五原郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五原郡(ごげん-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から唐代にかけて、現在の内モンゴル自治区バヤンノール市および包頭市一帯に設置された。

概要[編集]

の九原郡を前身とした。

紀元前127年前漢元朔2年)、五原郡と改称された[1]。五原郡は朔方刺史部に属し、九原固陵五原臨沃文国河陰蒱沢南輿武都宜梁曼柏成宜稒陽莫䵣西安陽河目の16県を管轄した。王莽のとき、獲降郡と改められた[2]

29年後漢建武5年)、盧芳が九原で天子を自称し、五原・朔方雲中定襄雁門の5郡を占拠した[3]37年(建武13年)、盧芳が匈奴に亡命した。44年(建武20年)、五原郡が廃止され、官吏や郡民を河東郡に移した。50年(建武26年)、南匈奴が単于の子を人質として洛陽に入朝させると、五原郡の郡民をもとの地にもどさせた[4]。五原郡は并州に属し、九原・五原・臨沃・文国・河陰・武都・宜梁・曼柏・成宜・西安陽の10県を管轄した[5]

215年後漢建安20年)、曹操が雲中・定襄・五原・朔方の4郡を県と改め、4県を管轄する新興郡を立てた[6]

恵帝のとき、新興郡は晋昌郡と改称された。304年永興元年)、劉淵が漢王を称して自立すると、并州全域を漢(前趙)が掌握した。劉曜が都を長安に移すと、平陽以東の地は石勒に掌握され、朔方に朔州が置かれた[7]

北魏のとき、五原郡の故地に懐朔鎮が置かれ、後に朔州と改められた[8]

585年開皇5年)、により豊州が置かれた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、豊州は五原郡と改称された。九原・永豊・安化の3県を管轄した[9]

618年武徳元年)、唐が郡制を廃止すると、五原郡は豊州と改められた。いっぽう隋の塩川郡を前身とする塩州があり、この塩州が742年天宝元年)に五原郡と改称された。758年乾元元年)、五原郡は塩州と改称され、五原郡の呼称は姿を消した[10]

脚注[編集]

  1. ^ 漢書』武帝紀
  2. ^ 『漢書』地理志下
  3. ^ 後漢書』光武帝紀上
  4. ^ 『後漢書』光武帝紀下
  5. ^ 『後漢書』郡国志五
  6. ^ 三国志』魏書武帝紀
  7. ^ 『晋書』地理志上
  8. ^ 魏書』地形志二上
  9. ^ 隋書』地理志上
  10. ^ 旧唐書』地理志一