを私は全部(ぜんぶ)通讀(つうどく)(およ)そ十一度び讀返(よみかへ)して面白(おもしろ)い處は暗記(あんき)して居た」と述べている[4]

内容[編集]

邦訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『漢書』劉歆伝
  2. ^ Karlgren, Bernhard (1926). “On the Authenticity and Nature of the Tso-Chuan”. Göteborgs högskolas arsskrift (32).  邦訳あり
  3. ^ 津田左右吉 『左伝の思想史的研究』 東洋文庫、1935年
  4. ^ 福澤諭吉述 『福翁自傳矢野由次郎記、時事新報社、1934年11月(原著1899年6月)、13頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]