粛州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

粛州(肅州、しゅくしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から民国初年にかけて、現在の甘粛省酒泉市東部に設置された。

概要[編集]

602年仁寿2年)、により福禄県に粛州が設置された。607年大業3年)、粛州は廃止され、張掖郡に編入された[1]

619年武徳2年)、により甘州福禄県と瓜州玉門県が分離されて、粛州が置かれた。742年天宝元年)、粛州は酒泉郡と改称された。758年乾元元年)、酒泉郡は粛州と改称された。粛州は河西道に属し、酒泉・福禄・玉門の3県を管轄した[2]安史の乱以後、粛州は吐蕃に占領されて、その統治を受けた。849年大中3年)には、帰義軍が粛州を奪回した。9世紀末には、粛州は帰義軍と甘州ウイグル王国の境界に位置した。

11世紀中葉には、粛州は西夏に属した。西夏により蕃和郡と改められた。

1226年チンギス・カンの西征により粛州は攻め落とされ、モンゴル帝国に帰属した。1270年至元7年)、粛州路総管府が置かれた。の粛州路は甘粛等処行中書省に属した[3]

1394年洪武27年)、により粛州衛が置かれた。粛州衛は陝西行都指揮使司に属した[4]

1724年雍正2年)、により粛州衛が廃止されて、甘州府に編入された。1729年(雍正7年)、粛州直隷州が置かれた。粛州直隷州は甘粛省に属し、高台県1県を管轄した[5]

1912年中華民国により粛州は廃止され、酒泉県と改められた。

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志上
  2. ^ 旧唐書』地理志三および『新唐書』地理志四
  3. ^ 元史』地理志三
  4. ^ 明史』地理志三
  5. ^ 清史稿』地理志十一