襄陽郡 (中国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

襄陽郡(じょうよう-ぐん)は、中国にかつて存在した後漢末から唐代にかけて、現在の湖北省襄陽市一帯に設置された。

概要[編集]

208年(後漢の建安13年)、曹操荊州を平定すると、南郡編県以北と南陽郡山都県を合わせて襄陽郡が立てられた。ただし魚豢によると、文帝のときに立てられたものという[1]。襄陽郡は荊州に属し、郡治は襄陽県に置かれた。

のとき、襄陽郡は宜城中廬臨沮・襄陽・山都・鄧城の8県を管轄した[2]

449年南朝宋元嘉26年)、襄陽郡は雍州に転属した。南朝宋の襄陽郡は襄陽・中廬・邔の3県を管轄した[1]

南朝斉のとき、襄陽郡は襄陽・中廬・邔・建昌の4県を管轄した[3]

546年南朝梁中大同元年)、岳陽王蕭詧が雍州刺史となり[4]、襄陽に赴任した。

549年大統15年)、蕭詧が西魏に降った。554年恭帝元年)、西魏が江陵を平定すると、蕭詧には江陵一州の地が与えられ、襄陽は西魏の領土となった[5]。襄陽郡は襄州に転属した。

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、襄陽郡は廃止されて、襄州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、襄州が襄陽郡と改称された。襄陽郡は襄陽・安養穀城上洪率道漢南陰城義清南漳常平の11県を管轄した[6]

621年武徳4年)、唐が王世充を平定すると、襄陽郡は襄州と改められ、襄陽・安養・漢南・義清・南漳・常平の6県を管轄した。742年天宝元年)、襄州は襄陽郡と改称された。758年乾元元年)、襄陽郡は襄州と改称され、襄陽郡の呼称は姿を消した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 宋書』州郡志三
  2. ^ 晋書』地理志下
  3. ^ 南斉書』州郡志下
  4. ^ 梁書』武帝紀下
  5. ^ 周書』蕭詧伝
  6. ^ 隋書』地理志下
  7. ^ 旧唐書』地理志二