考証学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

考証学(こうしょうがく)とは、中国において、代に入って流行した学問であり、諸事の根拠を明示して論証する学問的態度のことを、こう呼んでいる。 宋明の性理学に抗し、漢儒に基づいて憶測の説を排し、典籍を精細に読破して古義を闡明せんとするもので、漢唐の訓詁學を継ぐところから漢学とも呼ばれる。 また、実事求是を主とし、実証的方法を取ることから考拠の學とも言われている。

概要[編集]

学よりモンゴルを経て、学に至る学問は、自分自身の見解に基づいて経書を解釈する、「性理」の学として発達した(「宋明理学」)。それに対して、経学史学を研究し、その拠り所を古典に求めたのが、考証学の起こりである。また、漢学あるいは樸学(ぼくがく)とも呼ぶ。

明末清初の時期の黄宗羲顧炎武が、考証学の先駆的存在である。黄宗羲の方は、歴史学の方面に精通しており、顧炎武は、経学・史学や文字学に秀で、厳格な考証を行った。以後、経学・史学の研究が隆盛となった。また、康熙雍正乾隆三代の学問奨励策とあい符合して、考証学は乾隆嘉慶年間(1736年 - 1820年)に全盛となった。このため乾嘉の学(けんかのがく)・乾嘉学派の名がある。

代表的な考証学者としては、閻若璩恵棟銭大昕戴震段玉裁王念孫王引之らが挙げられる。その中で、恵棟の系統を呉派、戴震の系統を皖派と呼び、考証学の二大潮流となった。呉派は蘇州を中心とするグループで恵棟により始められ、銭大昕によって大成された。一方、皖派は戴震の師である安徽省出身の江永によって始められ、戴震・段玉裁・王念孫・王引之によって発展された。このため皖派の主流をとくに戴段二王の学と呼ぶ。

また呉派・皖派の浙西学派が顧炎武を始祖として音韻学・訓古学・金石学といった言語学的研究や礼学を重視するのに対し、歴史学を重視する黄宗羲を始祖とする浙東学派があり、万斯大万斯同全祖望章学誠邵晋涵らがいる。章学誠は六経皆史(りっけいかいし)の説を唱え、経書研究に史学的視点をもたらした。

この頃は、後漢の学に淵源を求めたが、清朝も末期となると、前漢の経学、とりわけ公羊学に基礎を置く常州学派が隆盛となり、考証学は衰退したが、その余波は兪樾孫詒譲王国維章炳麟といった学者を生んだ。

「清朝考証学」の基礎は、漢代以来の学術の再発見とその復元、そしてその新しい統合を行うというところにあった。清朝時代、乾隆帝嘉慶帝の両帝の治世に、「経学」の精密化をめざす学術運動が展開した。学風としては博識に養われた鑑識眼をもって個別事象の確定を追求する学風と、明確な学的プログラムをもって個別事象の背後にある論理を解明せんとする学風との二つに見分けられ、前者を代表するのが呉派の銭大昕、後者を代表するのが皖派の戴震であった。一七五四年(乾隆一九年)にこの戴震が故郷より都に上り、その学名を轟かせてからが「清朝考証学」の本格的な形成期であったとされる。 また戴震が登場しなければ、当時の学問は、文献資料の収集と鑑定、個別考証の洗練という、乾隆期の文物に共通する「回遊庭園」風の姿だけに終わった可能性もあるとされる。この戴震がもたらしたのは学術活動が「学」としての集約性と方法的な構築性を持つに必要な基本的認識とプログラムである。 「清朝考証学」の研究対象は、「経書」のみならず、やがて史学諸子学の書籍にもおよび、「経学」離れの様相を呈するに至ったが、上記の学術運動の形成が、漢代以来の「経学」の批判的解読に始まり、「経学」の改新を目指す形で起こったことは揺るがない事実であった[1]

実事求是について[編集]

宋明学にあたっては、相対的に経書の解釈は第二義的なものとかれて、主観的な解釈が主流を成していたといえる状態であった。 しかし、清代における言語観の転換とともに経書解釈の客観化が追及され、その理念とされたものが『漢書』の河間献王劉徳の治学態度である「実事求是」であった。 考証学は、実事求是を標榜し、経書の言説に即して儒学の義理を客観的に解釈する方法を追求するものと、自らの立ち位置を公然とした。

