呉郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

呉郡(吳郡、ご-ぐん)は、中国にかつて存在した後漢から唐代にかけて、現在の江蘇省浙江省にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

129年永建4年)、会稽郡を分割して呉郡が置かれた[1]。後漢の呉郡は揚州に属し、海塩烏程余杭毗陵丹徒曲阿由拳富春陽羨無錫の13県を管轄した[2]

のとき、呉郡は呉・嘉興・海塩・塩官銭唐富陽桐廬建徳寿昌海虞・婁の11県を管轄した[3]

南朝宋のとき、呉郡は呉・婁・嘉興・海虞・海塩・塩官・銭唐・富陽・新城・建徳・桐廬・寿昌の12県を管轄した[4]

南朝斉のとき、呉郡は呉・婁・海虞・嘉興・海塩・銭唐・富陽・塩官・新城・建徳・寿昌・桐廬の12県を管轄した[5]

南朝陳のとき、呉州が置かれて、呉郡は呉州に属した。

589年開皇9年)、が南朝陳を滅ぼすと、呉郡は廃止されて、蘇州に編入された。605年大業元年)、蘇州は呉州と改称された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、呉州は呉郡と改称された。呉郡は呉・崑山常熟・烏程・長城の5県を管轄した[6]

621年武徳4年)、唐が李子通を平定すると、呉郡は蘇州と改められた。742年天宝元年)、蘇州は呉郡と改称された。758年乾元元年)、呉郡は蘇州と改称され、呉郡の呼称は姿を消した[7]

脚注[編集]

  1. ^ 後漢書』順帝紀
  2. ^ 『後漢書』郡国志四
  3. ^ 晋書』地理志下
  4. ^ 宋書』州郡志一
  5. ^ 南斉書』州郡志上
  6. ^ 隋書』地理志下
  7. ^ 旧唐書』地理志三