皇侃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

皇 侃(おう がん、488年 - 545年)は、南朝梁儒学者本貫呉郡

経歴[編集]

青州刺史皇象の九世の孫にあたる。若くして学問を好み、賀瑒に師事し、その教えに全て通じて、とくに三礼・『孝経』・『論語』に明るかった。兼国子助教となり、講義をおこなうと、聴講する者は数百人に及んだ。『礼記講疏』50巻を編纂して奏上し、秘閣に所蔵された。ほどなく寿光殿に召し出されて『礼記』の解釈を講義すると、武帝の賞賛を受け、兼助教のまま員外散騎侍郎の位を受けた。毎日『孝経』を20遍暗誦して、『観世音経』に擬していた。母が死去すると、職を辞して郷里に帰り、喪に服した。邵陵王蕭綸がかれの学問を敬って、厚礼で迎えた。皇侃が蕭綸のもとに到着すると、心臓の病に悩むようになった。545年大同11年)、夏首で死去した。享年は58。著書に『論語義疏』10巻があり、『礼記講疏』とともに当時に重んじられた。

伝記資料[編集]

  • 梁書』巻48 列伝第42
  • 南史』巻71 列伝第61