張岱年はこの実事求是に対して「この語は科学方法の最も基本原則を掲げているといえる。劉徳のいわゆる『実事』には特殊な内容があり、『是』にも特殊な意義があるが、『実事求是』は一つの規律として一般性を持つ。したがって今日この語を唯物論の基本態度を表示するのに利用できるのである」とその概念の差異に関しては留保しているものの、実証性自体を評価している。

戴震は実事求是を基本理念としている理由を端的に述べている。 「実事が前にあれば、人は私が言う是を強弁として非とはできず、私が言う非を強弁として是とはできない。」 「虚理が前にあれば、人は私が言う是を別の学説を主張して非とできるうえに、私が言う非をまた別の学説でもって是ともできる。」 と述べている[2]

考証学の実証性[編集]

考証学は、文献研究の方法として客観的な資料に基づく判断を尊重する合理性に根ざし、実証主義的であるとかれる。考証学は文字・音韻訓詁を主体とした言語学的な方法論の整備を追求し、言語というものは間主観的に理解することのできる媒体であるために、学問としての実証性を内に備えることが出来た。 これらを踏まえた上で、銭大昕は経書解釈の基礎として実証主義とは相容れないはずの、儒学に対する形而上的認識を考証を合理的に行うための前提的な枠組みとしてあらかじめ組み込んでいた。 例えば、我々の近代科学と認識するものの根底には、形而上学を排斥する実証主義が存在するが、その大前提となるものはニュートンによって与えられた、客観世界を時間的質量的に均質な普遍的存在とする科学的な「信仰」であった。実証主義にとっては、本来対象に対する認識がいかにして可能となるか、加えて認識の可能となる条件はいかにして整えられるかが問題とされ、そうした上ではじめて客観世界が時間的質量的に均質であることが証明されるべきであったが、その本質的な証明がないままにニュートン以後は、それが自然科学的世界観として絶対化された。 ここで重要なことは、ニュートンによって与えられた客観世界が時間的質量的に均質であるという形而上的認識が支配したからこそ近代科学が成立し、今日に至る科学の展開を支える基礎が与えられたという構図となっている点である。要は実証主義の背後には形而上的認識が存在し、この形而上的認識を背景に据えていたからこそ対象への積極的なアプローチが可能となっていた。 つまり、考証学の実証性に対する、儒学としての形而上学的なものの存在を無視した評価は、考証学本来のすがたを正しく言い当てるものにはならず、儒学としての考証学がその客観的な経書解釈の方法論として訓詁・音韻の学を包摂することと、形而上学的な道の承認との間に矛盾はないとされる。 まさに形而上的な道の認識が、儒学としての考証学の訓詁音韻に依拠する実証性を基礎付けていた。 銭大昕における考証学の実証性といわれるものは、言語という客観的・合理的ないわば啓蒙主義の申し子のような手段による方法論の整備と客観的な論理の組み立てに存していた。しかし逆説的であるが、それは形而上的な儒学の道の認識が基にあり、それに支えられていたとされる[3]

正統派の学風[編集]

  • 一.およそ一つの解釈をおこなうには、必ず証拠による。証拠なくして憶測するというのは、断固として排斥するところである。
  • 二.証拠を選択するには、古えを尊ぶ。漢・唐の証拠によって宋・明を批判するが、宋・明の証拠によっては漢・唐を批判することをしない。漢・魏によって唐をひはんしてよく、漢によって魏・晋を批判してよく、先秦・前漢によって後漢を批判してよろしい。経によって経にを証明すれば、すべての経伝を批判してよろしい。
  • 三.一つの証拠によって定説とはしない。反証のないものはしばらくおいて、続証を得てはじめて信用する。有力な反証にあえば放棄する。
  • 四.証拠を隠匿すること、あるいは証拠を曲解することを、すべて不徳と考える。
  • 五.同類の事項をならべて比較研究し、その方法をもとめることをもっともよろこぶ。
  • 六.従来の学説を採用したばあいには、必ず明記し、剽窃を大なる不徳と考える。
  • 七.意見があわなければ、たがいに論争する。弟子が師を反駁非難することをも辞さない。受けてたつ者も、それを師にさからうこととはけっして考えなかった。
  • 八.論難は、ある問題を範囲として設定し、温厚篤実なる言葉を用いるようにする。自己の意見をまげることはけっしてしないが、同時に、他人の意見をも尊重する。いたけだかにやっつけたり、つまらぬことでひっかけたり、暗に皮肉を言ったりすることを不徳と考える。
  • 九.専門的に一つの事を研究し、「搾く、かつ深く」研究することをよろこぶ。
  • 十.素朴、簡潔なる文体を貴び、「言葉に枝葉ある」ことをもっときらう[4]

