三礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
儒家経典
五経
九経



儀礼/周礼
春秋
礼記
春秋左氏伝
春秋公羊伝
春秋穀梁伝
七経 十二経
論語
孝経
爾雅
十三経
孟子

三礼(さんらい)とは、儒教におけるに関わる三種類の経書周礼』『儀礼』『礼記』の総称。後漢鄭玄が『周礼』『儀礼』『礼記』の三書を総合的に解釈する三礼の学を作り上げて以来、この名がある。

  • 儀礼』(ぎらい) - 前漢では『礼』といえば『儀礼』のみを指していた。現存する17篇は前漢高堂生が伝えた士礼部分を主としたもので、この「今文儀礼」高堂生本を「古文儀礼」で校合したものという。現在通行している『儀礼』は後漢鄭玄注、賈公彦疏が付けられて『十三経注疏』に収められている。
  • 周礼』(しゅらい) - 『漢書芸文志には「周官」とあり、の官制について書かれている。前漢武帝の時代、民間から発見されたといわれる古文経である。天官・地官・春官・夏官・秋官・冬官に分けられるが、冬官部分は発見当初からなく、「考工記」という別の文献が当てられている。現在通行している『周礼』は後漢鄭玄注、賈公彦疏が付けられて『十三経注疏』に収められている。
  • 礼記』(らいき) - 『礼』に対する注釈であるが、戦国の礼家のさまざまな言説が集められている。『漢書芸文志には「記」141篇とある。前漢時代、戴徳が伝えた「大戴記」、戴聖が伝えた「小戴記」があったが、現在の『礼記』49篇は「小戴記」である。代、『五経正義』に取り上げられ、鄭玄注に孔穎達が疏をつけた『礼記正義』が作られた。『礼記正義』は『十三経注疏』に収められている。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]