綏州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

綏州(すいしゅう)は中国にかつて存在した州。現在の中華人民共和国陝西省楡林市綏徳県に比定される。

南北朝時代[編集]

西魏により綏州が設置された。

隋代[編集]

隋朝が成立すると当初は綏州が設置され4郡10県を管轄した。605年大業元年)に銀州を統合し上州と改称、607年(大業3年)には郡制施行に伴い雕陰郡と改称され、下部に11県を管轄した。隋朝の行政区分に関しては下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
綏州 銀州 雕陰郡
安寧郡 安政郡 撫寧郡 綏徳郡 真郷郡 開光郡 上県 大斌県 城平県
開疆県 撫寧県 延福県
綏徳県 真郷県 開光県
銀城県 儒林県
上県
安寧県
安人県
義良県
大斌県
城平県
開疆県
撫寧県
延陵県
綏徳県 真郷県 開光県
銀城県

唐代[編集]

隋末の617年大業13年)、梁師都が梁朝を立てると綏州はその勢力範囲に置かれた。その後成立した唐朝620年武徳3年、延州豊林県に僑州としての綏州を設置、626年(武徳9年)に延川県627年(武徳10年)には魏平県に遷されている。628年(武徳11年)に梁朝を帰順させた唐朝は綏州を上県に設置、関内道の管轄下に置かれ5県を管轄した。

宋代[編集]

五代十国時代を通じ一貫して設置されてきた綏州であるが、982年太平興国7年)に西夏の勢力下に置かれるとその行政区画名は消滅、その後宋朝が行政権を回復した後は綏徳城が設置され、以降綏州の名称は消滅した。


関連項目[編集]