考証学の方法論[編集]

清代の学者の学問研究は、純粋に帰納法を用い、また純粋に科学的精神を用いる。このような方法と精神は以下の順序を踏むことで実現することが可能である。

  • 第一として、必ずまず事物を注意して観察することであり、どの点とどの点とが特別に注意を払う価値があるのかを見極めること。
  • 第二に一つの事項に注意したならば、その事項と同類もしくは相関連したものをすべて並べて比較研究すること。
  • 第三に比較研究した結果、自己の意見を一つ立ててみること。
  • 第四は、この意見に基づいて、さらに正面、側面、反面からひろく証拠をもとめ、証拠がそろえば定説として述べ、有力な反証にあえばこれを捨てること。

およそ近世のあらゆる科学の成立は、すべてこの階梯にしたがったものであり、清代の考証家の立説もまた、一つ一つ必ずこの階梯を踏んだものとなっている。 [5]

考証学の分裂[編集]

清学の分裂の原因に関しては学派自体に由来するものと、環境の変化にって促進せられたものとに分かれる。 学派に由来するものについて

  • 第一は、考証学の研究方法は甚だ優れているものであったが、研究方法がすこぶる限定せられていたこと。特に立派な成果をあげていたのは訓詁の部門のみであったとされる。また清学が明学に代わって盛んとなったのは「実学」であることを提唱したためであるが、実際には「実」の字を貫徹出来なかったがために衰退していったとされる。
  • 第二は、学派自体に欠陥があるうえに、専制をおこなったためである
  • 第三に、清学派は、古えを尊重することを人に教え、加えて絶えず疑問を持つことを人に教えたとされる。みなが信じているものにおいても常に疑いをもってかかる。その教えにより、この学派から新しい別の考えを持つものが生まれることは必然であり、故にこの学派の運命を根本から動揺させることとなった。

環境の変化によって促進せられたものについて

  • 第一に、清初の「経世致用」の学派が断絶した理由は学風が帰納的な研究方法に走り、空論を排したため。また当局の嫌疑を避け、しばらく身を潜めたためである。
  • 第二に、そもそも学問の継続的な発展には比較的太平の世が続いた時代であることが不可欠であるが、清学の根拠地である江浙は威豊・同治の乱(太平天国)で被害を受け、文献も失われている。そのため、学問が衰退するのは当然のことであった。
  • 第三に、海禁が解かれ、「西学」が次第に輸入された点である。これにより、きわめて幼稚な西学の知識と、清初啓蒙期の経世の学とを相結合させ、別に一学派を樹立して、正統派にたいして公然と反旗をひるがえすことにつながった。

以上が、分裂の主要な原因であるとされる[6]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 木下鉄也『「清朝考証学」とその時代』創文社、1996年1月20日、83頁。ISBN 9784423194058
  2. ^ 濱口富士雄『清代考拠学の思想史的研究』国書刊行会、1994年10月20日、151-152頁。ISBN 4336036470
  3. ^ 濱口富士雄『清代考拠学の思想史的研究』国書刊行会、1994年10月20日、240-241頁。ISBN 4336036470
  4. ^ 梁啓超『清代学術概論』平凡社、1974年1月28日、126-127頁。ISBN 4582802451
  5. ^ 梁啓超『清代学術概論』平凡社、1974年1月28日、204頁。ISBN 4582802451
  6. ^ 梁啓超『清代学術概論』平凡社、1974年1月28日、231-235頁。ISBN 4582802451

参考文献[編集]

関連項目[編集]