石経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石経(せっけい, せっきょう)とは、古代中国において石碑断崖に刻まれた儒教仏教道教経典。特に儒教の石経は国家プロジェクトとして作成され、五経の定本および漢字の標準字体を示す役割を果たした。

また、仏教・道教の場合は、国家プロジェクトとしての事業ではなく、写経や私版の大蔵経と同様に、個人や一族、集団による修功徳事業として行なわれた。その中でも、房山石経は千年余にわたって継続して行なわれた。

主な石経[編集]

儒教[編集]

名称 時代 場所 書体 備考
熹平石経 一体石経 後漢 熹平4年(175年) - 光和6年(183年) 洛陽 隷書
正始石経 三体石経・三字石経 三国時代正始2年(241年) 洛陽 古文・隷書・篆書
開成石経 唐石経 大和7年(833年) - 開成2年(837年) 長安 楷書
蜀石経 広政石経 五代後蜀 広政14年(951年) - 21年(958年) 成都 楷書
北宋石経 二体石経・汴学石経・嘉佑石経 北宋 嘉祐元年(1056年) - 6年(1061年) 開封 楷書・篆書
南宋石経 高宗御書石経・紹興石経 南宋 紹興13年(1143年) 臨安 楷書
清石経 乾隆石経 乾隆56年(1791年) 北京 楷書

仏教[編集]

道教[編集]

代、玄宗朝に、『老子道徳経』を刻んだ碑や幢が造られた。