魯州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

魯州(ろしゅう)は中国にかつて存在した州。

魏晋南北朝時代[編集]

隋代[編集]

隋朝が成立すると兗州が設置され3郡12県を管轄した。596年開皇16年)に泰州が分割設置されたが、605年大業元年)には廃止となり再び兗州に統合され、更に兗州も魯州と改称された。607年(大業3年)、郡制施行に伴い魯州は魯郡と改称され下部に10県を管轄した。隋朝の行政区分に関しては下表を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
魯州 魯郡
高平郡 任城郡 東平郡 瑕丘県 任城県 曲阜県
鄒県 龔丘県 平陸県
博城県 梁父県 嬴県
泗水県
任城県 高平県 魯県 汶陽県
鄒県 平原県
楽平県
博平県 奉高県
岱山県 梁父県
嬴県

関連項目[編集]

注釈[編集]