夏州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夏州(かしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から元代にかけて、現在の陝西省楡林市一帯に設置された。

南北朝時代[編集]

427年始光4年)、北魏統万城を平定すると、その地に統万鎮を置いた。487年太和11年)、統万鎮が夏州と改められた。夏州は化政郡闡熙郡金明郡代名郡の4郡9県を管轄した[1]

北魏の末年、夏州は宇文泰の根拠地とされた。

隋代[編集]

隋朝が成立すると、当初は夏州が設置され、2郡5県を管轄した。583年開皇3年)に、金明郡延州に移管されている。606年大業2年)に長州を統合し、3郡5県を管轄していた。607年(大業3年)には、郡制施行に伴い朔方郡と改称され、下部に3県を管轄した[2]。隋朝の行政区分に関しては下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
夏州 長州 朔方郡
弘化郡 金明郡 大安郡 闡熙郡 巖緑県
寧朔県
長沢県
巖緑県
寧朔県
広洛県
永豊県
啓寧県
長沢県 山鹿県
新囶県

唐代[編集]

618年武徳元年)、唐により朔方郡は夏州と改められた。742年天宝元年)、夏州は朔方郡と改称された。758年乾元元年)、朔方郡は夏州と改称された。夏州は朔方徳静・寧朔・長沢の4県を管轄した[3]

宋代以降[編集]

北宋のとき、夏州は李継遷の根拠地とされたが、李元昊西夏を建国すると、首都は興慶府に移された。

元のとき、夏州は廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 魏書』地形志二下
  2. ^ 隋書』地理志上
  3. ^ 旧唐書』地理志一