紀元前573年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世紀 前7世紀 - 前6世紀 - 前5世紀
十年紀 前590年代 前580年代
前570年代
前560年代 前550年代
前576年 前575年 前574年
紀元前573年
前572年 前571年 前570年

紀元前573年は、西暦ローマ暦)による年。紀元前1世紀共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元181年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前573年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

中国[編集]

  • 欒書荀偃が程滑に命じて厲公を殺害した。成周から公孫周(悼公)が迎えられて即位した。
  • 霊公が華免に命じて国佐を殺害させた。国勝が清の人に殺され、国弱がに亡命した。
  • の連合軍がを攻撃した。楚に亡命していた宋の魚石が彭城に復帰した。
  • 宋の老佐と華喜が彭城を包囲したが、老佐が死去したため、彭城は陥落しなかった。
  • 楚の子重(公子嬰斉)が彭城救援のために出兵し、宋に侵攻した。晋軍が宋を救援し台谷に進軍し、靡角の谷で楚軍と遭遇すると、楚軍は撤退した。
  • 晋の悼公・宋の平公献公・斉の崔杼・魯の仲孫蔑らが虚朾で会合し、同盟した。

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]