秦州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秦州(しんしゅう)は、中国にかつて存在した晋代から民国初年にかけて、現在の甘粛省天水市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代[編集]

269年泰始5年)、西晋により雍州の隴右の隴西郡南安郡天水郡略陽郡武都郡および梁州陰平郡涼州金城郡の7郡を分割して、秦州が設置された。282年太康3年)、秦州はひとたび廃止され、雍州に併合された[1]286年(太康7年)、再び秦州が置かれた。秦州は隴西郡・南安郡・天水郡・略陽郡・武都郡・陰平郡の6郡24県を管轄した。

北魏のとき、秦州は天水郡・漢陽郡・略陽郡の3郡12県を管轄した[2]

北周のとき、秦州は天水郡・漢陽郡・略陽郡・清水郡河陽郡の5郡8県を管轄した[3]

隋代[編集]

初には、秦州は4郡6県を管轄した。583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、秦州の属郡は廃止された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、秦州は天水郡と改称され、下部に6県を管轄した[4]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
秦州 天水郡
天水郡 漢陽郡 略陽郡 清水郡 上邽県 冀城県
成紀県 隴城県
清水県 秦嶺県
上邽県 黄瓜県 成紀県
河陽県
清水県
伯陽県

唐代[編集]

619年武徳2年)、薛挙を平定すると、天水郡は秦州と改められた。742年天宝元年)、秦州は天水郡と改称された。758年乾元元年)、天水郡は秦州の称にもどされた。秦州は隴右道に属し、上邽・伏羌・成紀・隴城・清水の5県を管轄した[5]

宋代[編集]

北宋のとき、秦州は秦鳳路に属し、成紀・隴城・清水・天水の4県と太平監と伏羌城・甘谷城と定西・三陽・弓門・静戎・安遠・隴城・鶏川の7寨と𢇲穣・冶坊・達隆の3堡を管轄した[6]

のとき、秦州は鳳翔路に属し、成紀・隴城・秦安甘谷冶坊・清水・鶏川西寧の8県と伏羌城と隴城・三陽・弓門の3寨と静戎・𢇲穣の2鎮を管轄した[7]

元代[編集]

のとき、秦州は陝西等処行中書省に属し、成紀・秦安・清水の3県を管轄した[8]

明代以降[編集]

のとき、秦州は鞏昌府に属し、秦安・清水・の3県を管轄した[9]

1729年雍正7年)、により秦州は直隷州に昇格した。秦州直隷州は甘粛省に属し、秦安・清水・礼・両当の5県を管轄した[10]

1913年中華民国により秦州は廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 晋書』武帝紀
  2. ^ 魏書』地形志二下
  3. ^ 王仲犖『北周地理志』(中華書局)
  4. ^ 隋書』地理志上
  5. ^ 旧唐書』地理志三
  6. ^ 宋史』地理志三
  7. ^ 金史』地理志下
  8. ^ 元史』地理志三
  9. ^ 明史』地理志三
  10. ^ 清史稿』地理志十一